スポンサーリンク

ペットボトルでエコ工作!子供と一緒に楽しもう!

今やどこへでも、飲み物を持ち歩ける時代

それは、ペットボトルが誕生し、簡単に
蓋をして、「飲み物を、持ち運べるように
なったから」
ですよね。

自動販売機や、コンビニエンスストア、
スーパーなど…。

ペットボトルに入った
飲み物は、どこでも購入することが
できる
ようになりました。

昔は、アルミ缶などの缶容器が、
主流
でしたが、今では、ペットボトルが、
飲み物の容器の主流
です。

544fdef64082933cb2beb6b68bdb417f_s-300x239

しかし、便利になった反面、
たくさんのペットボトル容器が、
捨てられていくことも事実
です。

そのため、ペットボトルの
リサイクル
は、とても、重要なことと
いえるでしょう。

ぜひ、ご家庭にあるペットボトルも、
お子様でも、簡単にできる
エコ工作
で、リサイクルしてみませんか?


スポンサーリンク




簡単!たのしい!ペットボトルボウリング


500mlのペットボトルを、10本使った、
ボウリングです。

作り方は、とっても簡単です。

  • 500mlのペットボトル空き容器 10本

  • 新聞紙 5枚程度

  • ガムテープ 適量

  • 装飾用テープや油性ペン

ペットボトルのラベルを剥がし、
テープなどで、装飾をします。

ボウリングのピンのように、
ラインを数本入れると、いいと思います。

次に、10本のペットボトルすべてに、
水を4分の1程度、入れて、
並べます。

最後に、新聞紙を、数枚重ねて、
丸めていき、ガムテープなどで、
はがれないように、とめます。

これがボウリングの球になります。

これで完成です。ペットボトルを並べて、
新聞紙で作った球を転がして、ボウリングを、
やってみてくださいね。

70a820509b9cf09749b868f678a588f7_s-300x200

なかなか、倒れない場合は、ペットボトルの
水の量を、調節する
ことで、簡単に難易度を、
調整することができます。

オリジナル、エコキャップ回収BOXを作ろう!

ペットボトルの、エコキャップ回収活動は、
誰もが一度は、耳にしたことがあると思います。

f28f14c3d794aa45839e59eb87a253f7_s-300x200

そんな、エコキャップ回収用の、
回収BOX
を、ペットボトルで、作ってみましょう。

  • 1.5Lか2Lのペットボトル空き容器 1本

  • 装飾用の画用紙や油性ペンなど

  • ビニールテープ

  • はさみ

まず、ペットボトルの、上の部分
(斜面になっている部分)
を、
はさみやカッターで、切り取ります。

(親御さんがやってあげましょう。)

注ぎ口側ではない方の、切り口を、
保護するために、ビニールテープを、
貼っていきます。

好きな色の画用紙や、テープや
シールなどを、使って、
デコレーションします。

これで完成です。

ペットボトルのキャップを、このBOXに
入れて、集めてみてくださいね。

さいごに


普段、よく目にしている、
ペットボトル。

私も、毎日、飲み物を保管するのに、
使っていますが、なかなか、自分で
リサイクルすることは、ありませんでした。

ですが、アイディア次第で、
本当は、処分するはずだった、
ペットボトルも、新しい、おもちゃや、道具に

生まれ変わります。


452165d0952b5bf56c8e2ea0a181f908_s-300x200

私自身も、いろんな方法で、
「捨てる」以外のペットボトルの使い方を、
実践してみようと思います。

あなたも、ぜひ、お休みの日には、
親子で、エコ工作、
楽しんでみてください。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ