スポンサーリンク

髪!シャンプーで抜け毛が増す?!本数の目安で対策しよう!

最近、お風呂でシャンプーしていた時に、
ギョッとしてしまいました。

手櫛でやさしく髪に指を通しただけで
指の間には髪の毛がたくさん!

排水溝に向かって流れていく髪の毛も
全部自分のなの?!と思うほどの量で
愕然としました。

そういえば、抜け毛と言えば、他にも
思い当たることがあります。

朝のヘアセットが終わった後、床には
抜け毛がたくさん落ちているんです。

こんなに抜けたら、いつか薄毛になるんじゃ
ないかと、不安になってきました。

シャンプーで抜ける髪の毛が多いと
気になりますよね。

でも、どれぐらいの量の抜け毛になると
薄毛に進行していることになるんでしょう?

この機会に調べてみましたよ♪


スポンサーリンク


髪は1日にどれぐらい抜けるの?

髪の毛が生える、抜けるということには、
一定のサイクルがあります。

およそ4~6年の寿命で、髪の毛は自然に
抜け落ちてしまいます。

髪の毛1本ごとに、サイクルが違うため、
一度にまとめて抜ける訳ではありません。

とは言え、お風呂でシャンプーしている時の
抜け毛の量には、驚くばかり。

でも、自然に抜ける髪の毛の量としては、
健康な人でも、1日に90本

実は、100本抜けた日があったとしても、
そんなに心配はないんですよ。

季節によっても、抜け毛の本数は変わります。

健康な人でも、春は90~100本の抜け毛ですが、
秋~冬にかけて、少し多くなります。

特にシャンプーの時には、多く抜けます。

心配のない抜け毛の量、とわかってても、
やっぱり気になるものですよね。

シャンプー時に、できるだけ抜け毛
減らすことができるのでしょうか?

抜ける髪の毛の量は結局同じ?!

1日のうち、最も抜け毛が多くなるタイミング
シャンプーをしている時になります。

シャワーなど使うと、頭皮や髪の毛に水圧
手の摩擦で、抜けやすくなるんです。

では、頭皮や髪の毛に刺激を与えるから、
抜け毛が増す、ということになるのかというと、

実はそうではなくて、抜けるであろう髪の毛
タイミングがその日のシャンプーになった、
ということなんです。

髪の毛は、死んだ状態になってからも尚、
15日ほどは頭皮に生え続けているんですよ。

死んだ髪の毛は、頭皮に居残る力がどんどん
無くなっていき、やがては抜け落ちます。

もし、その日にシャンプーをせずにいて
抜け毛が減ったな、と思っていても、

次のシャンプーのタイミングや、遅くとも
15日以内に抜ける運命は決まっている、
ということになるんですね。

シャンプーが原因で抜け毛が増える、
という訳ではないんですよ。

むしろ、シャンプーをしないままで、
頭皮が汚れる方が良くないんです。

頭皮の環境が抜け毛の原因になる
可能性もあるんですよ。

100本以上の抜け毛が続いたら?

普段から100本以上抜ける日が続き、
明らかに抜け毛が多い場合は、薄毛
進行する可能性もあります。

髪の毛が十分な成長をしないうちに、寿命を
迎えると、ヘアサイクルも短くなります。

ストレス・生活習慣・ホルモンバランス
頭皮の状態などが原因とされていますよ。

抜け毛を予防し、髪の成長を促すような
対策には、こんなものがありますよ。

髪の毛に栄養を与える

食べ物は、体にとって重要な栄養です。
質の良い髪の毛を目指すなら、

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • ビタミンB群
  • ビオチン

を含んだ食べ物を積極的に取り入れましょう。

アミノ酸系シャンプーを使う

頭皮への刺激が少なく、やさしいとされる
アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

洗浄力は低めですが、保湿力が高く、
マイルドな使用感です。

抜け毛が気になる頭皮にとっては、できるだけ
無添加のものがいい、とされていますよ。

洗い方にもコツがある

シャンプーをする時には、まずは手で泡立て
髪の毛になじませましょう。

頭皮を洗う時は、爪を立てずに指の腹で
やさしく洗います。

そして、すすぎも入念にしましょう。

シャンプーが残留すると、毛穴のつまり
原因になりますよ。

まとめ

シャンプーの時の抜け毛が、いつもよりも
多い時は、不安になります。

確かに、秋口にはいつもより、やや多めに
髪の毛が抜けるので、一過性なのかな、
とも思います。

意を決して、抜け毛を数えてみたところ、
見た目よりも少なかったんです・・・。

髪の毛が長いので、多く見えていたのかも
しれませんね。

本数的には、そんなに異常じゃなくて
ホッとしましたよ。

それでも、抜け毛の本数の目安がわかれば
今後の対応もできるので、よかったです♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ