スポンサーリンク

ヘアカラースプレーのおすすめ3選!使い方とアレンジ方とは?

小3の娘が通うダンス教室では、発表会が間近に迫っています。舞台衣装もママ達が頑張って用意。ママ友が、試しに衣装を着た娘さんの写真を見せてくれました。

衣装も映えるのですが、そのヘアスタイルに目が釘付けに。カラーリングした髪を素敵に編み込んだアレンジ版や、

大振りなリボンの柄を型どった様にカラーリングしたバージョンまで。どうやってアレンジしたのか興味深々の私に、「試しにやってあげるよ。」と娘の髪を発表会前にアレンジして貰う事に。

そこでママ友から、おすすめのカラースプレーと使い方やアレンジ方法をレクチャーして頂きました。


スポンサーリンク


おすすめスプレー3選

先ずは、使うカラースプレー選び。こんな商品をおすすめしてくれました。

  • Re&Doの劇的ヘアカラー自由自在デコレーション
  • 市販の固形石鹸ですぐ落とせて、しかも汗や雨に強いので、服に色移の心配がありません。

    ヘアカラースプレーだと、色付き後にゴワゴワベタベタするのが一般的ですが、こちらは、スプレー後もサラサラの手触りで、カラーリング後にブラシで髪をすくことができ、編み込みなどヘアアレンジが可能です。

    ベタベタしないので、頭皮にも優しい商品の様です。

  • カシワルミーのファンシーメッシュヘアーカラースプレー
  • 11色の色展開で、発色が良いと言う評判の商品です。スプレーが25mlと小ぶりなので、発表会の準備で直前にアレンジするなど、持ち運びに便利

  • エブリのヘアカラースプレー
  • 4色の展開で、ステンシルシート付きが嬉しい商品です。ヒョウ、ゼブラ、ダルメシアン、トラ、ドット柄のステンシルを使って、頭にお絵描き感覚でカラーリングを楽しめます。

カラーリングの仕方

実際にカラーリングをする時に必要な小道具や、手順をママ友が教えてくれました。

準備するもの

  • カラースプレー
  • ケープ
  • 洋服に色がついてしまうのを防ぎます。

  • クリアファイル又は紙
  • 顔に近い部分の髪にスプレーする時に顔をカバーするのに使います。クリアファイルは、適度なしなり具合で顔に沿わせやすいですし、透明で顔と頭皮の境界が見えやすいので重宝します。

  • ゴム手袋
  • ハードスプレー
  • カラーリング後に固めるタイプのスプレーをすると、コーティングされ色付きが長持ちするそうです。専用のコーティング剤もある様です。

  • ドライヤー
  • スプレー後に色をしっかりつける為、冷風をあてて乾かします。

    野外ステージ前などドライヤーが使えなければ、うちわやチラシなどであおいでも良いですね。

使い方

  1. 髪を完全に乾かす。色付きをよくする為に、しっかりブラシで髪全体をとかす
  2. スプレー後に固まってしまうタイプは、カラーリング前に髪型をセットする。
  3. ケープ類で洋服をカバーしたら、スプレー缶をよく振って、頭から20cm程度離れたところからスプレーする。
  4. しっかりと乾かす。ドライヤーの冷風を当てると時短で便利。
  5. ハードスプレーなどを上からかけてあげると、色付きが落ち着きコーティングされる。

ママ友曰く、色ムラが出ない様に髪をしっかり乾かすこと、色付きが薄い場合は、重ねてスプレーをすることがコツだそうです。

カラーリングの応用編

カラーリングにルールはないけれど、色々な小技も教えて貰いました。

  • メッシュで入れたい場合
  • 髪のワンポイントでメッシュを入れたい時は、シャワーキャップが便利。ホテルのアメニティグッズである様なビニール性のシャワーキャップに直径1cm程の穴をあけます。

    シャワーキャップをかぶり、頭全体をカバーしたら、穴からカラーリングしたい分量の毛束を引き出しスプレーします。

  • 前髪の毛先だけを染めたい場合
  • 前髪だけグラデーションで色味を付けたい場合は、前髪を少量ずつ指でつまんでスプレーするを繰り返します。

  • 全体をしっかり色付けたい場合
  • 髪の表面だけでも十分色付きますが、もっとしっかり色味を出して目立たせたい場合は、表面をスプレー後、スプレーした毛束をひっくり返してクリップ留めし、頭皮側の髪をスプレーします。

  • 髪に型抜きの柄を入れたい場合
  • ステンシルシートがあるならそれを使います。お気に入りの柄が市販品で無ければ、紙に自由に絵を描き、カッターで型抜きした紙を、髪にあててスプレーすれば完成です。

  • スプレー後ヘアアレンジできるスプレー場合
  • スプレー後も髪をとかしてヘアアレンジできるタイプのカラースプレーを使う場合は、アレンジの幅が広がります。一部の毛束をカラーリング後、よく乾かして髪をブラッシング。

    カラーした毛束を三つ編みの一本として地毛と編み込むと、リボンを編み込んだ様な仕上がりになります。

  • キラキラ感をアップさせたい場合
  • ラメ入りのヘアカラースプレーかヘアグリッターを使います。下の動画では、髪をセット後にカラーリングし、ワックスをつけてホログラム(ビーズの様なもの)を髪にちりばめ、

    最後にラメ入りカラースプレーかグリッタースプレーで全体をコーティングします。

まとめ

ママ友のカラースプレーの熟知ぶりに感心するばかりの私。娘もささっと髪をセットしてもらい大満足の様子です。

「今日一日だけの髪だから、ばっちりママに写真撮って貰って、帰ったらシャンプー念入りにして貰うのよ。」

とママ友に言われて嬉しそうに頷く娘。スプレー剤は、ホコリなどがつきやすいので、頭皮も息苦しくなりシャンプーでその日のうちに二度洗いするなど、しっかり落とすのが大事な様です。

ちなみにカラースプレーと一緒に使ったヘアワックスなどは、トリートメント剤で髪をパックして時間をおいてから、洗髪すると良いそう。

沢山練習したダンス。娘も当日素敵なヘアアレンジで発表会に臨んで貰いたいなと思いました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ