スポンサーリンク

ビールのカロリーは体に吸収されない?上手なお付き合い

みなさん、ビール好きですか!


407174-300x225

このプチプチした感触と
苦みがたまらない!もう1杯!

なんてお父さん方も多いのでは?
それを見た家族が苦笑

「もう、そんなだから、ビール腹なのよ」
そう言って、指差されたには
ポッコリと、突き出たお腹

それを確認したお父さんが
思わず、しょんぼり

仕方がないじゃないか。

だって好きなんだから!
と、豪語して

ビールのおいしさ
特に、夏の爽快感
熱く語りはじめますが

家族はだれも聞いてくれない

いじけたお父さんがまた、ビールをごくり。

太るのはわかっている
どうしてもやめられない。

そんなふうに、思っている世の中の
お父さんは必見です!

ビールのカロリーの正体
そして、ビール腹の真実
お話しします。


スポンサーリンク




ビールのカロリーって?


お酒と言われてまず思い浮かべるのが
とりあえず生!」でおなじみの
ビールだと思います。

中には大ジョッキ
がぶがぶと浴びるように飲む
猛者がいます。

私などはアルコール度数3%
ジュース酒を150ml

顔面赤まだらの「うへへへ」状態に
なります。

さて、そんなお酒のカロリー
含まれている成分ですが

  • ビール
  • ジュース酒(チューハイ)
  • ウォッカ(カクテル)

で、比べてみましょう。

1.ビール


うちの母がたまに飲むので
キリンさんの「一番搾り生ビール」
参照したいと思います。

カロリーは100mlあたり約42kcal
糖質は約2,6g
プリン体は約8,9㎎

アルコール度数は5%となりました。

2.ジュース酒(チューハイ)


私がほんの気まぐれ
たまに飲む種類のお酒です。

今回はこないだ飲んだ
サントリーさんの「ほろよい(もも)」
を参照します。

カロリーは100mlあたり55kcal
炭水化物(糖質+食物繊維)は9,4g
プリン体は表記なし

糖類(砂糖、ブドウ糖など)が9,15g
アルコール度数は3%となりました。

3.ウォッカ(カクテル)


まだ、若かったころ
口当たりが好きでよく
飲んでいたキリンさんのウォッカ

「スミノフアイス」
参照したいと思います。

カロリーは100mlあたり69kcal
炭水化物(糖質+食物繊維)は9,7g
プリン体は表記なし

アルコール度数は5%となりました。

ちょいと付け足し


ウォッカのところにスミノフと書きましたが
これは正確にはスミノフ・ウォッカ
ベースにしたカクテルです。

本物のスミノフ・ウォッカは
100g240kcal
アルコール度数は40%になります。

間違えて、一気飲みしないように!
急性アルコール中毒で
病院に搬送されますよ!

意外と低いビールのカロリー


こうして比べてみる
ビールのカロリーが
意外と低いことに気づきます。

これはアルコールの量(%)
糖分を足した数値ですので
他のお酒には様々な甘味料が加わり

カロリーを増加させたのでは
ないかと思われます。

エンプティーカロリー?


アルコールのことを調べていくうちに
この謎の単語にいきつき
ついでなので調べてみました。

エンプティーとは
「空っぽ」という意味です。

ですが、エンプティーカロリー
というのは、栄養素が空という意味です。

エンプティーカロリーは
カロリーがない、という
意味ではありません

栄養素が空なのであって
カロリーはしっかりあります

なぜアルコールを調べていて
この単語にいきついたかというと

それは、アルコールが
このエンプティーカロリー
あたるカロリーだからです。

つまり、アルコール自体
高カロリーなのですが、その栄養素は
空っぽ同然ですよということです。

このカロリーの最大の特徴
糖質や脂質より最優先
消費されるということにあります。

つまり体に吸収されにくいのです。

お酒を飲むと体が熱くなったり
汗をかいたり赤くなったりしますよね?

あれはお酒のアルコールのカロリー
体が消費している証拠なのです。

なので、お酒のカロリーに関しては
気を遣いすぎることではない
と、いうことです。

ただ、糖質に関してのカロリーは
そのまま吸収されますので
要注意です。

ビール腹の原因って?


これは、お酒の肴に食べられている
おつまみおかずが主な原因であると
思われます。

あたりめ、チーズ、枝豆や冷ややっこなどは
低カロリーで、体にもいいですが

それが唐揚げやカツ、てんぷらといった
揚げ物パラダイスでは

体は、どんどん重たくなって
いってしまいますよね?

アルコールを摂取すると、人の体は
は、幽門と呼ばれる十二指腸
つながる部分が活発に動き

一緒に、飲み食いしたもの
どんどん十二指腸に送り込みます

特に、ビールでは他のアルコール以上に
この活動が、高速で行われます。

そのため、胃の満腹感がえられにくく
普段よりも多く、ものを食べて
しまいがちになります。

これが、ビール腹の正体

ビールのカロリーと他の
高カロリーなおかずが合わさり
肥満を引き起こしているのです。

お酒と上手なお付き合いを


お酒の中でも、ビールというのは
酒精もそこそこで、飲み会などには
うってつけの飲み物です。

ですが、先に書いた通り
一緒に食べるものによっては
肥満の原因の一因になります。

特に、大勢で集まっての
飲み会ともなれば、料理は
大皿で届けられます。

酒の合間にちょいちょい
つまんでいては、すぐに腹八分
通り越してしまいます。

そうならないため、できることは
先に、自分の食べる分を銘々皿に
取っておいて、それ以上には

おかわりしないことと
できるだけ低カロリーで、食べるのに
時間がかかるものを選ぶことです。

よく噛むあたりめ、味の濃いチーズ
身を取り出して食べる枝豆など
いいですね。

他にも砂肝サバ味噌
健康にいいですよ。

おわりに


いかがでしたでしょうか?

今回は、おいしいビール
おいしい飲み方に、役立つ
情報を、収集してみました。

せっかく飲むのなら
おいしく飲みたいですよね?

おかずで太るなら
ビールだけでいいじゃん!

と、言われそうですが
そうすると、お酒のアルコールを
分解する肝臓に、必要以上に

負荷がかかってしまうので
おすすめしません。

いえ、とても不健康ですので
やめてください

お酒のそばには


221863-300x203

これがな飲み方、というものでは
ないでしょうか?

飲んでいる人で、やせている人
今回、ご紹介したことや、ものを
きっと、ご存じでしょう。

ご存じで、そして、実践しています。

では、脱ビール腹を目指しつつ
今後も、ビールとよきお付き合いを。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ