スポンサーリンク

ロードバイクに乗ってみたい!初心者におすすめは?

毎朝、日本で一番混んでいるんではないかと
思われる電車で通勤しています。

職場に着いたときにはどっと疲れている
気がします。
仕事をする前にひと仕事してきたような感じ。

なので私の「おはようございます」の挨拶も、
色々引きずった感じで
爽やかじゃないんだろうな、と思います。

それに比べて同僚のA子さん、
いつも爽やかな笑顔で出社されます。

てっきりお近くにお住まいで、
電車とは無縁なのかなと思いきや、
普通に電車通勤の距離。

けれどよくよく聞いてみると、
実はご自宅から10kmほどの道のりを
ロードバイクで通勤されているんだとか!

朝から良い運動をした後だったとは。
あの爽やかさもうなずけます。

満員電車を回避して、さらに健康的
これはかなり素敵な通勤手段です。

実際自分に出来るかどうかはさておいて、
ちょっと調べてみることにしました。


スポンサーリンク


ロードバイクってどんなもの

ロードバイクは、舗装された道路を高速で、
長時間走るための自転車
です。

タイムを競うレースや長距離走行を目的と
されているので、重量も走行感も
「軽さ」が特徴です。

一般的な「ママチャリ」は18~19キロの
重さがありますが、対するロードバイクは
10キロを切る
程度。

長い距離を走行したり、坂道や悪路を走破
したり。またのんびりと気軽にぶらぶらと。
その楽しみ方は色々です。

お値段は?

ひとくちにロードバイクといっても
ピンからキリまであるようで。

予算を決めないと天井知らず。
中には200万円近くするもの
あるんだとか!

これはもう、自転車ではなく
自動車の値段ですね。

でも、初心者用のものなら10万円以内
ものもあるようです。

そこで、初心者でも入りやすい、
5万円程度のもの
を、同僚のA子さんに
紹介してもらいました。

【Art Cycle Studio A660】
日本製。圧倒的なコストパフォーマンスを
誇るロードバイク。5万円以下という
リーズナブルな値段ですが、

ネット通販がメインのため、
自分でメンテナンスすることを
求められます。

公式サイト:http://www.rakuten.co.jp/artcycle/?scid=af_pc_etc&sc2id=342422785

【momentum iWantR-1】
細いタイヤとハンドル。軽い走りを体験
できる。全国のイオンでメンテナンス
出来るという安心感もあり。

公式サイト:http://www.rakuten.co.jp/artcycle/?scid=af_pc_etc&sc2id=342422785

選び方の注意

初心者が初めてのロードバイクを選ぶとき、
考えておきたいのが以下のポイント

  • ウエアやシューズなども含めただいたいの予算
  • 用途(通勤、長距離用、レース用など)
  • ブランド
  • 色合い
  • どのショップで購入するか

ロードバイクにはメンテナンスが大切なので、
購入したお店とは長い付き合いになることも。

通いやすい範囲にあるお店
購入するのが良いかもしれません。

初心者向けのロードバイク、エントリーモデル
を展開しているブランドがあるようなので、

そんなラインアップから
選んでみるのも良いでしょう。

購入する際、ペダルが付いていないものもあり、
別売りのペダルが意外と高いことがあります。

初心者であれば普通のフラットペダルでも
よいのですが、

長い距離を走行する場合は、ペダルと靴の底を
固定する「ビンディングペダル」
の方が
効率よく早く漕げるため疲れにくくなります。

さいごに

普通の自転車に比べると
メンテナンスが大切なロードバイク
自動車に近いイメージです。

事故やトラブルの備えは十分したいですね。

パンクなどのトラブルに、
お店が開いていない時間でも対処できるよう、

小さな空気入れや交換用のチューブを携帯する
など、準備も必要。

基本的に車道を走行するので、
夜は特に走行中は車のドライバーに認識して
もらえるように、

絶対にライトを付けましょう

色々調べたら、
ちょっと身近に感じられるようになりました。

実現に向けて、
前向きに考えてみたいと思います。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ