スポンサーリンク

梅雨のカビ!対策をしっかりして快適に暮らす方法とは?

梅雨が近づいてきましたね!

この梅雨時期とは、雨が多く
気分的にも参ってしまいます

9d86a150e74174715927b15e8c0005f1_s

ただ、気分が参ったからと言って
放っておくと、大変な事になってしまいます。

そう!
あの、見た目も厄介ですが、
それ以上に、色々と悪さをするカビ!です。

このカビに対する対策を、去年から
本格的に行っています。

その甲斐あって、去年はカビに
悩まされる事は無くなりました。

今年も、梅雨が近づく時期に
対策をして行く事とします。

今日は、その内容をお伝えしますね!


スポンサーリンク


対策する場所は?

梅雨の時期、カビの対策が必要な所
色々とありますが、私が重点的に対策しているのは
以下の場所です。

  • 浴室
  • キッチン
  • 押し入れ
  • エアコン

では、それぞれの所の対策をご紹介していきましょう!

浴室

温度、湿度共に、カビには快適な場所です。
おまけに、カビの栄養源も豊富にあります。

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_s

ですので、ここは、念入りに対策が必要になります。
何をしたらいいのか?

それは、浴室を使った後に、以下の手順
毎日お手入れすると良いですよ!

毎日が難しい場合でも、2日に1回
お手入れしましょう。

  1. 冷水シャワーを浴室全体に掛ける
  2. ここで、カビの大好きな環境の要因である
    「温度」を下げます。

  3. 水分を拭き取る
  4. ここで、カビの大好きな環境の要因である
    「湿度」を下げ升。

  5. 換気扇を回しておく

ここで、一番面倒なのが「水分を拭き取る」作業です。
乾いたタオルなどで行うのも良いのですが

タオル自体も、なかなか乾かない時期でもあります。
出来れば、ゴムスクイジー等を使うと良いですね。

因みに私は、洗車用の水滴ふき取りクロスを
使用しています。

こんなやつです。

キッチン

ここも、掃除やメンテナンスを行うには
厄介な所ですね。

ce698d0f116700598e112e2280cc16d7_s

ただ、放っておくと大変な目にあいます。
ですので、こまめにお手入れしておくのが一番です。

何をしたらよいのか?

それは、キッチンを使った後に、以下の手順で
毎日お手入れすると良いですよ!

キッチンを使い終わった後、洗物が終わった後
行うのが良いですね。

  1. 水滴などをふき取る
  2. 布巾等を使って、ふき取るのも良いのですが
    お手軽なのは、キッチンペパーを使う方が
    ゴミなどを拾えるので、良いと思います。

  3. 消毒用アルコールを吹きかける
  4. まさに、カビの発生を抑制する決め手です。
    雑菌も殺菌できますので、安心です。

  5. 消毒用アルコールをふき取る
  6. 消毒用のアルコールをふき取ります。

少し手間が掛かりますが、こまめに
行う様にしましょう。

この時期のキッチンは、カビが発生する事も問題ですが
雑菌が原因の、食中毒にも注意が必要です。

きっちりと、対策を取っていきたいですね。

押し入れ

押し入れは、片側開けていても換気が
難しい物です。

換気が難しいので、湿気もこもり易くなります。

そこで、押し入れのカビ対処方法
以下の方法で行います。

水回りとは違って、その都度何かをするのでは
無いので、対策は比較的簡単です。

その方法とは

  • 押し入れの両側を少しづつ開ける
  • 片側だけをあけても、換気にはなりません。
    空気の通り道を作る意味で、両側空けます。

    さらに、扇風機で送風する事が出来れば
    より完璧です!

  • 収納する物の下にスノコを敷く
  • これも、空気の通り道を作る為です。
    これを行うのと、行わないのとでは大違いです。

押し入れに関しては、除湿剤を入れておくのも
良いですね。

我が家では、炭をネットに入れて置いております。
天気のいい日には、その炭を天日干ししています。

エアコン

最後に、エアコンですね。
この時期位から使用し始めますので、その前に
カビ対策を行っておくと良いですよ。

使い始めの嫌なにおいも、消す事が出来ます。

その方法とは

フィルターの掃除の時に、吹き出し口等を
消毒用アルコールを吹き付けるだけです。

この方法だけで、十分カビ対策にはなります。

その他に気を付ける事

重点的には、以上の所の対策を行うのですが
それ以外の所は、ちょっとした対策
十分と思います。

その方法とは

  • 極力換気を行う
  • 梅雨とはいえ、毎日雨が降るわけではないです。
    雨が降ってない時や、晴れた時には
    積極的に窓を開けて、換気します。

  • 濡れた物はできるだけ乾かす
  • 特別な事では無く、雨具についた雨は出来るだけ
    払うとか、濡れた靴は、直ぐに新聞紙などを入れて
    中の水分を取り除く事です。


これから事を行うだけで、随分と違う物です。

もし可能なら、除湿器などで除湿すると
尚良いですね。

目安の湿度は、50%程度が良いですね。

おわりに

梅雨の時期は、ただでさえ滅入ってしまって
良い気持ちではいられないですね。

少しの工夫で、できるだけ快適に
過ごしていけたらと思います。

去年は、この方法でカビの発生は
確認できませんでした

目に付かなかっただけかもしれないですが・・・・

私も浴室のカビ対策等、今日から始めて行きます。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ