スポンサーリンク

インフルエンザの予防!運動って有効?どんな運動が良い?

インフルエンザにかかると、治るまでに
時間もかかります。

なにより、自分が辛いですよね。
熱が上がって、節々が痛くて・・・

082243

そんな時に、良く思うのが

「インフルエンザに何かならなければよかったのに!」

この、インフルエンザに掛からない様にするため
方法って、色々と紹介されていますよね。

こまめに、手洗いうがいをする、と言うのが
一番有名でしょうか?

なのですが、お医者さんに聞くと
確かに有効なんだけど
他に、やっておかないといけない事が有るとか。

その方法を、ねほりはほり聞いて来たので
今回は、この方法をご紹介しましょう!

大まかに言ってしまうと、「運動しよう!」
なんですけどね・・・・


スポンサードリンク




インフルエンザ予防には運動が良い?

手洗い・うがいをするのは、ウィルスを
体内に入れない方法なんですね。

確かに、原因を体内に入れない様にするので
発症率は、劇的に減少できるんだそうです。

確かに、病院なんかでも、いろんな所に
手洗いうがいを、促す張り紙がして有りますね。

でも、これを徹底していても、ウィルスと言うやつは
体内に侵入してくるそうです。

この侵入してきたウィルスに、どう対処するのか
と言うのが今回の話題です。

その方法とは、免疫力を上げて、この侵入してきた
ウィルスに勝とうと言うのです。

そして、この免疫力を上げる為に必要なのが
適度な運動をする事という事だそうです。

運動と言っても、アスリートの様に
激しく辛い運動では無く

普通に、軽くできる運動が良いようなのです。
では、その簡単な運動を、3つご紹介しますね。

免疫力アップする運動

基本的には、有酸素運動であれば
良いという事です。

031473

ここで、ウォーキングを思い浮かべる人も
多いと思います。

ただ、続けるのが困難であるとか、天候に
左右されたりします。

そこで、家でも直ぐに出来る、簡単な運動
3つご紹介します。

その運動とは・・・次の3つです。

  • スクワット
  • 腕振り
  • 足上げ腹筋

それぞれについて、みて行きましょう。

スクワット

有名な運動ですね。
膝を屈伸して行う運動です。

ただ、この運動の場合、無理をしない程度
行う事が大切です。

特に体重がオーバー目な場合には、負担を
少しでも減らす様に、椅子を使って
行っても大丈夫だそうです。

一回に行う回数も、5~10回程度
それを3セット位でOKとの事です。

これなら、オフィスでも、休憩時間に
する事が出来そうですね。

腕振り運動

これは、両手を伸ばして、大きく振る
体操になります。

歩く方が、良い人も居ますが
その場で大きく、腕を振るだけでOK!

慣れてきて、物足りなくなって来れば
腕を回しても良いですね

コツは、できるだけ大きく振る事!

これ、実は、肩こりにも
有効なんですよね。

私も良くやってます。

足上げ腹筋

これは、寝転がって足を上げる事を
思い浮かべる人も居ますが

そこまでしなくても、良いですよ!

やり方は、椅子に浅く腰掛けて
足を上げるだけです。

足を上げて、10秒数えて
ゆっくりおろす

これを、10回位を、気が付いた時に
やっていると良いですよ。

因みに、椅子にどれだけ浅く腰掛けるか
負荷が変わってきます。

きつくしたい時には、より浅く座るのが
コツになります。

個人差もありますので、自分は
どの位で、少し辛いと感じるか
見つけてやってみてください。

ちょっととっておき!

ここでは、軽い運動を取り入れる方法を
ご紹介しましたが、実は、もっと簡単で
しかも、すべてに良い方法が有るんです!

その方法、知りたいですか?

運動ではないのですが、慣れてしまえば
超簡単に出来てしまうんです!!

その方法とは・・・・
「笑う」事なんです。

225684

なんでも、免疫に関する細胞が活性化されて
結果、体全体の免疫力が上がるのだそうです!

笑う門には福来る!
とも言いますからね。

テレビを見て笑っても、効果は一緒
という事ですので、お笑い番組を
見るのも良いですね。

不思議な事に、「面白いから笑う」だけじゃなくて
ただ、笑うだけでも良いのだそうです。

傍から見ると、恐ろしいと思いますが
何もない所で、笑う演技をするだけでも
効果はあるんだそうです。

まとめ

これらの運動と、無理やりにでも笑う事を
毎日・・・いや、出来るだけ毎日
行う様にしています。

やり始めて3年くらいですが、この3年間
インフルエンザには、かかっていません。

出来る事から、少しづつでもやってみると
良いかもしれないですよ!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ