スポンサーリンク

古文の助動詞の意味はどうやって覚える?こんな覚え方なら楽にできる!

私は古典が大好き。

枕草子、徒然草、源氏物語など、
名作と呼ばれるものは、
ほとんど読んでいます。

特に好きなのは源氏物語です。

絶世の美男である光源氏が、
もしも現代にいたら、
どんなイケメンだったのか?

想像するともう楽しくて
しかたありません。

古典には過去の人の考え知恵が、
たくさん詰まっています。

それを原文で読めたら、
もっと理解共感できるのになと、
思います。

でも悲しいことに古文は原文では、
読めません。

現代語訳が付いているものでないと、
読めないのです。

それは古文の助動詞の意味が、
よくわからないからです。

sa4-0026-00191ec-300x159
古文には助動詞が28種類あって、
それぞれ意味があります。

たとえば推量の助動詞「む」「むず」には、
推量、意志、勧誘、適当、仮定、婉曲と、
意味が6つもあって覚えきれません

うーんどうしたらいいかしら?

そういえば姪が学校の授業の中で、
古典が一番好きといっていたのを、
思い出しました。

そこで、姪のA子に頼んで、
助動詞の意味の覚え方を、
教えてもらうことにしました。

私「A子ちゃん、古典得意ってきいたけど、
  どうやって古文の助動詞の意味を覚えるの?」

姪「古文の助動詞の意味の覚え方?

 私のやり方でよかったら紹介するわ。

 参考にして。」

A子は早速覚え方を教えてくれました。


スポンサーリンク




語呂合わせで覚える


たとえば推量の助動詞「む」「むず」は、
推量、意志、勧誘、適当、仮定、婉曲と、
6種類あります。

語呂合わせをすると覚えやすいので、
頭の文字を一文字ずつとって、
「すいかかえて」と覚えます。

同じように推量の「べし」も、
推量、意志、可能、当然、命令・義務、適当と、
6種類あります。

こちらも語呂合わせで、
「すいかとめて」と覚えると覚えやすいです。

また同じく推量の「らむ」は、
現在の推量(~しているだろう)、

現在の原因推量(どうして~だろう)、
伝聞(~とかいう)、婉曲(~ような)と4つあります。

これも語呂合わせで、
「らむちゃん現在はスゲエデ」と覚えます。

これはあくまでも一例なので、
覚えやすい語呂合わせをつくってみると、
楽しく覚えられます。

声に出して覚える


もう一つは、声に出して覚える方法です。

リズムよく声を出して助動詞の活用を覚えて、
そのあとから意味を勉強すると、
さらに覚えやすくなります。

過去の助動詞「けり」を覚えるときは
「けり、けら、○(まる)、けり、
けら、けれ、○(まる)」と口に出します

(○は無いという意味です。)

そのあと助動詞「けり」の意味の、
「過去」(~た)と「詠嘆」(~たのだなあ)を覚えます。

五感を使って覚えると、
脳に印象を深く刻むことができ、
暗記がしやすくなります。

読むことで視覚を使い、
話すことでさらに聴覚を使うことが
できます。

特に、話す行為は、
非常に脳を使う動作なので、

脳に深く刻み込み、
暗記がしやすくなります。

まとめ


ph28-2-1-300x225
姪は古文の授業中に、
助動詞の活用表を常に手元に置き、
こまめに見て覚えていたそうです。

また時間があれば、
声に出して活用や意味を、
覚えていたそうです。

そうした努力が実り、
いまはほとんどの古典を、
原文で読めるそうです。

わたしは姪に教えてもらった方法で、
助動詞の意味を覚えるようにしました。

以前よりは、古文の理解が進んで
かなり原文で読めるようになってきました。

原文を読むことで、さらに
古典の奥深い世界を感じています。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ