スポンサーリンク

石油ストーブの燃費とエアコンの電気代の計算方法は?これなら完璧!

甥っ子がこの春、無事に大学を卒業し、
社会人として独立することになりました。

都心の8畳一間のアパートで、
独り暮らしを始めます。

私は就職祝いとして、エアコン
贈ってあげることにしました。

ところが、異論を唱えたのが主人です。

夫「古い石油ストーブが、
  あるじゃないか。

  あれで十分だろう。」

私「それだけじゃ寒いわよ。」

夫「エアコン電気代って、
 どのくらいかかるんだ?

 灯油の方が安いんじゃないか?」

私「それはちょっと・・・・・。」

というわけで、エアコンの電気代
石油ストーブの燃費計算方法を、
調べてみました。


スポンサードリンク




石油ストーブの燃費を計算する方法

地域によって、石油ストーブの
値段は違いますが、ここでは
18ℓ1200円と仮定します。

1200÷18ℓで、
1ℓ当たりおよそ67円となります。

石油ストーブは6~10畳用のもので、
一時間あたり0.26ℓの使用とします。

性能によって違いがあるので、
あくまでも概算になります。

1日8時間使用するとして、
一日の使用量は0.26×8=2.08ℓ、
一ヶ月分の灯油使用料は2.08×30=62.4ℓです。

62.4ℓ×67円で、一ヶ月の石油代は、
およそ4181円となります。

a2a648188a00d4b6b25a5b0191e892bb-300x200

エアコンの電気代はどのくらいかかる?

エアコンの電気代は、
消費電力がどれくらいかかったかによって、
左右されます。

エアコンの消費電力は、
外気温室内温度など、
周辺の空気の環境に大きく左右されます。

そのために、消費電力を正確に判断することは、
なかなか難しいことです。

エアコンは天気が悪かったり、
気温の高低さが激しい場合には、
消費電力も大きく変わります。

でも、簡単に分かる方法が
あるのです。

エアコンのカタログをよく見ると、
「期間消費電力量」という、
記載があります。

期間消費電力量というのは、
そのエアコンの、年間に使われる冷暖房の
電力量の目安のことです。

どのメーカーのエアコンも、
同じ基準で算定されています。

カタログには必ず
この期間消費電力量の記載が、
あるはずです。

エアコンの電気代は、
期間消費電力量×1kWhあたりの電力料金
これで簡単に計算できます。

1kWhあたりの電力量料金は、
契約する電気料金プランや、
使う電力会社によって若干違いがあります。

主要電力会社10社平均単価は、
27円になります。

例えば、期間消費電力量が、
800kWhと記載されていた場合は、
計算方法が以下のようになります。

800kWh×27円=21,600となり、
年間の電気代の目安は、
21600円です。

エアコンと石油ストーブそれぞれのメリット・デメリットは?

エアコンは空気が乾燥しやすいという、
デメリットはありますが、
わざわざ灯油を買いに行く必要がありません。

忙しい人にとっては、手間が省け
メリットがとても大きいです。

火の消し忘れという心配もありません。

また、温度設定が自由にできる上に、
タイマー機能等を利用して、
時間設定もできるので便利です。

一方石油ストーブは、
灯油を補充する手間がかかりますが、
停電時でも使えるというメリットがあります。

部屋全体を温める能力が高く、
上にやかんをのせたり、
なべをのせたりして調理することもできます。

まとめ

エアコンを買う歳には、
電気代がどのくらいかかるかも、
注意しなければなりません。

ed244896bc4415e95a26e0b704fb53f7-300x200

カタログで期間消費電力量を、
チェックしてから、
選ぶようにした方がいいですね。

結局、本人と一緒に実際の製品や、
カタログを見てから、
選ぶことにしました。

石油ストーブとエアコン、
それぞれメリットがあるので、
上手に使い分けてほしいなと思っています。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ