スポンサーリンク

化粧品の収納方法!お悩み解決のための3つのポイント♪

細かいものが多くて散らばる、散らかる、片付かない……化粧品の収納って、けっこう悩みますよね。

長年、「まあ、いっか」で済ませてきましたが、いやいや、散らかしっぱなし、ごちゃごちゃのままではいけない!と一念発起。

なるべくお金をかけず、朝の身支度のとき慌てないようにきちんと整理整頓できて、さらに見た目もきれいに可愛らしく収納したい!

化粧品のようにコマゴマしたものをシュッと収納する方法について、ポイントやコツを調べてみました!


スポンサードリンク




方法(1)「中身が見える収納」を心がける

とにかくもう、細かいものがバラバラと散らばりがちな化粧品の収納

すぐ取り出せるようにしておきたいところですが、かといって机の上引き出しの中広げておくわけにもいきません。

そこで是非、活用していきたいのが、アクリルやプラスチック製の「透明ケース」

重ねて使う小物収納品や引き出しタイプのものなど、無印良品や100円ショップなどでも、いろいろ手に入りますよね。

ブラシやアイライナーなど細長いものも、立てて収納できるタイプのプラスチック容器を活用すれば、がぜん取り出しやすくなります。

アクリルやプラスチック容器なら、汚れたらザザザッと洗えばいいし、一挙両得

大きさや形も、いろいろありますから、狭いスペースを有効活用するときにも役立ちます。

化粧品は色が鮮やかなので、どこに何があるか一目でわかるようにしておけば、すぐ取り出しやすいし、結果、散らからずに済むようになりますよ!

方法(2)文房具などの収納用品も活用する

化粧品の収納のときに、意外と使えるのが「ペン立て」「ペンケース」

あと、釣り具や工具、薬などの収納に使う、こまごましたものを入れる小引き出し工具入れ

キッチン用品の中にも、化粧品収納に使えそうなアイテム、いろいろありそうです。

数ある中でも注目したいのは、やはり文房具の収納用品。

特にペンケースは種類も豊富だし、最近のは中身がたっぷり入るものが多いので、これを活用しない手はありません!

大き目のペンケースで、ガバッと大きく口が開くタイプのものは、大きめのブラシや、チークやコンシーラーなどを揃えてしまっておくのに超便利。

さらに、くるくるっと巻いて収納するタイプのペンケースは、毛先がケバケバしがちなブラシ類にオススメです。

異なる色や柄のペンケース類にいくつか分けて収納してまとめて置いておけば、わかりやすいし、見た目もスッキリします。

化粧品専用の収納用品だけでなく、他の分野の収納用品にも目を向けてみてください!

方法(3)同じケースを3つ以上並べる

散らばる化粧品類を整理整頓するだけでなく、見た目もおしゃれに収納したい!

アクリルケースや小引き出しなどを組み合わせて収納すると、どうもアンバランスになりがちで……。

100均などの小物類を組み合わせて収納コーナーを作る場合には「同じケースを3つ以上並べる」と、見た目もスッキリ、おさまりがよくなりますよ。

例えば、コットンとパフとティッシュ……ほっとくとどんどん散らばるし、散らばってるとみっともない

そんなときは、100均で、フタ付きのビンプラスチックケースなど、同じものを3つ買ってきて、それぞれを入れて、並べて収納してみてください。

異なる色や形の容器に入れて並べるより、色や形が揃ってるだけで、ずっとスッキリおしゃれに見えるから不思議です。

6004

100均なら、同じものをたくさん揃えて買うことができるから便利ですよね。

いろいろ選べるし。

見た目をすっきりさせたいなら、収納用のケースや入れ物の色や形を揃えて3つ以上並べてみてください!

まとめ

調べてみると、ちょっとしたことですが「なるほど!」と思うことがいろいろあって勉強になりました。

そこで、自分でも、以下の3つのポイントに絞って、手持ちの化粧品の片付け・収納を、現在鋭意実践中です!

・中身が見える透明タイプのケースをセレクト
文房具や工具入れなど他の収納グッズも活用
・入れ物の色や形を揃えてスッキリ見せる

まだ数日しか経ってませんが、透明タイプのケースが実力発揮してくれていて、今のところ、散らかることなくスッキリ収納できてます!

大きな家具を持っていなくても、ポイントを押さえていけば、小物の組み合わせだけでもスッキリ収納は可能です。

是非、試してみてください!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ