スポンサーリンク

育児と家事に仕事!疲れはどうやって癒す?

女性は、やることがいっぱい!
毎日毎日、終わりのない育児と家事、
そして仕事をこなして、週末はヘトヘト…。

政治家のいう「女性に活躍の場を!」
これを聞くたびに、追い詰められていくような
気がしてきます。

保育所、学童の整備と、女性をサポートすべく
やっと国も重い腰をあげたか~、と思いつつ
夫の長時間労働も、なんとかしてほしい。

というのが本音。
でなければ、育児、家事分担なんて
夢のまた夢ですよね。

cb01dd9a19f52b28cafd932eb4e08055

晩婚化も影響して、育児は30代からスタート
という方も多いのでは、と思います。
子どもが小さいうちは、疲れも半端じゃないですよね。

この疲れ、どうやって解消すればいいのでしょうね?


スポンサーリンク




生真面目な人ほど危ない!

家庭での育児と家事、そして仕事の両立をしなければ。
そんなふうに思う人ほど、危ないかもしれないですね。

「両立」という言葉には、完璧にこなしたい
という、気持ちも入っているはず。

完璧に、こなしているように
見えている人がいたとしても、
どこかで犠牲にしながら、

うまくバランスをとっている。
ということに、気づいた方がいいです。

精神的な負担が、
疲労感につながっていると思ったら、
これを軽くすることを、始めてみませんか?

夫に協力をお願いしよう!

長時間労働に追われている夫に、お願いするなんて
と思うかもしれませんが、ついで家事を頼むだけでも
妻の心理的な負担は、減ると思います。

出勤のついでに、ゴミ出ししてもらうのはいかがでしょう。
分別ごみの普及で、週に3~4日はゴミ出しという方、
多いんじゃないでしょうか。

これだけで、朝の慌ただしい時間帯の
家事が一つ、減りますよね。

ついでのお風呂掃除も、お願いしましょう。
夏場はよく換気をしないと、カビが生えやすい時期。

お風呂から出るときは、冷水で壁や床を流してもらい、
壁はできたら、スクイージーで水分を
取ってもらいましょう。

家族みんなで、できるようになれば
お風呂掃除の負担は、ぐっと減りますよ。

自分一人で家事をやっている、という
心理的な負担が減ると、
疲れの度合いも、少なくなってきますよ。

食事はラクに楽しく!

スーパーのお惣菜に頼ると
罪悪感を持つ方、いますよね?

私もそのタイプなのですが、忙しいときは
お惣菜や、冷凍食品を味方につけちゃいましょう!

その結果、子どもとゆっくり話ができた、
と、プラス思考になればいいのです。

そればかりでは、経済的に負担にもなってくるので
簡単料理のレシピを増やして
一汁二菜で、シンプルな食習慣にしてみましょう。

さいごに

身体の疲れには、ストレッチをしましょう。
凝り固まった疲れは、
身体を静養させるだけでは、治らないもの。

5032b03e4d99532909e4bb68d94ec477

就寝前のストレッチは、ネットで多数アップ
されていますので、自分に合ったものを
探してみてください。

起床後の肩こり、腰痛解消のストレッチは
こちらがおススメ!
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20150218.html

どちらも簡単なものばかりです。
ぜひ、試してくださいね。

家庭と仕事の両立は、両方とも完璧にこなそうと
思わないこと。


夫の協力は、ついでにできることをお願いすること。
ストレッチで身体に疲れをためないこと。

最後に、1人で頑張りすぎないことです。
コーヒータイムなど、息抜きの時間を持って
自分をほめましょうね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ