スポンサーリンク

ワード行間に線を引く方法!意外と知らない人が多い?

日常やビジネスの必須ツールである
ワードですが、意外とみんな使いこなして
いないのでは?


隠れた機能や便利機能がいっぱいあっても
知らなかったり、

調べるのが面倒でつい
そのままにしてしまったり。

自分の周りにもワードに苦手意識を
持っている人が少なからずいます。

先日、便箋みたいに使いたい、と思った時に
下線を使ったのですが、違和感が・・・
という結果に。

そこで自分のやりたいのは「行間に罫線」
という事に気づきました。

でもいざ使おうとするとわからない!
せっかくなので基本的だけど知らない

機能の1つ、行間への線の引き方
スポットを当ててみました。


スポンサーリンク




下線じゃなくて行間


けっこう使用するのが下線、
これはアイコンもわかりやすく、
使っている人も多いですね。

その場合下線を引きたい文を選択し
下線のアイコンをクリックすれば
OKですよね。

それに比べて一見しただけでは
わかりにくい行間線・・

ホームの罫線のところで下罫線や
罫線を引く、を選んでみましたが
なかなかうまくいきません。

エクセル感覚ではだめみたいです。

行間に罫線を引くには



  1. 半角のハイフン(-)を3回連続して
    入力したあと、Enterキーを2回押すと
    ページ幅で線が引かれるので
    それを必要な段落数繰り返す


  2. ページレイアウト→原稿用紙設定→
    スタイル→下線付き原稿用紙、に設定する

  3. 挿入→表→行数×1列にして、
    罫線→下罫線にする

  4. 表示→グリッド線のボックスに
    チェックを入れる

6ac2397867767a902ce2217f0a58282f

このままでは印刷されないので、
挿入→図形で直線を選択、

グリッド線に合わせて、Shiftキーを
押しながら線を引く。

このやり方は、必要な部分をなぞる
必要がありますね。


他にもありそうですが、簡単にできるのは
これくらいかな、という感じです。

まとめ

とにかく簡単なのが①ですが、
必要回数繰り返す必要があります。

繰り返すのがちょっと面倒なので
急ぐ場合は②、③かもしれませんね。

とにかく罫線の表示だけでよい場合は④です。
それを、印刷したい場合上のように
ひと手間いります。

エクセルに比べ、なんだか隠れた機能が
多い感があるし、バージョンによって
かなり表示方法が違う・・

ビジネスでバージョンの違う人同士で
話していると、どうも話が
かみ合わなかったりします。


だけどわからない、で済ませてしまうのは
もったいない。

今回一つの作業について調べましたが
こんなに色々な方法があり、

知ってしまえば使わない手はないと
思いましたよ。

眠っている便利機能を起こしてあげて
みんなで快適につかえたら素敵ですよね。

b8211ec50c3f81ea24b795ae35624648_s-300x200


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ