スポンサーリンク

小学校低学年で読ませたい本は?おすすめの3冊はこれだ!

小学生の低学年で、読ませたい本って
 何かある?」

こう聞いてきたのは、友人のAです。
そこの長男が、今年小学生になり
そろそろ、本を読ませたいとの事

293303

どうして、そんなに本を読ませたいのか
聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

「子供が悪戯ばかりして、落ち着きがないの
 この前の懇談会の時も、その事を注意されて
 少しでも本を読ませると良いと聞いたから。」

なるほど。
それは気になります。

で、一年上の子を持つ私に相談と言う訳です。

それと、私自身は本をよく読む方なので、
何かいい本を知っていないかと言う訳です。

とはいえ、私の好みの本ばかりでは
バランスが悪いと思ったので、ママ友にも
色々と話を聞いてみました

その中で、多くの人が「これは良い!」
言った3冊の本をご紹介します。


スポンサードリンク




3冊のオススメの本

出来れば、小学生の低学年の間で
読ませたい本と言う物があります。

人の気持ちを考える物であったり
世界観を広げる物であったり

これから興味を持ってもらいたい事であったり
読んでもらいたい気持ちは、色々です。

227282

今回は、初めての読書で、本の楽しみを
知ってもらって
、これから本を読みたくなるような
そんな本を選んでいます。

セロ弾きゴーシュ

宮沢賢治の名作ですね。
心豊かになれる本だと思います。

ストーリーも、いろんな動物達との
触れ合いが元になって、ゴーシュの
成長
を描いています。

因みに私の家の息子君は、この本を読んで
色々な本を読もうと思ったそうです

特に最初の猫との関わりが、面白かった
と言ってました。

二人はともだち

がま君とかえる君のお話で、お互いを
思いやる話ですね。

読んでいて、心温まる話になっています
ただ、優しいのか意地悪なのか
分からない所もあります。

けど、相手の事を思いやる事
感じてもらうには良いと思います。

特に、うちの子の場合、おてがみの話は
妙に面白かった様で、読みながら
笑っていました。

あたまをつかった小さなおばあさん

とても貧乏だけど、アイデアマンで問題を
解決する話ですが・・・

この出てくるアイデアが、ユーモアたっぷり
というより、本当にそれで解決する?と
思えるようなものです。

ただ、問題に直面した時に、出てくる答えが
面白いので、ワクワクして読めます

うちの子も、ワクワクして読んでました。
読み始めるまで、少し時間が掛かりましたが
読み始めたら、読破するのは早かったです。

子供も、夢中になる事が出来る
面白い内容です。

さいごに

本を読む事が、好きになってくれれば
と思って、読ませようとします。

でも、子供って自分に興味のない物には
とことん、やる気が出ないですよね

そんな時に「本を読め!」と言っても
逆に本が嫌いになってしまいます

なので、本を読ませる最初の頃は
親が一緒に読み聞かせる様な感じから
始めると、良いと思います

息子は、あまり本は好きではないようですが
たまに、「この本読んで!」と言って
本を持ってきていました。

どうやら、読むのは好きじゃないけど、
聞くのは大好きな様です。

なので、我が家では、いつも一緒に読んで
息子に読ませる所を増やして、今では
一人で読める様になっています。

まぁ、でも、本が好きかと言うと、
あまり好きではないようですが・・・


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ