スポンサーリンク

新聞紙で工作!のびる棒の作り方!

毎日届き、日々溜まっていく新聞紙
皆さんは、どの様に処理していますか?

多分、ちり紙交換や、
リサイクルに出している
と言った方が、
多いのではないでしょうか。

でも、ただ不要物として処理するのも、
芸がないような気がしませんか?

私も、古新聞をまとめながら、
何か使い道はないものかと考える事が、
時々ありました。

そんな時、こんな出来事がありました。


スポンサーリンク





私には、保育園に通う甥がいます。
その子がこの間、「のびる棒」が欲しいと、
母親である従妹にねだっていました。

「のびる棒」って何じゃらほい?
などと思って調べてみると、
あれですあれ。

クルクルと巻いた紙に、持ち手がついていて、
それを持って前に振ると、
紙がシュルシュルと伸びる、あの玩具。

「シュート棒」とか、
「ペーパーヨーヨー」とも言います。

縁日や駄菓子屋さんで、売ってますよね。

これです。これ。



何でも、友達が持っていた様で、
それが欲しいと言って、
駄々をこねていた訳です。

それを聞いて、
思わず「え~?」と思ってしまいました。

だって、あれ、
売られてる場が限定的なんですよね。

先にも言った様に、あれが売ってるのは、
お祭りの縁日や、駄菓子屋さん。

スーパーや、ショッピングモールでは、
まず売っていません。

けれど、夏祭りはとっくに終わり、
近場に、駄菓子屋さんなんてありません。

盆踊りにいたっては、
こっちじゃ規模が小さくて、
出店がありません(笑)

面倒な話です。
えらい単純な玩具の分際で。

と、ここまで考えて、「ん?」と思いました。

そう。
あの、「のびる棒」という玩具、
仕組みが簡単なんです。

そして、材料は紙。
そう。紙です。

その時、閃きました。
紙なら、いいものがあります。

冒頭で、使い道はないかと考えていたアレ。
そう、新聞紙です。

「ひょっとして、新聞紙使って作れね?」
そう思い至った訳です。

という訳で、思い至ったら善は急げ。
調べてみると……。

ありました!!
「のびる棒」の作り方。

さっそく、紹介しますので、
小さなお子さんが、身内にいる皆さん。

不要な新聞紙の有効利用も兼ねて、
一つ、一緒に工作など如何ですか(笑)

bfa9f670290e54b3e8f7c540576e634e-300x196

のびる棒の作り方


材料


  1. 新聞紙
    本当なら、つるつるした紙が良い様ですが、
    新聞紙でも、当然OKです。

  2. ストロー 
    太めのもの、1本。

  3. 割り箸
    1本。

  4. ビニールテープ
    ガムテープでも可。

  5. セロテープ

  6. 厚紙 
    5㎝角が、2枚分取れればOK。

  7. 輪ゴム 
    1つ。
img_1215-300x225

必要なものは、こんな所です。
どれも、常時家にあるものばかり。
難しいものはありません。

作り方


  1. ストローに、割り箸を入れます。
    割り箸は、ストローから少し出ていた方が、
    固定しやすいです。



  2. img_1217-300x225

  3. ビニールテープで、
    割り箸とストローを固定します。


  4. img_1219-300x225
  5. 新聞紙を横長に切り、セロテープで繋ぎます。
    幅は、10㎝~15㎝ぐらいになるようにして、
    長さは4m程度が遊びやすいです。


  6. img_1220-300x225
  7. 2でつくった棒の先に、
    3の端をセロテープで貼って、固定します。
    その後、紙をきつく巻き、輪ゴムで止めます。


  8. img_1223-300x225
  9. 紙の逆流弁を作ります。
    厚紙を丸く切り、切り込みを入れ、
    中央に、ストローが通る穴をくり抜きます。

  10. 補強のため、5と同じものを、2枚作ります


  11. img_1225-300x225
  12. 4で巻いた紙の下に、弁を取り付けます。
    弁の下を、ビニールテープで巻いて、
    補強したら、完成です。


img_1227-300x225

遊び方


紙に癖がつくまでは、紙を少し緩めて、
輪ゴムをしたまま、遊んでください

遊び終わったら、きつく巻き直し、
輪ゴムで固定してください


時間が経って、紙に癖がついたら、
輪ゴムを外して遊べます


伸びが悪くなったり、遊び終わったりしたら、
きつく巻き直して、輪ゴムで固定してください

05423bcf709f17671e8554521872dfff-300x227

まとめ


いかがでしたでしょうか?

普段、お金を出して手に入れる玩具ですが、
ちょっとした工夫で、
さしたる出費もなく作る事が出来ます。


ついでに、かさばる古新聞の有効活用も。

放っておけば、邪魔な荷物。
でも、考えを変えれば宝の山です。

今回の例の他にも、色々と考えてみると、
面白いかもしれませんね。

e7527a1af803e6c9ce98cc7bc34abad6-224x300


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ