スポンサーリンク

滑舌を良くするトレーニング法!ラ行を克服する3つのポイント!

笑うに笑えない、エピソードです。

休日、慌てて外出しようとした友人が、
肌寒いのに気付いて、高校生の娘さんに
トレンチコート、持ってきてくれる?』

と、玄関先で頼んだそうです。

しかし、娘さんが持ってきた物は・・・。
何と、電池コードだったのです!

そんな物を、頼んだ覚えがない友人は、
当然、娘さんを叱りました。
でも、娘さんには確かにそう、聞こえたのです。

その話を聞いた私は、友人にも非があるな、
と心の中で、思いました。
私も、友人の滑舌悪さは、感じていました。

特にラ行!

ダ行と混同しやすいのです。
友人の為にも、何か良いトレーニング法が
ないか、調べてみる事にしました。


スポンサーリンク


ラ行の発音

ラ行とダ行の始まりの音、いわゆる子音
発音する時、口の中で舌先のつく位置
異なります

ラ行の場合、舌先を、上の前歯の、裏側の
歯茎についた後、勢いよく
上あごから離し、母音に移ります。

ラ行の基本的な発音を、動画で
確認してみてください。

トレーニング法

ラ行の、基本的な発音方が分かったところで、
舌を動かす、本格的な練習に入りましょう。
ここでは、3つのポイントを押さえていきます。

舌を勢いよく動かす

舌先を歯茎に付けて、勢いよく、上あごから離す。
これが、まず第1のポイントです。

決して、舌のふち全部を歯茎に
付けないでください。
そうすると、ダ行に聞こえやすくなります。

舌を、勢いよく離すのが苦手な場合、
舌の筋肉を鍛える、というのも
効果的な、トレーニングです。

  • 口を閉じたまま、舌をぐるぐる回す(5周位)。
  • 『べー』と舌を大きく出したまま、10秒以上、保つ。

結構、疲れることに気付くと思います。

舌の力を抜く

舌を勢いよく動かす、と言いましたが、
力みすぎていては、逆効果です。
余計な力は、抜きましょう

これが、第2のポイントです。

舌の力を抜いた状態で、勢いよく上あごから
離す事が、大切なのです。

舌の力が抜けているかどうか、
下記の練習法で、試してみてください。

  • 『プル・プラ』を3回繰り返す。
  • 『プルル・プララ』を3回繰り返す。

これが上手く言えたら
余計な力が入っていないと、言えるでしょう。

息の流れを止めない

ラ行が、ダ行に聞こえてしまう場合、
息の流れが、口の中で
止まっているかもしれません。

ダ行が、息の流れを止めて作る『破裂音』に対して、
ラ行は、息の流れを止めずに発音する
音だからです。

第3のポイントは、

リラックスして、息の流れを止めずに
舌の位置を確認しながら、滑らかに
発音してみましょう。

さいごに

友人にさりげなく、調べた事を伝えたら、
本人も、滑舌の悪さを自覚していたようで、
素直に、受け入れてくれました。

修羅場にならずに、ホッとしました。

ただ、そんなこと言われたって治すのは、
難しい!とも、言われました。
確かに、そうですよね・・・。

そこで、慰めになるかわからないけど、
こんな早口言葉を、教えてみました。
『さっぽろラーメン、とろろいも』。

これを最低3回、繰り返すと、巻き舌
できるようになる、と聞いた事があるので、
ラ行の練習にもなるかなと、思ったのです。

さて、成果の程はいかがでしょう。
少なくとも、友人と娘さんの親子喧嘩だけは、
なくなってほしいものです。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ