スポンサーリンク

音痴でもカラオケが好きになる?お薦め3曲とその歌い方を伝授!

職場の同僚たち、年齢はバラバラ。でも、全員、カラオケが大好き。コミュニケーションを兼ねて、ときどきカラオケボックスに繰り出します。

アルコールも飲まず、食事もとらず、ただひたすら歌って笑って、お開きという、小ざっぱりした集まり。

楽しい!

しかし……最近、わかったことなんですが……。

毎回欠かさず参加するAさんとBさん、どちらも「カラオケは好きじゃない」んだそうです。理由は「音痴」だから。

ええっ!?
そうなの?
もしかして、無理して参加してるの?

二人ともやや苦笑い。最初はマジで嫌だったらしい。でも、みんなとのおしゃべりは楽しいし、なるべく参加したいと思っているんだとか。

そして、音痴なりにカラオケを楽しむ術を、独自に見つけ出したんだそうです。

おおっ!
それは気になる!

そんなわけで、音痴を気にしている職場の同僚から聞いた、「音痴でもカラオケが好きになる、楽しめる曲」をご紹介いたします!

音痴だし、カラオケ苦手だけど、職場の飲み会には参加したいなぁ……という方、ぜひ参考にしてください!


スポンサードリンク




(1)三百六十五歩のマーチ・水前寺清子

最近の曲はリズムが裏打ちだったり抑揚が難しいものが多くて、カラオケで歌ってみると意外と盛り上がらなかったりします。

音痴で歌に自信がない、という人は思い切って、昭和の歌謡曲なんかを歌ってみるのがオススメです。

そんな中で、まずはこの歌。「三百六十五歩のマーチ」。この歌を知らない人はいないでしょう。

言葉がはっきりしてて、歌いやすい曲です。リズムも取りやすいしノリもいい。みんなもこういう歌、大好きなはず!

音痴が気になっている人でも、それほど負担を感じることなく、楽しく歌えます。

こういう曲の、歌い方のコツはズバリ、カラオケの画面の歌詞を読まないこと。

音痴の人って、歌詞を読むことに専念するあまり、リズムや音程がおろそかになってしまってることが多いんですよね。

歌詞は間違っても全然オッケー。カラオケってそんなもんです。

わからないところは「フーンフフーンフフーン♪」とハミングでやり過ごしても、演奏に合わせて一音一句、大きな声を出したほうが、音痴を克服できるはず。

座ったままでもいいので、体全体で大きくリズムを取って、ワンツーワンツーしてみてください!

(2)およげ!たいやきくん・子門真人

こちらも、一言一言・一音一音がはっきりしていて、音痴さんでも比較的、カラオケで歌いやすい歌です。

音痴さんだけでなく、カラオケ好きのみなさんも注目の選曲だと思います。

「日本で売り上げ枚数が最も多いシングル盤」ということでご存知の方も多いでしょう。

低音から始まるし、音階の上がり下がりが緩やかなので歌いやすいし、テンポもゆっくりめ。

しかも、歌詞にストーリー性があるんで、もし万が一音を外してしまっても、音痴が目立たないんです♪

で、その歌い方のコツはというと?

カラオケがスタートしたら、前奏の部分で、伴奏に合わせて体を左右に揺らし、伴奏に合わせて片手で膝を叩いてリズムを取ってみてください。

たぶん、まわりのみんなも同じように、手拍子をしたり体を左右に揺らしたりして調子を合わせてくれると思います。

で、そのリズムに合わせて、ま・い・に・ち♪という感じで、一文字ずつはっきり区切って、一言一言大きな声で丁寧に歌っていきましょう。

(3)夢想花・円広志

この曲は、タイトルだけではカラオケ好きの人でもピンと来ないかもしれませんが、これも、音痴さんにオススメの曲なんです。

ちょっと高い声が必要になりますが、徐々に高くなっていく感じなので、意外と歌いやすいんですよ。

それに、ワンフレーズワンフレーズが短めなんで、一息つきながら歌えます。

最近の歌は、息継ぎに困ることが多い!その点、こういう歌なら、音痴さんでも安心です。で、歌い方のコツはというと?

音階が徐々に上がっていって、ときどき高い声を出すことになるんですが、その高い音を大事に歌ってみてください。

高い音のところで思い切り大きな声を張って下がっていくときに徐々に小さな声にしていく。

山を描くような感じで歌ってみると気持ちがいいです。

そして特徴的なサビの部分。「とんで」を9回繰り返します。聴かせどころです。

演奏をしっかり聴きながら、「とんで」の”と”を特に大きな声で、はっきり歌います。

「とんで」が三連符になるので、リズムを取りにくいかもしれませんが、”と”を大声で歌っていれば大丈夫。

で、次の「まわって」のところは少し声のトーンを落として、メリハリをつけてみてください。

こういう、特徴的なサビを持つ曲は、ちゃんと歌えてもしくじっても、かなり盛り上がるので、音痴かどうかなんて問題じゃなくなります。

ラストまで歌い切るころにはきっと、音痴で悩んでたことなんて忘れてしまって、カラオケが好きになっているかも

是非、挑戦してみてください!

まとめ

音痴でどうもカラオケが好きになれない、飲む席には出たいけど、無理やり歌わされるのはちょっと……という方、けっこういるんですよね。

自分のことを音痴だって思っている人の中には、音痴というより、単に歌いなれていないだけ、というケースもあるようです。

音痴でもカラオケが好きになる方法はあります!歌いやすい、自分にあった曲を見つければいいんです!

DAMやJOYSOUNDといった、メジャーどころのカラオケに、どれくらいの曲数が入っているか知ってます?

20万曲以上ですよ!20万曲!歌える歌、きっとあります!音痴なんて気にしないで、カラオケ、好きになってください!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ