スポンサーリンク

掃除機比較!紙パック式とサイクロン式はどっちがいい?

そろそろ掃除器も替え時だなー、今のは
なんちゃってサイクロンだけど、これを機に
サイクロンにしようか、それとも紙パック

このように、掃除機のことで、その購入
悩んでいる方は多いはず。

上の呟き、これは私の知人のものです。

知人は今まで、布フィルター式の掃除機を
使っていたのですが、最近吸引力
ガクッと落ちてきたので買い替えを検討中。

そこで、知人が目をつけているのが2種
掃除機です。

紙パックを使ったものと、サイクロン式
もの、それぞれになにが違うのかいまいち
わからないので、検討期間が無駄

だから、ちょっと調べるの手伝って?
と、相談を持ちかけられ、興味があったので
乗ることにしました。

今回は、比較してみよう掃除機!
紙パックとサイクロンの違いとそれぞれの
メリットとデメリット
をご紹介します。


スポンサーリンク


大きな違いはごみの溜め方

これは当然の知識かと思いますが、2種類
掃除機の最も大きな違いはごみがどこに
溜まるか、であると思います。

と、言ってもそんなに難しいことでは
ありませんがね。

掃除機の名前のまま、紙パックに溜まるか
ダストカップに溜まるかの違い、であると
言われています。

紙パックに溜まる、パック式のものは
吸い込んだごみが、紙パックという
目に見えない場所に溜まります。

部屋の見えにくいごみを視認したくない
という人に、この手の掃除機は向いている
のではないか、と思います。

一方で、ダストカップにごみが溜まる
サイクロン式のものは部屋中のごみが
くっきりはっきりと視認できます。

この違いで、どっちの掃除機を選ぶかと
いうのを、決める方も多いかと思います。

極力ごみを見たくない人は、紙パック式
あえてごみを見てみたい人は、サイクロン式

どっちがいいか迷った時は、まずこの2種
違いを考慮して、自分はどっちがいいのか
考えてみると、よろしいかと思います。

それぞれの掃除機のメリットデメリット

紙パック式サイクロン式、とりあえず
ごみの見え方での違いを、ご紹介
しましたが、次は少し掘り下げていきます。

紙パック式掃除機

まず、紙パック式ですが、時代遅れのような
印象を持たれる、かもしれませんが
けっしてそのようなことはありません

何物にもメリットデメリットがあります。

紙パック式にもいいところがあるのです。

簡単に箇条書きにして、ご紹介
したいと、思います。

まずは、メリットからいきましょう。

  • 本体価格が安い(1万円を切ることも)
  • 吸引力が高い(400から600w)
  • ごみ捨ての頻度が少ない(2ヵ月に1度)
  • ごみに触らないで済む
  • 取り換えが簡単で衛生的

以上が、メリットになりますので
続いて、デメリットです。

  • 排気経路が同じで、臭いや排気が気になる
  • ごみが溜まってくると吸引力が落ちがち
  • 紙パック代がかかる

以上、紙パック式のデメリットに
なります。

サイクロン式掃除機

続けて、サイクロン式掃除機のメリット
デメリットを見ていきたいと思います。

こちらに関しても簡単に、見やすいよう
箇条書きでいきます。

まずはメリットから、見ていきましょう。

  • 排気経路が別で、臭いや排気が気にならない
  • ごみが溜まっても吸引力が落ちにくい
  • ダストカップ使用なので、消耗品が不要

以上が、サイクロン掃除機のメリット
なります。

他にあげるとしたら、ごみが目に見えて
掃除の意欲が高まる、とかでしょうか?

では、次にデメリットを見ていきましょう。

  • 本体価格が高い(軽く万を超える)
  • 吸引力が低め(200から400w)
  • ごみ捨ての頻度が多い(毎回又は週1回)
  • ごみに触らなければならない
  • ごみ捨ての時、粉塵が舞って不衛生
  • ダストカップの掃除が必要

以上、サイクロン式のデメリットに
なります。

比べてみると、ちょっと驚きかも
しれませんが、実はサイクロン式というのは
デメリットが結構多めなのです。

吸引力が落ちにくいなど、メリットも
あるにはあるのですが、ごみ捨ての時の
デメリットの多さには少し滅入ります。

これらのことを踏まえて、掃除機選び
慎重に行ってみてくださいな。

まとめ

紙パック式と、サイクロン式の掃除機
違いを、簡単にまとめてみたのですが
いかがでしたでしょうか?

よくCMをしている、サイクロン式ですが
思った以上に、デメリットが多いような
印象を、今回調べてみて受けました

そのことを知人に話すと、知人も私の
意見というか感想に、同意してくれました。

広告にもよく、サイクロン式がいい!とか
書いてあるけど、こういった視点で見ると
ずいぶんと印象が違うものだ、と。

自分はごみを極力見たくないので、新しい
掃除機は、価格もお手頃な紙パック式の
ものにしようと思う、と言っていました。

どっちがいいかは、人それぞれ

ですが、私個人の意見としましては
どっちかというと、紙パック式をおすすめ
したい、と思います。

我が家も紙パック式のものですが、年式
古いにもかかわらず、かなり、頑張って
くれています。

掃除機の買い替えでお悩みですか?

今までの掃除機がなにであったにせよ
使い慣れたものに勝るものは、ないです。

それぞれのメリットデメリット
確認したら、自分にあったものを
ぜひ、選んでみてください。

出会いもの、あるといいですね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ