スポンサーリンク

習い事の先生との相性が合わない?楽しくないなら思い切った決断も!

先日まで、私の中のモヤモヤは、マックス!

a0001_016473-300x198

数ヶ月前に始めた習い事の先生との相性が、合わないよう感じて、ずっと悶々としていました。

リフレッシュや、楽しみのために始めた習い事だったはずなのに、やりきれませんよね・・・。私の未熟さも、もちろんわかっています。

しかし、先生の態度や言動に、疑問や納得のできない事が多かったのです。このまま、習い事を続けていけるのか、不安だったのですが、ある対処法をしてみてから、気持ちもスッキリしました!

習い事の先生との相性が良くない時の対処法、とっておきを紹介しますね♪


スポンサーリンク


相性の合う人はそれぞれ違う!

習い事に限らず、人との相性って、何かしら生活に関係してくるものですよね。

a0002_006977-300x199

近所付き合い・友達・会社など、何となく感じるのが、人との相性の良し悪しです。他人から見たら、居心地が良いと感じた人でも、どうも自分には合わないな、と感じる時も結構あるものですね。

大人同士の付き合い上での、先生と生徒という立場であっても、人間ですから、様々です。相性が合う人とは、例え自分と違う考え方を持っていたとしても、すんなりと意見が耳に入ってくることが多いですよね。

素直に他人の意見を聞く事ができると、互いの共感によって、距離が縮まるのも早いです。そうなると、話が良い方に向かって行きやすくどんどん仲良くなっていくのですね。

反対に、相性が悪い人とは、考え方の違いに始まって、共感できない気持ちの方が増えていきます。

それが先生であれば、意見や態度に疑問を感じ、同調することも、難しいように思えてきますね。困ったことに、相性が合わない時には、相手にも伝わっていることが多い、ということです。

何となくやりにくいな、という気持ちから、素直に相手の意見に、フィルターをかけてしまいがちになりますよ。

習い事には割り切りも必要!

習い事は、仕事ではありません。そこまで我慢して続けることに、何の意義があるのでしょう?

習い事とは、もっと楽しむためのものではないのでしょうか?先生との相性が、今やっている習い事の教室を辞める理由になるのか、とも感じますよね。

相性の悪い先生に、いつまでも付いていたって技術の習得の妨げになることもあるのです。たかが相性、人間関係だとしても、自分が本当にやりたいのは、習っている内容です。

相性に邪魔されるような場所よりも、もっと居心地の良い場所を探して、気持ちを切り替えることも大切ですよ。

先生にも様々なタイプがある!

先生にも、色々な個性があって当然です。

a1640_000112-300x198

人を特徴別に分けるのは、なかなか難しい事で、一概には言い切れませんが、やはり先生にもタイプというものがあります。

  • 先生と生徒という距離感を保ち、上から目線
  • 大人としての対応をし、丁寧に接してくれる
  • 気さくな友達感覚の接し方をする
  • 生徒は「お客様」の扱いをする

教える側にも、どのように生徒と接していくか、先生それぞれの考え方がありますね。

自分は、どんな人間であるのか、どのように先生と接していきたいのか、を考えておく事もある程度は必要です。

例えば、厳しくても気にしないし、きっちり技術を磨きたい場合には、威厳のある先生でも大丈夫でしょう。

先生とも親しくなりたいし、気楽な気持ちで習い事を楽しみたい場合は、優しい先生を。このように、先生の様子を、前もってわかっていると本当に気持ちが楽ですよね。

そのためにオススメなのが、無料体験などのお試しで学んでみることです。先生の人柄をチェックした上で、今後も習い事が続けられるかどうか、判断するのも手ですよ♪

まとめ

習い事の目的見失いそうになるようになるのは、本当に切ないものです。先生との相性に左右されるのは、ストレスを感じますね。

習い事には、必ず先生の存在がある、という事を認識しておくことが大切なのです。私の場合、以前の教室は辞めました。今は違う教室に入り、有意義な時間を得ています。

習い事が、自分にとって何のためなのか、改めて認識できたことも、よかったのかもしれません。先生との相性も、習い事を続けていく上で、大切な要素なんですよ♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ