スポンサーリンク

紫外線をカットできる帽子の色は?オススメの種類と素材!

夏の日差しが強くなると、
紫外線が気になります。

公園やレジャーによく出かけるので、
紫外線が強くなる前に
帽子を買いに行きました。

紫外線の気になる季節になるため、
欲しい帽子の色が色々あって、迷ってしまいます。

購入するなら、しっかり
紫外線から守ってくれる帽子
欲しいですよね。

色も多いですが、種類や素材
色々あります。

でも、どんな色の帽子が
紫外線から守ってくれるのでしょうか?
また、種類や素材はどれがいいでしょう?

紫外線から守ってくれる
帽子のと、種類や素材を調べました。


スポンサーリンク


紫外線をカットしてくれる色は?

紫外線をカットしてくれる色は
何色でしょう?

実は「黒色」が一番紫外線を
カットしてくれます

順番でいうと、

ブラック → ターキス → イエロー  
  → ピンク → オレンジ → オフホワイト

となります。

色が濃い色の方が、
紫外線をカットしてくれます。

UVカット加工されていない帽子で、
黒い帽子は、白い帽子の
2倍近く紫外線をカットしてくれます。

しかし、UV加工の帽子では、
黒ほどではありませんが、
どの色も遮断率が高くなります

黒い帽子は苦手という方は、
UV加工されたお好みの色
帽子を選びましょう。

紫外線から守ってくれる帽子の種類は?

紫外線から守ってくれる帽子は、
どんな帽子でしょうか?

紫外線のカットされる率が高い形状は、
四方につばがあるハットです。

しかし、つばの長さが短いと、
逆に紫外線を浴びてしまいます

つばの長さは、長い方が良く
10センチ以上のものを
おすすめします。

キャップなどを選ぶ方も、
つばの長さが長いと、
紫外線の遮断率も高なります

キャップの場合も、
つばの長い帽子を選びましょう。

紫外線対策で帽子を選ぶ際は、
ハットつばの長い帽子
おすすめです。

紫外線をカットしてくれる素材は?

紫外線をカットしてくれる帽子を
見つけるためには、素材も需要です。

素材で、紫外線を通しにくくするものは、
目のつまった織り方をしてある
厚い生地の素材です。

ポリエステル、ビニロン、羊毛
紫外線を通しにくい素材になります。

それを上回る
紫外線の遮断率が高いものは、
UV加工してある素材です。

紫外線対策として、帽子を選ぶ際には、
UV加工してある素材を選びましょう。

逆に夏に涼しい素材
綿、絹、レーヨンは
紫外線を通しやすい素材になるので、

紫外線を防ぐ素材としては
おすすめできません。

UV加工された帽子
紫外線対策に良い帽子だとわかりました。

しかしUV加工された帽子は、洗濯しても、
効果はそのままなのでしょうか?

UV加工された帽子の注意点

UV加工には、練りこみタイプ
コーティングタイプがあります。

練りこみタイプは、織りあげる前に、
セラミック直接糸に練りこんであるため、

繰り返し洗濯しても、
UV加工の効果は、
ほとんど変わりません

それに対し、コーティングタイプは、
出来上がった製品に、紫外線を反射する
コーティング剤を吹き付けてあるので、

繰り返し洗濯することによって
UV加工の効果はだんだんと
薄くなってきます

長く使用したい方は、UV加工の生地でも、
練りこみタイプのものをおすすめします

まとめ

紫外線をカットしてくれる帽子は、
ハットで、つばが10㎝以上ある

UV加工された素材黒い帽子が
一番、紫外線の遮断率が良いです。

また、長く愛用したい方は、
UV加工練りこみタイプのものを
おすすめします

紫外線対策は、晴れた日ばかりでなく、
曇りの日や雨の日必要です。

太陽が出ていなくても、
しっかり紫外線をカットしてくれる帽子
紫外線対策をしましょう


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ