スポンサーリンク

ボウリングでの投げ方!カーブのコツを押さえてスコアUP♪

仲間と一緒に遊ぶのは、楽しい♪
最近みんなと、ボウリングに行きます。

a1b4314124c3658796adefb19d553898_s-225x300

ボウリングは、正直なところ、今までは
そんなに好きじゃなかったんです。

ボウリングというスポーツを、ほとんど
やったことがなかったから!

ただ投げればいいのかと、コントロール
それはそれは悪く、ガーター率の多さに
毎回のスコアも散々でした。

最初は気乗りしなかったのに、次第に上達
色が見えてきて、誘われる日が待ち遠しく
感じるほどです。

最近は、憧れのひゅうっと曲がるカーブ球を
練習しようかと思っています。

みんな、カーブはまだ投げてないから、
ちょっとびっくりさせたい!

こっそり調べてみたら、カーブの投げ方には
こんなコツが
あるんですよ。


スポンサーリンク




カーブは回転によって生まれる?!


ボウリングでストライクを取るには、
まっすぐなボールよりも、カーブの方が
確率的に高い、とのこと。

ボウリングでは、ある条件を満たす投球が
成された時に、ストライクを100%出すことが
できる、と言われています。

そのことを「パーフェクトストライク理論
と言います。

右利きの場合、一番手前にある1番ピン
その右斜め後にある3番ピンの間にボールを
当てることがポイントです。

70a820509b9cf09749b868f678a588f7_s-300x200

この時に、まっすぐ正面から当てずに
3~5度のカーブを付けるのが条件なんです。

物理上、まっすく投げようとすれば、隣の
レーンから投球することになる角度です。

そして、カーブを付けるためには、ボールの
回転が必要になります。

ボールをどうやって回転させたらいいのか?

これは、投げ方がポイントになりますよ。
詳しく見ていきましょうね。

カーブを付ける投げ方とは?


通常、ボウリングのレーンには、オイル
塗ってあります。

b31bba84004d0c9596a2e1bb24f7ffd4_s-300x225

確かに、レーン上のボールは滑るように
進んでいくように見えますよね。 

ボールとの摩擦を減らし、レーンを守り、
競技性を高める意味合いがあります。

しかし、ピンのある場所から5mほどの場所に
なると、オイルは塗られていません

オイルが無くなったエリアは、摩擦が起こり
ボールは回転し始めます。

このタイミングで、カーブが始まるように
するには、ボールを手から離す時にコツ
あるんですよ。

中指と薬指を引っ掛ける!


カーブをかけるために、フォームを変えて
ボールを投げる必要はありません。

カーブをかけたいあまり、手首をひねって
ボールを投げたくなりますよね。

でも、それは、一番やってはいけないことで
手首を痛める原因になってしまいます。

ボールを投げる時のフォームのイメージは、
手を振って行進している状態です。

カーブをかけるためには、穴から親指
すんなり抜けるようにしておきます。

親指にはを入れないように!

ボールを手放す時に、親指を少し早めに抜き
中指と薬指が穴に引っかかるようにして
最後に離すようにします。

中指と薬指が、ボールのに引っ掛かることで
回転を生み出すことができるんですよ。

動画で見ると、更にわかりやすいですよ。
参考にしてみて下さいね♪




親指がスポッと抜けた後に、中指と薬指が
ググッと引っ掛かってますね。

まとめ


手首を使ってカーブをかけるんじゃ
ないんですね!

調べてみて、カーブの理屈がわかって
スッキリしました。

ボウリングでストライクを出せるよう
練習してみたいと思います♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ