スポンサーリンク

香水でメンズにおすすめは?大学生にはコレ!

階段教室で遅れて入ってきた男子。
前の席に座った瞬間に、ふわっと爽やかで
甘い香り
が鼻をくすぐります。

心なしか隣の彼女がうっとりと
見つめている感じで、
思わず自分の匂いが気になったりして

最近は身だしなみに気を遣う男性
増えてきましたね。

ヘアスタイルに凝ったり、お肌の手入れに
エステに通うなんてことも
決して特別なことではなくなってきています

匂いについてもそれは同じ。

b5a44233d260e3ca3446ebdfa38321e2_s

男性の匂いといえば、昔から整髪料の香りを
指していましたが、この頃は髪だけでなく
全身にということでしょうか香水が今注目です

では、どんな香水をつけたらよいのでしょう
好きな香りでいいっていうものでもないので
難しいです。

大学生は教室だけでなく、学食や電車の中、
サークル仲間や他大学との会合など、
不特定多数の人と接触することが多いですね

あら、この人変なにおい!

なんて思われないためにも
好感の持たれる香りで装いたい。

ということで香水選びですが、
その前に、香水のことをちょっとお勉強。


スポンサーリンク




香水とオードトワレ・オーデコロンてどう違うの?


香水と一口に言っても、店頭に並んでいるのは
なんだか長いカタカナばかり。

それぞれどう違うのかわかりませんよね。

メーカーによって細かな規定は
違うようなのですが、香料の濃度の差で
名前があるそうです


この香料の濃度が、持続時間とも
関係してくるので(内容により違いあり)
つける方としては注意したいところ

それに、濃度が高いほどお高い
ということもあります。

普段使いと、ここ一番と決めたい時で
使い分けしましょう

次に、濃度の高い順に名称を挙げますので
参考にしてください。

c9474a0fb1fa2fa3d9b4d655f4c97cf8_s

  1. Parfum(パルファン・パルファム)
  2. Eau de Parfum(オーデパルファン・オードパルファン)=EDP
  3. Eau de Toilette(オーデトワレ・オードトワレ)=EDT
  4. Eau de Cologne(オーデコロン)=EDC

フランス語ですね。“Parfum”は
英語の“Perfume”(香水)。

“Toilette”は「化粧室」で
「身だしなみ」的なイメージ

“Eau”は「水」を意味するので、
オードトワレは「トイレの水」?
となりますが決して違います

そして、“Eau de Cologne”。
この言葉、4つの中でも一番先に
知っていたという人
いるでしょう。

そう、「コローニュ」とはラテン語の
“colonia”=「植民地」に由来し、
この場合ドイツの「ケルン」になります。

つまりは「ケルンの水」で、歴史的には
ローマ帝国までさかのぼり、世界史の時間に
先生から聞いた人もいますね。

オードコロン自体は1709年にケルンで
ヨハン・マリア・ファリナによって

製造されたということで、こちらも
なかなかの時代です。

言葉のウンチクはこのくらいにして、
ちなみに日本の薬事法では規定はなく
みんな「香水」だそうです。

さて本題。
大学生にお薦めの香水についてです

こんな感じがいいんじゃないかあ
ということで条件を挙げてみました。

香水選びのこれだけは外せない大学生の条件


  • あまり自己主張のないもの
  •   友達からも異性からも好かれるものがいい。

  • 毎日気兼ねなくつけられるもの
  •   
      特別な時だけつけるのでは周囲が
      びっくりしちゃいます。

      普段からつけているんだよ的な
      こなれたおしゃれ感が欲しい。

  • コストパフォーマンスの高いもの


以上のような条件を満たすもので、
これなんかどうでしょう。

メンズにお薦めはこれ!大学生編


「アランドロンのサムライ」
オードトワレです。

爽やかな香りが印象的なすっきりとした
香水になっています。

徐々に変化していき、最後は
落ち着いた男性的な香りに

女性にも人気だそうで、カップルで
つけるのもあり。

お値段も手ごろです。

香りに気を配るようになれば
おしゃれ上級者!

まずはお手頃なものから入って
自分なりの香りを見つけてください。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ