スポンサーリンク

ニキビを早く治す方法!体の内側と外側のケアが大事♪

高校生活も忙しいながら、充実した日々をイキイキと過ごしている私の。そんな娘も、中学生の頃にかなり悩んだことがありました。それは、ニキビ。

毎日、「風邪の予防」と言い訳しては、マスクをして学校に行っていたんです。両頬に居座り続けてなかなか治らないニキビに、気持ちもふさぎ込んでしまっていました。

私も、最初は簡単に考えていました。巷でもよく聞く、ニキビケアの化粧水で手っ取り早く治すことができるんじゃないかと考えていたのですが、残念ながらあんまり成果は得られませんでした。

どうしたらいいのものか?悩める娘のために、ニキビを直す方法を辺り構わず調べてみたんです。この際、早く治す方法があるなら、生活に取り入れた結果、今ではすっかりニキビも治って毎日が楽しそう!

私たちが実践したニキビを早く治す方法をここだけでこっそり教えますね!


スポンサードリンク




ニキビの原因は毛穴の詰まり!

実は、ニキビができる直接的な原因とは、「毛穴が詰まる」ことなんです。毛穴が詰まったことで、毛穴内で炎症を起こすのがニキビなんです。ニキビの原因、毛穴が詰まってしまうのには、こんな理由があるんですよ。

皮脂が過剰に分泌されてしまう

思春期の頃は、男性ホルモンが急激に増えるため、皮脂が多く分泌されるようになります。ホルモンバランスが不安定な思春期は、誰もがニキビができる状態の体と言えます。大体の20歳ぐらいになると、ホルモンバランスが整ってくるので、ニキビも減ってくると言われています。

しかし、大人になってからもニキビができるのには、生活習慣が関係してきます。睡眠不足やストレス、偏った食生活などが皮脂が過剰に分泌される原因になっていることがあります。

とはいえ、特に女性の場合は、月経前に女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるため、皮脂が多く分泌されることがあります。

肌の角質が厚くなる

肌の外からの刺激によって、肌の角質が厚くなり毛穴が詰まりやすくなることがあります。紫外線の影響や間違ったスキンケアで、肌のバリア機能が弱くなるので、肌は自身を守ろうとして角質を厚く育てようとするんです。

また、食生活と睡眠は、肌のターンサイクルと密接な関係があります。睡眠不足と食生活の乱れは、肌の成長サイクルを乱し、均一に肌細胞が育たなくなります。

メイクをすること

ニキビができている肌を隠そうと、メイクをつい厚塗りにしてしまいがちですが、毛穴を塞ぐ原因になります。また、しっかりとメイクを落としていないと、毛穴に残った化粧品がニキビの原因になってしまいます。

良かれと思って使うニキビ用の化粧品も、しっかりと落としてケアしないとニキビを治すどころか悪化の原因になってしまうのは怖いですね。

ニキビを早く治すためのスキンケアとは?

ニキビの直接な原因は毛穴の詰まりですが、そこに至るまでには様々な要因が絡み合っているんですね。ニキビを早く治すうえで切り離せないのが、スキンケアです。ニキビを早く治すには、こんな方法があるんですよ。

ニキビを早く治す洗顔方法

ニキビのある肌は、ゴシゴシとこすって洗顔するのはご法度です。正しい洗顔方法の手順は、

  1. 手を洗って清潔にする。洗顔に使う水は常温かぬるま湯で。
  2. 洗顔料をよく泡立てて、泡を顔に乗せ泡を押すようにして洗顔します。決してこすらないようにします。顔に洗顔料の泡が乗っている時間は、1、2分ほどの短い時間で。

    洗顔料での洗顔は、手でゴシゴシと擦らなくても汚れは落ちます。どうしても脂っぽさが気になる部分だけは、指で顔を触れないようあくまで泡の上から押し当てるように洗顔します。

  3. 泡を水で洗い流します。この洗い流すのが重要で、20回ほどはすすぐようにします。特に、髪の生え際は泡が残りやすいので念入りにおこないます。
  4. 顔の水分をタオルで拭き取る時は、タオルを優しく押し当てるようにして水を吸い取ります。ゴシゴシタオルを動かさないようにしましょうね

正しい洗顔の効果とは?

今までゴシゴシこすって洗顔をしていた人にとっては、物足りない洗顔方法のように感じてしまうかもしれませんね。でも、洗いすぎによって、皮脂を過剰に分泌させようとしているのが、そもそもの原因なんです。

正しい洗顔方法を続けていると、こんなメリットがあるんですよ。

  • 洗いすぎないので、バリア機能が回復する。
  • 肌の保湿成分が不足しない。
  • 肌の成長サイクルが整う。
  • 毛穴の詰まりが解消し毛穴の開きが収まる。
  • 肌荒れをしにくくなる。

つまり、正しい洗顔とは、健康な肌に導く近道となるんですね。

保湿はしなくてもいい?!

ニキビを治すために正しい洗顔をしているなら、特に保湿はしなくてもいい、と言われています。皮脂を洗い落とし過ぎないことで、保湿のための化粧水などは必要ない、というのが理由なんです。

もし、保湿をしないと乾燥してしまうと感じるようなら、朝だけは洗顔料を使わずに水洗いにするか、自分に合った使い心地のいい化粧水を使ってみるのもいいですよ。

ニキビを早く治すことが目的の場合、保湿よりも洗顔方法を優先してみましょうね。

生活習慣を見直してみよう!

ニキビができるのは、体の中からのサインでもあります。生活習慣を見直してみると、案外ニキビができるような生活を送っていることに気づかされるものです。こんな生活習慣があったら、今すぐ改善していきましょうね。

  • ニキビには触らない
  • 髪はに触れないようにする。
  • ダイエットはしない。
  • バランスの良い食事をし、お菓子は控えめに。
  • 布団カバーや枕カバーはこまめに洗う。
  • 睡眠不足にならないようにする。
  • メイクは薄めに。

特に睡眠と食事は重要です。肌の修復は、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きが大いに関係しています。バランスの良い食事が、肌の栄養となります。ダイエットやお菓子ばかりの生活は止めるように心がけましょう。

また、ニキビが気になって、メイクが厚塗りになったり、顔を覆うような髪型やマスクなどはニキビを悪化させる原因になります。ニキビを触って雑菌が繁殖することもあります。清潔を心がけましょうね。

まとめ

中学生時代、ニキビを気にしていた娘ですが、受験の時期と重なって睡眠不足もあったようです。食事も部活をしていた頃よりかなり少食になりました。ダイエットも気にしていたのかな。

隠そうとしてマスクを毎日していたのも原因ですよね。だって、同じマスクを1日中しているんですから、決して清潔ではないですもの。

受験が終わってから、よく眠るようになりました。マスクもニキビに良くないから、と止めるようにしました。受験のストレスも無くなり、気分も晴れたのか、気が付けば次第にニキビも減ってきたんです。

そう言えば、朝晩の洗顔のすすぎも今までよりも丁寧にやるように習慣付きましたよ。あんなに気にしていたニキビ、今ではたまにポツンとひとつできるぐらい。

生活習慣って大事ですね。特に睡眠不足と栄養不足はお肌にはいいことありませんね。これからも気を付けないと。暑くなると食欲も減退するので、夏もしっかり食べられるようにしていきたいですよね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ