スポンサーリンク

車検の費用を最低限に!普段の整備で雑費も抑えよう

車検、車を保有している以上
絶対に受けなければならないものですね?

先日のこと、知人が車検を受ける
ことになったのですが、不意
ちょっと思いついたように、言いました。

「車検受けなきゃいけないのはわかるけど
もうちょっと安くならないかな?」

たしかに、それも、車屋ディーラー
よって、金額が違ってくるそうですから
そう思うのは当然かもしれません。

でも、必要なものは必要でしょうから
そこの見極め、これが難しいところ。

今回は、車検の費用を最低限に抑える
為に、知っておいた方がいい知識

いうのを簡単にご紹介できればと思います。


スポンサーリンク


必要最低限の費用?

業者ディーラー、この車検に出そうと
思ったら、軽く100,000円は見ておかねば
なりません。

だと、もう少し安くて80,000円弱くらいだと
今まで、軽から普通車まで乗ってきた
言っていました。

やはり、きちんとした業者に任せるには
それなりに、お金を取られるようです。

ディーラーお願いしたとして

  • 代行手数料
  • テスター調整費用
  • 点検と整備

この3つ50,000円から60,000円
かかります。

これに法定費用が加わって100,000円近くかかる
と、いうわけなのです。

ただ、母の話では、必要最低限ならば
ユーザー車検、というのを受けると
相場よりも安くあがっていい、とのこと。

ユーザー車検って?

これは簡単に言ってしまえば、車の保有者が
自分で運輸支局などに車両を持ち込んで
車検を受けることです。

もろもろの手続きさえ、押さえておけば
これは、車検の中ではかなり安上がり
車検になります。

車両を持ち込む検査場、ここを選ぶ
ところから、検査書類一式支払い
交付されるステッカーを貼るまで。

一通りの手続きを、自力で行います。

このユーザー車検にかかる費用は、車の
持ち込みの際の、ガソリン代除けば
以下の法定費用のみの負担になります。

  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 検査手数料

それぞれ順番に見ていきましょう。

自賠責保険料

これは、強制保険であり、必ず
支払わなければならないものの1つ

大抵の場合において、24ヵ月(2年)
支払う、というケースが多いです。

軽自動車普通自動車の価格を
参考として、見ていきましょう。

  • 軽自動車は26,370円
  • 普通自動車は27,840円

こうして並べてみると、と、いうかすぐに
お分かりかもしれませんが、あまり
変わりません。

この保険に限っては、どちらでも、金額に
差がないので、軽が狭く感じたら普通に
換える、理由にしてもいいかもしれません。

自動車重量税

これは、車の大きさ重さによって
同じ普通車の枠の中でも、価格に
出てしまうものになります。

それは、軽自動車も同じです。

  • 普通自動車の場合は2,500円から75,600円
  • 軽自動車の場合は2,500円から8,800円

さて、一見してわかる通り、かなり金額に
がでてしまいました。

これは、3つの要因で金額が決められます。

  • 車のサイズ
  • エコカーかそれ以外か
  • 初度検査より年月経過の度合い

例えばの話ですが、普通自動車の重量税で
最安値の2,500円に該当するのは次のような
条件を満たしたものになります。

  • 車両重量が500キログラム以下
  • エコカー減税50%適用

車の大きさが多少大きくても、エコカーで
あるだけで、かなりお値引きされます。

そう、エコカーであるだけでお得なのです。

逆に最高値である、75,600円に該当するのは
のような車になるのですが、ちょっと
ありえないので、参考までに。

  • 車両重量が2,500から3,000キログラム
  • エコカーではない
  • 初度検査から18年経過している

まあ、なんて家計に優しくない車でしょう。

ここまで乗り潰したらもはや、笑うしか
ありませんね。

検査手数料

最後に検査手数料です。

ここであげる金額というのは、新車が受ける
初度検査ではなく継続車検の金額に
なります。

  • 普通自動車の場合1,800円
  • 軽自動車の場合1,400円

と、400円しか差がない、という結果に。

このお金に関しては、現金ではなく
窓口で、印紙を購入して支払います。

以上が、ユーザー車検に必要な費用です。

まとめ

いかがでしょう?

ユーザー車検はかなりお安く、物によっては
本当に、安くあがります。

単純に計算してものようになります。

  • 普通自動車…32,140円から105,240円
  • 軽自動車…30,270円から36,570円

これだけ見ると、ディーラー業者
支払う、50,000円から60,000円がちょっと
バカらしく思えてきてしまいますね。

ただ、自動車も消耗する部分があります。

上記の金額にさらに、場合でタイヤ代
オイル交換などの経費、これを見て
40,000円から50,000円余計に準備しましょう。

普段から車の不具合を点検しては、修理
している知人は、この車検方法
食いつきました。

車検まで1ヵ月は余裕があったので、車の
大きさや重さなどを確認して、おおよその
金額を準備して2週間後、車検に行きました。

結果は、見事にパス

タイヤも交換したばかりだった、なので
雑費というのは使わずに済み、帰りに
母の好きなケーキを買ってくれました。

今回、ユーザー車検を教えてくれたお礼
だそうです。

ありがたく、頂戴し、家族で美味しく
いただきました。

あなたも、車検を控えていますか?

もしも、日々の整備自信があるのならば
1番安くあがる、ユーザー車検を受けてみては
いかがでしょうか?

浮いたお金をつもり貯金、なんてことも
できますよ。

あなたにとっての最善の車検を、選んで
車との生活を楽しみましょう!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ