スポンサーリンク

フレンチのマナー!パンはソースに付けて食べてもいいの?

先日、親戚の結婚式に出席してきたんです。

お料理にはこだわりがあったようで、さすが
どれもこれも、美味しいものでした。

a1180_015697-300x191

というのも、結婚式はフレンチレストランで
執り行われたんです。

フレンチって、マナーが多いことで有名ですし、
今まで訪れる機会も、滅多にありませんでした。

事前にフレンチのマナーを、おおよそ調べてから
出席したのですが、やっぱり緊張しました!

そんな中で、同じテーブルの親戚のパンの食べ方
目が留まりました。

ソースにパンを付けて、食べていたんです。

ちょっとそれは・・・と、思ったのですが、
これってマナー違反じゃないの?

気になるフレンチでのパンのマナー、この機会に
しっかり調べてみました!


スポンサーリンク


パンを食べる前にもマナー!

フレンチの場合の主食となる、パン。

21057965-300x224

ただ、パンをかじればいい、という訳ではなく、
マナーがあるんですよ。

フレンチの場合、サービスの方がパンの入った
カゴなどを持って、テーブルを回りますね。

まずは、いくつかの種類のパンの中から、
パンを1つ選ばなくてはいけません。

サービスの方が、パンの説明をしてくれるのを
待って、1つだけパンを選びます。

この時に、パンを手づかみで取るのではなく、
サービスの方に、トングで取ってもらいましょう。

実は、パンを食べ始めるタイミングもあります。

基本的には、スープを食べ終わった後、もしくは
スープがなければ、オードブルを食べ終えてから。

しかし、サービスの方から「焼きたてなので、
温かいうちにどうぞ。」と言われる時も。

そんな時には、遠慮なく美味しいパンを味わって
食べましょうね。

パンは、デザートの前に下げられてしまうもの。

しっかりパンを味わいたい場合には、デザート前に
食べ終えておきましょうね。

パンの食べ方のマナーとは?

パンは、丸かじりしてはいけません。

かじってもいいとされるパンは、サンドイッチか
トーストだけ、と言われていますよ。

パンは、必ず一口大にちぎってから食べます。

この時に、ちぎったパンの大きな方は、皿に置き
一口大の食べる方のパンを手に持つようにします。

両手にパンを持っての食事は下品である、と
されているので、注意しましょうね。

バターなどを塗る時は、パンをちぎってから
バターナイフで塗るのがマナーですよ。

更に、パンを食べる時に、私もやってよいのか
散々迷った食べ方ですが、

ソースをパンに付けてもいいのか?」
ということ。

調べてみたら、結構ビックリしました!

ソースはOK!スープはNG!?

家庭では、冬場のコマーシャルでもあるように
スープにパンを浸す食べ方もあり、ですよね。

しかし、フレンチではマナー違反なんですよ!

スープにパンを付ける行為は、フレンチでは、
特に嫌われる食べ方なんです。

スープを食べ終わって、更にわずかに残った
ものを拭き取るようにするのも、NGです。

しかし、パンにソースを付けて食べるのは、
マナー違反になりません。

これは、フランス式のマナーの場合のみで、
イギリス式では、マナー違反なんですよ。

BIS_hanbaguo-thumb-815xauto-15652-300x199

マナー上良し、とされているフレンチでも、
パンを手に持って、皿のソースを拭うのはNG!

皿にある料理を、手づかみで食べる行為は、
マナー違反の意味合いから、パンもフォーク
使いますよ。

パンをフォークで刺して、スープを軽くさらう
ようにして食べます。

料理を作ったシェフからすれば、ソースまで
食べてもらえたのは、それほどに美味しかった

という表現として、捉えられるほどに
光栄なことなんですよ。

まとめ

私も結婚式での、パンにソースをつけている
親戚の姿に驚きましたが、別にいいのですね。

しかし、フォークを使っていたかな?
私の記憶が正しければ、で食べていた・・・。

だから、違和感があったのかしら?

マナーのことを調べてみると、知らないことも
色々ありました。

一番気を付けなければならないのは、相手を
不快な気分にさせるような食べ方はしては
いけない、ということ。

この気持ちがあれば、美味しい料理を楽しく
頂くことができるのではないでしょうか。

相手への気遣いこそが、マナー。
その気持ちが大事ですよね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ