スポンサーリンク

美容院が初めて!髪型を男性の場合こう伝えるとベスト!

中高生ぐらいの男子が、おしゃれに目覚める
第一歩といえば、髪型ですよね。

我が家の男子高校生も、最近そんな気配が。

cede82d82acb70cd0c77853addbb9790_s-200x300

今までは、寝癖だけ直して登校してたのに、
髪の毛のセットに、やたら時間がかかる。

そんな我が子、先日友人と一緒に、初めて
美容院に行ったのですが、どうも浮かない顔。

どうやら、初めての美容院に緊張してしまい、
自分の要望をうまく伝えられなかったんですね。

この話を、私の行きつけの美容師さんにしたら、
髪型の伝え方には、コツがあるとのこと。

初めての美容室で、髪型のオーダーをうまく
伝えるには、男性の場合こうしたらバッチリ!

馴染みの美容師さんのアドバイス
こっそり紹介しますね♪


スポンサーリンク


イメージを伝えるオーダーの仕方

息子の場合、美容師さんに以下のように
伝えたようなんです。

「これぐらいの髪の長さで、大体こんな
雰囲気で。」

4360958309c8245b48a656056e3c893e_s-200x300

ほぼジェスチャーで伝えた、とのこと。

これだと、自分でなりたいイメージが相手に
伝わりにくいですよね。

言葉って、人によってイメージさせるものが
違ってきます。

自分のイメージを、正確に伝えるためには
こんな方法がありますよ。

写真を見せる

お互いのイメージを共有するには、視覚からの
情報がわかりやすいんですよ。

美容師に、どんな髪型にするのか、ゴール
明確に理解してもらうには、写真が一番!

雑誌の切り抜き・ネットの画像などの情報を
見せるだけで、おおよそのイメージ
つかむことができます。

086819ff7859923459c4cf3bb89b826c_s-300x225

美容師さんにとっても、写真があると助かる
とのことです。

お客様のなりたいイメージと、その髪型を
どのようにして、お客様に合わせていくのか
重要な手掛かりとなります。

人それぞれの髪質やクセなど、様々な要素
踏まえた上で、一番似合うように考えることが
できるんだそう。

「雑誌の切り抜きなんて、恥ずかしくて
持っていけない!」

なんて、年頃の男子はきっと思うはず。
でも、それがカッコよくなる近道なんですよ♪

相談の糸口を作る

初めての美容院・美容師なら、当たり前ですが
相手にとっても、初対面なんです。

美容師さんとの話の中で、理想の髪型に
近づけるように会話をしてみましょう。

初めての美容院だと緊張しますよね。

しかし、美容師さんにとっても、この出会い
次につながるように、頑張るんだそう。

お客様の期待に応えて、次回の指名も取りたい、
そんな気持ちもあるんですね。

写真つきのオーダーでも、作業が進むうちに
方法を変えていかなければならない場合も
あります。

美容師さんから、質問を投げかけられることも
ありますが、できれば自分から情報を発信して
いきましょう。

  • どんなファッションが好きか
  • どんな雑誌を読むのか
  • 髪質・クセ
  • セットでの悩みなど

自分の好みを知らせることで、方向性が見えて
くるものです。

まとめ

オーダーを正確に伝えるためのポイントには
こんなことがありますよ。

私の行きつけの美容師さんによると、

  • 写真は、是非とも持ってきてほしい。
    ネットのヘアカタログの画像を、携帯に
    保存して見せる人もいる。
  • どんな雰囲気が好みなのかを教える。
  • してほしくない髪型を教えてほしい。
  • 芸能人に例えられてもピンとこない。

やっぱり行きつくところは、会話の中で
情報を頭に入れることなんだそう。

無駄な世間話が苦手な人もいますよね。

しかし、美容師さんに理解してもらうために
自分の髪の毛の情報を伝えることは
大事なポイントですよ。

息子の次回の美容院には、写真を持参して
行かせることにします♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ