スポンサーリンク

カラオケ!高得点を狙って曲選び!女性の場合って?

会社の飲み会や打ち上げなど
その流れで、カラオケをする機会って
とても多いですね。

そんな時、カラオケで高得点を採ると
ゲームの勝敗みたいに、
盛り上がりも、凄かったりしますよね。

でも、カラオケは苦手
高得点なんて「とても、無理無理」
と思われている方、いませんか。

160317_2-300x199

実はコツをつかめば、誰でも高得点を
採ることができるのです。

では、高得点をとるには
どのようにすればよいでしょう?

いろいろ調べてみたので、
参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク


採点カラオケで高得点を出す!「DAM」と「JOYSOUND」

カラオケで、高得点を出したい人は
採点カラオケの特徴を、把握すること、
コレ必須ですよ!

カラオケ機種「DAM」は、
音程の安定と、表現力があると、
高得点を、出しやすいと言います。

表現力」とは、何かと言うと、
抑揚」です。これが大きく点数に
左右します。

声を出して、大きく歌う時は大きく
小さく歌うところは小さく、
メリハリをつけて、歌うことです。

抑揚がなく、同じ声の大きさで歌うのは
「えっ、あれで歌ってるの!」とか何とか、
囁かれかねませんよね。

一方の「JOYSOUND」は、
音程の安定さという点では共通ですが、
DAM」と違い、
重要なのは、テクニックです。

テクニックの代表格と言えば、
ビブラートしゃくり

「えっ、何それ?」って、
思いますよね。

ビブラートとは、メロディを歌って
音を伸ばすとき、特に高さを揺らして
(震わせて)変化をつけること。

Note_lines_5-300x218

そして、しゃくりのイメージは、というと、
設定された音程より、まず低い音を発声
そこから本来の音に、近づけてゆくこと。

つまり、言葉の音に、
重みを感じさせるように歌う、
っていう、テクニックなんですね。

高得点を出すポイントは音程とテンポ!

高得点を出すには、
歌のうまい下手は、関係ありません。

まず、相手は機械ですから、
どこまでも、譜面に忠実
歌うこと、これがポイントですよ。

  • 音程があっているかどうか
  • 出だしは遅れないように
  • 歌に感情をこめない

音程やタイミングに忠実に、
そして、リズムの取りやすい歌を
選ぶことが大切です。

例えば

  • メロディの動きの少ない曲
  • テンポの少し遅い曲を選ぶ
  • 歌いやすい「キー設定」にすること

あくまでも、歌唱力ではなく
音程の正確さが、重要なのですよ。

女性が高得点を狙いやすい曲目って?

まず皆さん、ご存知かとは思いますが、

採点機能で、点数を上げることと、
カラオケで、歌を上手に聞かせることは
全く別の物なんですね。

気持ちよく、歌えたわりに、
点数イマイチだったとか。

なんだか、しっくりしないわりには、
点数が意外に髙かった、なんて、
そんな経験、よくありませんか?

それは案外、楽曲の選び方
原因があるみたいですね。

081807-300x294

そこで、女性の場合
高得点を出しやすい曲に、一体どんなものが
あるのか、調べてみましたよ。

下記に挙げる曲が、よく歌われている代表例です。
もちろん、皆さんにも得意不得意があるでしょう。

それでも参考にしながら、点数獲得に
挑戦してみるのも、いいですよね。

  • 島崎ひとみ 「亜麻色の髪の乙女」
  • 華原朋美 「I’m proud」
  • 夏川りみ 「涙そうそう」
  • JUDY AND MARY  「クラシック」
  • 一青窈 「ハナミズキ」
  • パフィー 「アジアの純真」

音程の幅が狭く、高い声を出す必要のない、
リズムのテンポも、とりやすい曲、
と言うことから、これらの楽曲はオススメです!

高得点を狙うのにやってはいけないこと!

普段、カラオケで歌う時、
アーティストを、イメージして、
モノマネに陥ったりしていませんか。

そもそも「得点」は、似ているかどうかではなく、
音程の安定やテクニックで、判断されるので
モノマネで、得点に結びつくことはありません。

例えば、テレビ番組で、自分の曲を
歌っている、アーティストの点数が意外にも
低くて、ビックリなんてこと、ありますよね

高得点を狙うには、モノマネではなく、
まず、音程を安定させること、
これが、一番の近道だと言えそうです。

高得点を狙うためのヒント!

カラオケの点数は、マイクで採点している、
ということ、ご存知でしたか?

TSU75_micmotute-thumb-815xauto-15999-300x169

マイクに、雑音呼吸音
入ったりすると、正確なメロディー
得点に、反映されないこともあります。

なので、マイクと口の距離を少し
離して、歌うようにするといいですよ。

それから、もう一つ、簡単にできる
テクニックを、ご紹介しますと、

メロディは、マイクを離し気味に、
サビの時は、近づけて歌うこと。

こうすれば、声量を変えることなく
抑揚」をつけることが、できます。

さらに、高得点を狙いたいとき、
注意すべき点は、音程の安定のために、
を大切にしましょう。

楽しい雰囲気に、のまれて、
喉がかれやすい、飲み物や食べ物を
ついつい、注文してしまいがちですね。

喉のためには、良くありません。
少し控えめにして、セーブしましょう。
簡単なことですが、大切なことですよ。

まとめ

カラオケで、高得点を出すためには、
安定した音程から、マイクの調子も
しっかり見ることでしたね。

そして、機械の特性と歌う時の
テクニックを、ご紹介しました。

機械は、プログラミングに忠実です。
最終的に、メロディーで得点を
出すようになっています。

ですから、モノマネしたり、
感情こめた歌い方は、逆効果なんですね。

さらに、歌唱力に自信がない人は、
少しでも、得点が出やすい曲を選ぶこと、
それが高得点への近道、と言うわけです。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ