スポンサーリンク

山へ散歩!服装はどうすれば良い?

「今度、友達とハイキングに行くんだ~
 帰りに温泉によって~うらやましいでしょ~

 って、お姉に相談なんだけど、
 山ってどんな服装していけばいいの?

355720

「確かに、ハイキングといっても、
 山の天気は変わりやすいし、お天気なら
 紫外線対策もしなくっちや。

 どんな服装がいいんだろう?」

最近は、山ガールも増えてカラフルで
かわいい登山のコーディネイトも

あるみたい。

そこで、最近山にハマっている、友人の
Aに色々と聞いてみました!


スポンサーリンク




山ではどんな服装がいいの?

基本は重ね着がおすすめです
考え方としては、汗を吸って出し、保温し、
雨風をふせぐ。

この3つの機能が働くように組み合わせて
着ることです。

重ね着のメリットは、気温の変化や体温の上昇に、
すぐ対応できるところです。

基本 CMYK

アンダーウエアー

そこで、まずは下着にも一つアドバイス

下着を発汗、保温性のあるものにするだけで
かいた汗で、体を冷やしてしまうことを
防ぐことができます。

機能性の高い下着にするだけで、
着ぶくれも避けれるので、動きやすくなります。

中間着

保温性を考えて素材に気を配りましょう
山は標高が高ければそれだけ、
気温は街中より低くなります。

天気の良い日でも、朝夕は急に気温が
下がるので
、防寒のためにフリースを
着るか、持参するといいでしょう。

軽くて暖かくおすすめです

アウターウエアー

アウターは、ナイロン素材のものがいいです
風を防ぐことができ、中間ぎの上に重ねて着るなら、
保温性もぐっと上がります。

防水性があれば、小雨程度なら対応できるので
季節的に必要ないと思うならたたんで持っていけば、
あとで後悔することはないでしょう。

ここで、ワンポイントアドバイス

上着はファスナーやボタンで、前開きの
できるものだと
、わざわざ脱いで荷物を

増やさなくてもいいし、体温を調節しやすく
なりますよ。

ズボン

ズボンは動きやすいもの
少しゆったりめのもの

ハイキング程度なら、レギンスでもいいですよ

レギンスにハーフパンツの重ね着なら
座る場所を、気にしないで休憩できますね。

靴、靴下

靴は、スニーカーなど履きなれた
歩きやすい靴にしましょう。
底が厚くて滑りにくそうな靴がいいですね。

靴下は厚手のモノ。
重ね履きしてもいいです。
こうすると靴擦れ防止にもなりますよ

肌を覆っているなら、ケガや虫さされを防げるので
くるぶしが出るような短いものは避けましょう。

気になる紫外線対策は?

帽子は必須アイテムです
なるべく手ぶらがいいですもんね。
首まわりも気になるなら、ストールもいいですよ。

日焼け止めクリームもお忘れなく

真夏でも日差しを考えると、長そでを着て
肌を出さないようにすれば、紫外線対策と
虫さされ予防になります。

まとめ

機能性を考えて重ね着すれば
 今持っている洋服でも、山の天気の変化にも
 合わせて調節できるなんて、意外だったな~。
 山ガールデビューしちゃうかも!」

すでにその気になっている妹ですけど、
今度ってハイキングですよね?!
まったく調子のいい子ですね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ