スポンサーリンク

砂場の作り方を知りたい!庭にも簡単に作れる?

息子と一緒に、近所の公園に遊びに
行った時のことです。

息子は5歳になるので、周りの子と
砂場で山を作ったり、水をかけたり
型はめ遊びをして、楽しんでいました。

d893f77efe6ba7910cab2908618660a0

私は、そばのベンチでひなたぼっこを
しながら、その様子を見ていました。

同じ、砂場では息子より少し小さな
男の子が、お友達と一緒に遊んでいるかと
思いきや・・・。

その子のお母さんが、
ママ友さんにぼやいているのが、
聞こえてしまったのです。

『うちの子、せっかく公園に来てもいつも
1人で砂遊びしてるだけなの。
なのに、1日に何度も公園に行きたがるの。

いっそのこと、家の庭に砂場を作ろうかって
本気で考えたわ!』

おぉ!それは良いアイディアじゃないか!
私は思わず心の中で、叫んでしまいましたよ。
庭なら、我が家にも猫の額ほどの庭がある!

小さい子どもがいて、
家に少しでも庭があるなら、
庭に砂場があったら、どんなに助かる事か!

もとい、子どもも楽しめる事か!
そう考えると、私も他人事のように
思えなくなって、つい調べてみましたよ。

庭に砂場を作る方法を。
きっと、楽しい砂場が出来るはず♪


スポンサーリンク


①下準備をする 水はけを良くしよう!

公園の砂場には、ほとんどの場合、排水管
設置されていて、地下等に雨水が流れ出る
仕組みになっています。

でないと、雨が降った後にいつまでも
ビショビショの状態が続く・・・という
悲惨な事になりますからね。

ただ、一般家庭の庭から、勝手に排水管を
どこにでも通せるわけではないので、
ここでは、除草シートと石と砂を準備します。

まずは、庭面積に応じて適度に砂場面積を
決める
のですが・・・。

あまり広くしてしまうと、次の、
石と砂を入れる工程が、大変になるので、
さじ加減が難しい所でもあります。

広くても、80cm四方位
が、妥当でしょう。
大体、江戸間の畳の短辺より少し短い位です。

それから、穴を掘るのですが、石と砂
使うので、最低でも20cm位は、
掘り進んでいきましょう。

次に、除草シートを張ります。
防草シートとも呼ばれますが、同じ物です。
素材は、水はけの良い不織布等がオススメです。

これは、言うまでもなく、砂場に雑草が
生えないようにする為の物です。

②囲いを作ろう

公園の砂場は、大抵がコンクリートで
囲われていますが、庭では大変ですね。

という訳で、ここでは3つの案をご紹介します。

レンガ:組みやすい。
     ただ、つまづいた時に怪我しやすい。
ブロック:同上。
木材:はめる作業が大変。防腐処理が必要かも。
    ただ、つまづいても怪我をしにくい。

どれも、価格や安全面、作業効率の面で
一長一短があるので、
各家庭で、一番合う方法をオススメします。

DIYが得意な場合は、
木材が一番お勧めですが、

そうでない場合は、レンガやブロック
深く埋め込む方法が手軽で、お勧めです。

③仕上げ

いよいよ、石と砂の投入です!

まずは石。水はけの良い砕石がオススメです。

砕石は、線路の下や駐車場にも敷かれている
石の種類で、水はけが良いので、
砂場の基礎作りにも適しています。

因みに、砂利とよく勘違いされるのですが、
砕石は角がある為、踏み固められますが、
砂利は角がない為、基礎には向いていません

大きさは、RC-40という規格で、粒が
0~40mm位のものがオススメです。
砂~小石サイズの物が混ざった状態です。

これを10cm程敷いたら、次は砂です。
これは、川砂がオススメです。
洗い砂と呼ばれる物もありますが、同じです。

『砂場用の砂』として、川砂を熱加工して
販売されている物もありますが、高価なので、
普通の川砂でも十分かと思います。

最後に、子どもが砂場を好きなように、
猫も砂場が大好きです(笑)。

お風呂の蓋のような物で構わないので、
覆いをしておくと、衛生的でしょう。

おさらい

砂場を庭に作る時に、必要なものを
まとめておきます。

・除草シート(場合によっては不要)
 参考価格:1m×1.35m 約800円

・囲いの材料(レンガ・ブロック・木材等)
 参考価格:レンガ・ブロック各1個 約100円
      木材 2×4建材 3m 約860円

・砕石と川砂
 参考価格:砕石60L≒100Kg 約9,500円
      川砂60L≒100Kg 約2,500円
 
・必要であれば、蓋のような覆いや、
囲いを作る際に必要な金具など。

これらはいずれも、ホームセンターや
ネット通販で購入できる物ばかりです。

ただ、砕石は、ホームセンターには置いて
いない事が多いので、建材店か、
ネット通販での購入をお勧めします。

また、参考価格(税込)は、私の近所の
ホームセンターで調べた物ですので、
もっと安く、調達できるかもしれません。

さいごに

調べてみて思ったこと。
作ろうと思えば、砂場って家の庭にも
簡単に作れてしまう
んですね。

これなら、幼稚園から帰った息子が
いつでも遊べそうなので、
今度、作ってみようかと思います。

DIY、大好き!というパパやママ!
ぜひ、オリジナルの砂場を
庭に作ってみませんか。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ