スポンサーリンク

飛行機の手荷物!液体の化粧品の持ち込み方

最近は、LCCの参入などにより
海外に、気軽に行けるようになりました。

旅行会社のパンフレットや、
インターネットでも、格安の海外旅行がズラリ。

きっと、次の休暇は海外に、と
予定されている方も、いらっしゃるでしょう。

飛行機の中は、とても乾燥しています
長時間乗る時は、メイクを落として
さっぱりしてから、お肌の手入れをしたいですよね。

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s-300x200

その為の、化粧水や乳液が必要だし
到着間際には、またメイクしたい。
となれば、お化粧品の持ち込みは、必要です。

でも、手荷物として、機内に持ち込める液体は
国際的な規約で、量が決まっています。

決まりを知らないで持ちこむと、没収!
ということにも、なり兼ねませんので
どうなっているのか、見て行きましょう。


スポンサーリンク


液体物にはアレも含まれるんです!

成田空港のセキュリティガイドには

100mlを超える容器に入った、あらゆる液体物は、

飛行機内への持ち込みが、禁止されております。

持ちこむ場合は、100ml以下の容器に入れて
容量1L以下の、ジッパー付きの、再封可能な
透明プラスチック製袋に、入れてください。

とあります。

1L以下の透明袋とは、サイズにして
縦20㎝以下×横20㎝以下です。
マチがついていてはいけません。

このサイズの中に、手荷物として持ちこむ分の
全ての液体物を、入れなければいけません。

なお、100ml以下の容器は、複数でも構いませんが
余裕を持って入れなければなりません。

この液体物の種類の中には、
ジェルや、クリーム類も含まれるのです。

という事は、化粧下地やリップグロスも
そして、マスカラも!

a9ff82025d304444157c5a11f2739dc3_s-300x198

という事は、アイライナーも
付け睫毛の糊も、透明袋
入れないといけません。

これは、意外でしたね。
お化粧品って液体物がとても多いようです。

持ちこむのは、機内で使う分だけにしましょう

1L以下の透明袋に、100mlの容器だけでは
旅行に行くのに困ると、思われるでしょうが
荷物として預け入れる分には、制限はありません。

ですから、手荷物として、飛行機内に
持ち込む分だけですから、必要な物だけを
100ml以下の容器に移し替えれば良いのです。

その上で、1L以下の透明袋に入れましょう。
もちろん、グロスもマスカラもです。

因みに、ウエットティッシュは含まれませんので
メイク落としなどは、シートタイプ
選ぶといいでしょう。

それから、化粧品とは離れますが、100ml以上でも
透明袋に入れなくても良い、例外があります。

  • コンタクトレンズ洗浄液
  • 目薬や、液体状の医薬品
  • ベビーフードやミルク
  • 糖尿病患者用の食品

これらは、搭乗する便と、乗り継ぎ便の機内で
必要な分量に限り、持ち込み可能な物です。

クリーンエリアと呼ばれる場所がある

飛行機に乗り込む前に、必ず保安検査があります。
いわゆる、出国手続きでの手荷物検査です。

e3a644ed9187667494a27fd5943976ef_s-300x168

この保安検査後のエリアが、
クリーンエリアと、呼ばれている場所で
飛行機内と同じ、安全な場所と認識されています。

クリーンエリア内には、食品類はもちろん、
酒類や、化粧品、ブランド物などの免税店など
ありとあらゆるお店が、あります。

この場所の商品は、全て検査済みですので、
ドリンクなどは、ここで買うといいでしょう。

また、必要な化粧品があれば、
ここで調達、と言うことも出来ますね。

でも、海外で乗り継ぎがある場合は
その国のルールが、ありますから、
没収される可能性も、出て来るのでご注意を。

さいごに

この記事を書きながら、わたしは
自分の化粧ポーチを、見てみました。

わたしは、メイクは余りしませんけど
化粧品には、ジェルやクリームを含
液体物が、本当に多いと思いました。

今のところ、海外に行く予定はありませんが
もし、行くことがあれば、基礎化粧品は
戴き物のサンプルで、良いと思いました。

もちろん、それぞれの肌に、
合う、合わないがありますから
オススメはしません。

小さな容器に、入れ替えても、化粧品は
かさばりますので、持ちこむ分は厳選して

あとは、スーツケースに入れて
預けてしまうのが、一番確実なようです。

この決まりを知らずに、空港に行き、
保安検査時に、没収されては
せっかくの旅行も、楽しめません。

液体物の化粧品は、100ml以下の容器
小分けして、ジッパー付きの透明袋
必ず入れることを、覚えておきましょう。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ