スポンサーリンク

年下の上司に怒られて辛いから逃げる?その前にしたい4つ打開策!

私の友人は、契約社員ですが、
上司になる男性は年下
一回り以上の年齢差があります。

契約更新して、2年目からその年下の上司の
直属の部下になりました。

仕事をするようになって、3か月目、
微妙な意思疎通のズレで、
距離を感じているそうです。

ほかのスタッフのいる前で、
嫌味を言われたり、大声で怒られたり、
これまでの彼女には、経験のなかったことです。

ひとり思い悩んでいると、相談されました。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s-300x200

日々の嫌がらせで、もチクチク痛んだり、
オフィスに行くのも、嫌になっていると言います。

彼女の悩みを聞いて、一緒に対応策
講じてみることにしました。


スポンサードリンク




年下の上司と合わないのは仕事以前の問題!

彼女の今の職場では、事務系の仕事を任されています。
逐一、その上司に仕事の報告をしなければなりません。

メール文や会議のまとめなどを、チェックされて
指摘されるまでは良いのですが、
修正しても「駄目だな」を繰り返されるばかり。

初めは指導されることに、自分の力不足と考えて、
素直に聞いていたのですが。

いちいちの指摘に加えて、人前で聞こえよがしに
怒鳴るなど、エスカレートしていくのです。

さすがに彼女も、途中から「何か、おかしい!」、
これは単なる指導ではないと、思い始めたというのです。

ジワジワと継続的に続く、精神的ないじめ、
例えば、聞いても無視されたり、見下す態度をとるなど
精神的暴力では?と、言えるものです。

ふだんから下記のような行動があったといいます。

  • 何をやってもダメ、能力や人格を
     否定するような態度をとる。
  • 周りに、聞こえるように嫌味を言う。
  • 苦情でもあるかのように、机に書類をドサッと置く。
  • 無視するような態度をとるようになる。
  • 必要な情報を与えず、仲間外れにしようとする。

a0002_002241-300x198

近頃では、「セクハラ」「パワハラ」の意味も
社会的通念として理解されてきました。

一方で、言葉や態度または素振りや文章などを
武器に、部下に苦痛を与えるという「モラハラ」なる
精神的暴力も、目立って聞きます。

どうも、彼女の上司はこの新たなハラスメント
に似ているようでした。

良き相談相手を見つける!

職場に行くのが辛いとか、
上司から逃げたい、と思うほどならば、
職場に合わない、ということもあるでしょう。

ただし、自分でも方法があれば、積極的に
打開策を見つけるようにしましょう。
たとえば、

  • 自分は「ダメ」だと、自分を責めない
  •   普通であれば、叱られること=自分に非
      があると思いがち、そこで立ち止まらない

  • 職場内での良き理解者を持つこと
  •   自分が、今置かれている状況を
      共有できる人を、見つけて相談すること
      同期や信頼できる上司など。

  • 職場外に相談者を持つこと
  •   自分の気持ちを、共有できる人の存在が大切。
      家族や友人、カウンセラーなど。

  • 時には意思表示をする
  •   我慢することイコール、言いなりになりやすい人、
      と見られかねないので、時にはNGを出して
      自己主張することも大切。

一つの会社や職場にこだわり、現状で
何とかしようとしても、改善されず、
つらい状況になることも予想されます。

後の最終結論として、「逃げる」ことも
一つの手段として、考えに入れておくべきです。

聞こえは悪いですが、「逃げる=転職」は、
悪意ある上司と関わらないで済むなら、
ベストな選択と言えるかもしれません。

まとめ

究極の選択肢「逃げる=転職」というのは、
その人、その時の状況にもよります。

家族がある人、弱者を支える人など、
そうそう簡単には、職場放棄できない
という場合があります。

そのような時には、信頼できる上司や
労働基準監督署なりに、
相談することもいとわずです。

彼女の場合は、1年という契約社員
あったことが、幸いしていました。

年下の上司に怒られたり、無視される以外では、
スタッフ同士の摩擦もなく、相談できる人には
状況説明をして、気持ちを早期開放できたのです。

次の転職へ切り替えが早くでき、
また新たな職場で、バリバリ仕事ができそうだと
明るく話していました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ