スポンサーリンク

電気を節約して家計にプラス!方法は根本部分2つの見直しが簡単

電気の自由化が投入されて、電気が
自由に選べる、難しくて便利な
世の中ですね。

「とにかく電気代が高いの!これって
もう少し、なんとかならないものなの?」

と、まあ相談してきたのが、友人
なのですが、彼女の悩みは我が家の悩み
でもあります。

月の電気代って、多い時は
ホントに家計に大打撃です。

なんて、考えつつ毎日、地道にコンセント
抜いたりさしたりして、ちまちまと節約を
心がけている私、です。

が、電気代が高い!ちまちま節約より
もっと大きな要因がないのか?
と思い
今回はそれを調べてみることにしました。


スポンサーリンク


電気はいつ使っている?

は?と思われるかもしれませんが、これ
結構、重要だったりするみたいです。

各電気会社には、各種契約プランというのが
ありますが、そんなものの中に、によく
使う人のプランがある、って知っています?

それが、「時間帯割引契約」というやつで
22時(23時)から翌8時(7時)の間料金
70から80%オフにする、サービスです。

ただ、その他の時間帯は30%ほど料金が
割増しになってしまうのですが、ここは
見落としがちなポイントではないですか?

このプランに向いているのは、日中ほとんど
家にいなくて、、趣味や家事を行うという
夜に生活をする人ですね。

例えば、日中は仕事でほとんど家にいない
でも、仕事から帰ってからは深夜遅く
朝、異常に早く目覚めて電気を使う

なんて、人はこうした夜間の割引をして
くれるプランを選択すると、電気代を
大幅に削減できます。

あ、もちろん、、めちゃくちゃ早く
活動して、夜はさっさと寝ちゃうけど
昼間は仕事、って人にもおすすめですね。

私の地方では、この契約プランのことを
エコノミーナイト」と、宣伝しています。

自分のライフスタイルが夜型なら、こんな
プランで大幅削減というのも、手ですね。

家電をいっぺんに使わずに基本価格を節約

これまた、根本的な価格を見直そうという
試みに関係したことです。

家電をいっぺんに、同時に使うとブレーカー
こいつがぶっつんしちゃう、なんてこと
ありませんか?

これは、契約している、もしくは家にある
電気のアンペア以上の電力を、その一瞬に
使ってしまったことに原因があります。

例えば、冷蔵庫は使っていますね?その上
エアコンを稼働させ、ドライヤーを使い
電子レンジや炊飯器を使ったらどうです?

一般家庭のアンペアがどれくらいか、は
ちょっと、家庭によって違いますので
こう!というのが言えません。

ですが、ここを見直すと電気代がかなり
助かるので、要チェックポイントです。

そもそも、家電を同時に使いすぎなければ
アンペアは、ある程度低くてオッケーなので
ここは、節約する上で、必ず見直しです。

理想としては、だいたい20アンペアから
30アンペアくらいあれば、生活には困らない
かつ、電気代が安くつきます。

もし、今必要でもないのに50アンペアなどで
契約しているとしたら、それを30に下げる
これだけで、年間6,000円弱の節約になります。

ただし、この節約を実行した場合、最初は
前の感覚で使ってしまい、しょっちゅう
ブレーカーが落ちたりするかもしれません。

そこだけ、注意すれば自然と一気に色々
使わなくなり、節約精神に磨きがかかり
固定料金だけでなく、使用量も減ります

おわりに

電気代の節約方法について、簡単かつ
大きな節約方法が、2つもありました。

早速そのことで、友人とおしゃべり
したのですが、2人して大盛り上がりです。

「そんな簡単なことで節約になるなら
早く知りたかった」とか、「これなら
ちょっと気をつけていればいいよね?」

とか、そういう話ですかね?とりあえず
楽しかったです。

私は、一人暮らし時代は使わない部屋の
ブレーカー、というのは全部落として
生活していました。

ですが、こんな根本的なことで見直しが
できるなんて、ちょっとショックでした。

家族と話しあって、電気料金について
もう少し、見直してみようかな?
と、そんなふうに思えました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ