スポンサーリンク

風呂のカビ繁殖防止!水をかけるのは逆効果?

お風呂場のカビ、いやですよね?

毎日、こまめに掃除をしているのに
いつの間にか、風呂のタイルの隙間
、なんてあったらあーあとなります。

知人も、そんな悩みを抱える1人。

毎日のように、カビ退治に奮闘している
という彼女、ですが、その掃除方法
私は、はて?となりました。

ネットで見つけたという、風呂を
使い終わった後に、シャワー
冷たいをかける、という方法です。

簡単でいいのだけれど、これって
本当に効果があるのかな…だってなんか
カビ、減るどころか増えている気がする」

なぜにそんな情報を掴んできたのか、不明
ですが、なぜと思うと同時に、じゃあ
どうすれば本当に効果的か?

と、いうことに興味を持ちました。

今回は、風呂場のカビ予防に水はどうなの?
正しいカビ予防の知識
というのを
調べてみることにしました。


スポンサーリンク


カビ予防に水は逆効果?

カビというのは、高温多湿を好むとされ
そこから、風呂場に蒸気が立ち込めた状態は
好ましくないと、思われたのでしょう。

それで、風呂上りに風呂場にをかけると
良い、と、そのような情報が出回ったのだと
思われます。

をかけることで、浴室内の温度を下げ
同時に、蒸気を取り除くことができる。

理屈としては、そんな感じです。

ですが、実は、この方法は間違い!

カビは、たしかに高温多湿を好みます
温度よりは、湿度をより好みます。

水をかけることで、室温は下がるかも
しれませんが、湿度が下がるわけでは
ありません。

そして、温度が0度以下にでもならない限り
カビというのは、結構活発的繁殖します。

なので、水をかけるというのはまさしく
焼け石に水、というもの。

それでは、あまり、意味がないですよね?

高温は高温でも…

カビというのは、20度から30度の室温と
60%以上の湿度を基に劇的に大繁殖します。

ですが、50度以上の温度というのには
弱く、簡単に死滅します。

なので、水よりは、50度以上
かける方が、カビ予防には効果的です。

45度以上でいい、という方も
いらっしゃいますが、中途半端にすると
これも、水と同じになります。

できれば、50度以上のちょっと熱い熱湯
と、いうのをぶっかけるとよろしいかと
思います。

もちろん、これはシャワーでいいです。

難しい場合、シャワーの限界温度が45度
だというのならば、湯を沸かしておいて
風呂を上がってから、ぶっかけです。

熱湯+換気でより効果的に!

熱湯をかければ、室内の湿度はやや上昇
しますので、これについては換気扇
回してあげる、これが必要です。

熱湯でカビを死滅させ、換気で生き残りが
繁殖できないように、室内の湿度を
散らすことが肝要です。

気持ちよく入浴した後に、ちょっと
面倒かもしれませんが、熱湯のぶっかけと
換気扇をまわす、もしくは窓を開けておく。

これをするだけで、週末にカビの大掃除
追われて終わる、というのがなくなる
もしくは、少なくなるでしょう。

おわりに

お風呂のカビ掃除というか予防方法
いかがでしたでしょうか?

をかけて、換気をするという
方法ですが、知人が実践していたのとは
違う方法でした。

このことを、知人に知らせると、一瞬だけ
意外そうにして、でも、現状のカビ被害
見て、湯+換気予防を始めたそうです。

すると、その週末のカビ掃除の時に
異変に気付いたそうです。

異変、というのはもちろんカビの量

なんだか、心ばかりいつもよりも
少ない気がしないでもない、とのこと。

気のせい、ということも考えられますが
いつも頑固で、小1時間ばかりはかかる
掃除ですが、半時間で済んだそうです。

これは、と思い、1ヵ月ほど続けてみた
その結果として、風呂は少し見違えるほど
きれいになったのだそうです。

この効果には、もちろん家によって違い
あるでしょうから、必ずとは言えません。

ですが、予防方法、退治の方法としては
かなり効果的です。

騙されたと思って、ぜひ1度1ヵ月ほど
試してみてください!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ