スポンサーリンク

年末賞与にかかる社会保険料!どんな計算方法をするの?

来月は待ちに待った、賞与の
支給月
です。

経理は大忙しなんですが、
今年入った新人君は、楽しみとは
また違ったドキドキがあるようです。

新人君賞与って、社会保険料
    引かれるんですか?」

  「あれ?夏の賞与の時に
    やらなかった?」

新人君「夏は、新人研修に行ってた時期と
    重なって、僕はやってないんですよ。」

  「そうだったね。賞与にも社会保険料は
    かかるよ。じゃあ、実践をする前に
    どういう計算をするのか、教えてあげるよ。」

新人君「お願いします。」

では、何がいくら引かれるのか
次の項で説明していきますね。   


スポンサーリンク


賞与にかかる社会保険料について

賞与から差し引かれる社会保険料は、
つぎの通りです。

  • 健康保険料(40歳以上は介護保険料も)
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料

地方税である住民税は、賞与から
引かれることはありません。

これは毎月の給与からしか、
引かれないことになっています。

111120-225x300

賞与にかかる社会保険料の計算法

  1. 健康保険料、厚生年金保険料は、
    協会けんぽのHPの都道府県毎の
    保険料額表
    を元に、計算します。

    標準賞与額(賞与総額から1000円未満の端数を
    切り捨てた金額)に、「健康保険料率」を掛けて
    1/2にしたのが、健康保険料です。

    会社と従業員で半分ずつ支払うから1/2にします。

    標準賞与額(賞与総額から1000円未満の端数を
    切り捨てた金額)に「厚生年金保険料率」を掛けて
    1/2にしたのが、厚生保険料です。

    会社と従業員で半分ずつ支払うから1/2にします。

    計算に使用する、「健康保険料率」
    「厚生年金保険料率」は、
    こちらの表から出します。
    https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150

  2. 雇用保険料の計算は、厚生労働省のHPの
    平成27年度の「雇用保険料率」を元に
    計算します。

    賞与総額に、「雇用保険料率(労働者負担)」
    掛けたものが雇用保険料です。

    「雇用保険料率」はこちらの表で
    確認してください。
    http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000073918.pdf

  3. では、実際に計算してみましょう。

    実際に計算してみましょう

    東京都の会社員Aさん(30歳扶養親族なし)に、
    賞与20万円を支給します。

    Aさんの、前月の社会保険料等控除後の
    給与等の額は235,417円でした。

    ①健康保険料
    標準賞与額20万円 × 東京都健康保険料率9.97%  × 1/2 =9,970円

    ②厚生年金保険料
    標準賞与額20万円 × 東京都健康保険料率17.47% × 1/2=17,470円

    ③雇用保険
    賞与総額20万円  × 雇用保険料率労働者負担5/1000     =1000円

    よって、Aさんの社会保険料は

    • 健康保険料 9,970円
    • 厚生年金保険料 17,470円
    • 雇用保険料 1000円

    になります。

    まとめ

    新人君「うわ、
        やっぱり経理のこういう計算って
        難しいですね。」

      「そうだね。うちみたいな大きな会社だと
        ひとりひとりの分を、計算機で
        計算でするわけじゃないけどね。」

    新人君「それを聞いて安心しました。」

      「でも、どういう風に計算して
        どのくらい引かれているのかを
        知っておくのは大事ですよ。」

    103896-300x284


    スポンサーリンク


    あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ