スポンサーリンク

wimaxと携帯のデザリング速度の違いは?

最近の世の中は、
インターネットが「あると便利」から
必要不可欠」な存在に
なりつつありますよね。

更に、wimax、そして携帯電話を
利用したデザリング
今とても話題になっています。

そもそもみなさんは
wimax、そしてデザリングを
ご存知ですか?

wimaxとは
高速・大容量のモバイルブロードバンドで
携帯電話やスマートフォンのように

どこでもインターネットが
パソコンやタブレットで利用できる
サービスのことをいいます。

それに対してデザリングとは
携帯電話やスマートフォンなどを
外部モデルとして利用して

パソコンやタブレットなどを
インターネットに接続させる
機能のことをいいます。

今回はwimaxとデザリングの違い
そして一番気になる速度の違い
ご説明させていただきますね。


スポンサーリンク




wimaxとデザリングの比較!

wimaxがオススメな方
デザリングで十分な方

それぞれ利用者のスタイルで
どちらが自分には合っているのか?
確認してみましょう!

ipad-820272_960_720-300x200

まず、デザリングで十分な方は、
普段長時間のインターネットは使わない人
またインターネットを毎日は使わない人

そして都心を中心に
インターネットを利用する人
です。

デザリングは基本的にインターネットを
利用できる限度が月で決まっています

なので、限度を超えて使いすぎてしまうと
併用している携帯電話やスマートフォンでの
インターネット使用の際にも
ほとんど繋がらなくなってしまうのです。

制限の限度は月7GB
携帯電話やスマートフォン自体にも
限度がある上、それに更に

パソコンやタブレットにまで
繋いでしまうとすぐに月の限度に
達してしまうのです。

なので、学生など若い方には
不向きに思えます。

それに対し、wimaxがオススメな方
長時間のインターネットや
動画の視聴を利用したい人、

制限を気にせず
インターネットを利用したい人
です。

wimaxは速度制限が基本的にはありません
しかし、混雑回避のための
速度制限というものがあり、

3日間で3GB以上の通信量を利用すると
制限がかかることがあります。

そして中でも1番容量を使ってしまうのは
動画のダウンロードです。

1GBでできること
  • 通常画質(360p)の動画視聴
  • 約4000ページ、約4.5時間
  • 高画質(HD画質)の視聴
  • 約7分
  • スカパー・ライン(通話)
  • 約5時間
  • スカパー・ライン(ビデオ電話)
  • 約27分
またアプリのアップデートの際にも
容量を多く使用します。

速度の違いは?どちらが早い?

デザリングを利用し、
インターネットを使用するということは
携帯電話やスマートフォンで利用している
回線を使用することになるので

LTEが繋がる地域では高速なのですが
3Gしか繋がらない地域だと
通信速度はかなり遅いです

また、携帯電話・スマートフォンを
使用するのでバッテリーの減りが
かなり早い
こともあり、
長時間の利用は厳しいとされています。

一方、wimax
下り最大13.3Mbps、
上り最大10.2Mbpsと
されています。

下り→ダウンロード時の速さ
上り→アップロード時の速さ

なお、wimaxは2015年3月より
旧回線とされ、新回線「wimax2+
というものに移行しつつあります。

wimaxで使用している
周波数帯減の一部を
wimax2+に割り当てる対策を
行っているのです。

wimax2+は
下り最大220Mbps
上り最大10Mbpsと変わり

wimaxからwimax2+への移行は
現在無料なので早めに
移行することをオススメします。

そしてwimaxの場合
繋ぎっぱなしでも
8時間近くはバッテリーが持ちます

休止状態を併用すると
日中にバッテリー切れに
なることはありません。

なので速度の面でもバッテリーの面でも
wimaxの方が優れているよう感じます

さいごに

インターネットを利用する人にとって
7GBという限度は
意外とすぐなんですよね。

new-york-1071162_960_720-300x178

私も当然、スマートフォンのみで
月7GBではまかなえないので
Wi-Fiを利用しているのですが、

今回調べてみて
デザリングは自分には不向きで
そしてwimaxのことを知れたので

次回からの一候補となりました。

ネット環境は常に快適でいたいと
改めて感じさせられました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ