スポンサーリンク

カシオの電卓の使い方の秘密!分数の計算の方法とは?

突然ですが、私は数字が苦手です。
って言うか、普通の計算も苦手です。
なので、よく電卓のお世話になります。

ところが、この間。
仕事で、少し毛色の違った電卓を見ました。

使ってみると、何か違和感。
見慣れない記号が、表示されます。

何じゃこりゃ?
と思って、調べてみると。
カシオの関数電卓と言う、代物らしい。

何でも、分数計算が出来るのが売りとか。

dbca28e124f51bd80fccc1494401dbe7-300x225

しかし、そうは言われても・・・。
ポチポチ。
うん、やっぱり訳が分からないよ?

このままでは、らちがあきません。
それで、1から調べて見る事にしました。

という訳で、今回はカシオの電卓の話。
しばし、お付き合いくださいませませ。


スポンサーリンク




カシオの関数電卓とは?


関数電卓とは、科学・工学・数学などの、
計算に使うために作られた電卓です。

普通の電卓は、
四則演算や、百分率しか計算出来ません。

それに対して、関数電卓は、
多数の関数を、備えています。

また、他の基本的な方式の違いもあります。

代表的なものには、

  • 内部の数値が浮動小数点方式であり、
    絶対値が極端な値は指数表記される

  • 普通は、入力順で処理される四則演算が、
    先に入力された加減算より、
    後から入力した乗除算が、優先される

  • 優先順位を指定するための、
    カッコを入力できる

なんてものがあります。

これらだけでも、
普通の電卓しか知らない人には、
結構なカルチャーショックです。

しかも、上位機種に至っては、
さらに多様な機能があるときますから、
訳が分かりません。

一般的なものだけでも、

  • 二進法・八進法・十六進法による計算

  • 複素数

  • 分数や方程式を、表記通りに計算

  • 余りのある除算

  • 約分や通分

  • 仮分数と帯分数、分数と小数の相互変換

  • 度分秒計算

  • 時間計算

  • 小数点の固定と切り捨て、四捨五入、
    切り上げ

  • 座標変換

  • 統計計算と確率計算

  • 微積分

  • 単位の換算

等々といった使い方が、可能です。

最早、出来ない事はないといった感じです。

この空恐ろしい機能を持つ、関数電卓。
その代表的なメーカーが、
カシオという訳です。

98ded2c4587a06155e54091a47455fdf-300x225

関数電卓の使い方(分数の計算方法)


ここで、カシオの関数電卓の使い方を、
見てみたいと思います。

が、

先にも言った様に、この電卓。
あまりにも、機能が多過ぎます。

全てを網羅しようと思ったら、
ちょっと、時間がかかります。

と言うか、私の頭がついていけません。
オーバーヒートです。
ヘタレと、笑わば笑え。

という訳で、ここでは、
分数計算に的を絞って調べてみたいと、
思います。

例として、カシオの関数電卓、
「fx-375ES」で、試してみます。

例えば、次のような式の場合、

2/√3×sin60°

関数電卓は、上記の式を、
分数の形のまま、入力出来ます。

画像検索していただくと分かると思いますが、
電卓にちゃんと、√やsinのキーがあるので、
文字通り、そのまま入力するだけです。

後は、「=」を押すだけ。

計算結果の「1」が表示されます。

散々脅かしましたが、実際に使用すると、
こんな感じです。
意外と、あっさりしてました(笑)

なお、答えを出す際に、
分数少数に直したい場合は、
次の様な方法があります。

  1. 分数表示の時に、(S↔D)キーを押す。

  2. 計算する際、最後に、
    (SHIFT)+(=)と押す。

  3. 計算前に、
    (SHIFT)(MODE)(1)(MthIO)(2)(LineO)
    と操作し、(自然表示入力・ライン表示出力)としておく。

小数表示に固定したい場合は、
3の設定に、しておくといい様です。

以上の方法を利用して、
分数と少数を上手くやり取りしてください。

下記に、機種と問題例は違いますが、
カシオの関数電卓の使用例の、
動画を載せておきます。

実際に使用例を見てみたいと言う方は、
ご利用ください。



まとめ


この様に、カシオの電卓は使いこなせれば、
非常に便利です。

雰囲気の取っ付き難さに気後れしないで、
一度使って見るといいのではないでしょうか?

私も、一つ購入して試してみようかな?

d95183ab5bdb7b6cf50a18ef88d648aa-300x300


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ