スポンサーリンク

カシミヤ100%のマフラー!洗濯する時に注意するの3つポイント!

マフラーは、冬の寒い時期には毎日使いますよね。
首元に巻くものなので、意外に汚れが気になります。

でも、マフラーって、なかなか洗う機会がないですよね。
いつもクリーニングに出しているという人が、
多いのではないでしょうか?

d422357449db7e6259e13e512fa64413_s-300x194

私は、カシミア100%のマフラーを愛用していますが、
普段は洗うことがなく、
衣替えの時に、クリーニングに出しています。

この話を友人にすると、
「カシミア100%でも、家でも洗濯できるよ!
と言われて、耳を疑いました!

カシミアを自宅で洗濯したら、
縮んだり、型崩れしたりしないのでしょうか?
高価なものなので、風合いの変化なども心配です。

念のため、マフラーの洗濯表示を確認してみましたが、
探してもタグが見当たらず、洗濯方法がわかりません。

疑問がいっぱいなので、洗濯に詳しいという
主婦歴が長い友人に、話を聞いてみました。

そこで教えてもらった、
カシミア100%のマフラーの洗い方を、
あなたにお教えします!


スポンサーリンク


カシミア100%のマフラーの洗い方

高価なカシミア100%のマフラーを洗うのには、
カシミアの光沢や、品質の劣化を防ぐためにも、
クリーニングに出すほうが、無難です。

カシミアは水に強く、家庭でも洗うことができますが、
洗う際には、いくつか気をつけることがあります。

まず、カシミアを洗う時は、
手洗いで、強い力をかけずに洗うのが基本です。
大切なものであれば特に、手洗いをオススメします。

使う洗剤は、アクロンやエマールなどの、
オシャレ着洗い用の中性洗剤を使用します。

普通の洗剤とは異なり、
カシミアの縮みや、色褪せ・毛羽立ちなどの
洗濯トラブルを、防いでくれます。

他には、洗う時間が長いとカシミアが縮みやすいので、
手洗いにしても、洗濯機で洗うにしても、
短時間でパパッと洗うことが、大切です。

手洗いと洗濯機、それぞれの洗い方や干し方を、
簡単にご紹介します。

手洗いする場合

  1. カシミアは縮みやすいので、
    30℃以下の水温で、やさしく丁寧に押し洗いをします。
    もみ洗いはしないでください。
  2. すすぎの際も、洗う時と同様に、
    30℃以下の水で、2~3回やさしくすすぎます。
  3. 広げたバスタオルの間にマフラーを挟むようにして、
    タオルドライで脱水します。

洗濯機で洗う場合

  1. 洗濯機で洗う場合、ドライコースや手洗いコース
    ソフトコースなどを選ぶようにしましょう。
    他の洗濯物とは一緒に洗わないようにしましょう。
  2. フリンジ部分がある場合、絡まりやすいので、
    洗濯ネットに入れる時に、内側にたたむようにします。
  3. 脱水時間は短く、1分程度にしましょう。
    脱水後はすぐに洗濯機から取り出し、
    マフラーの形を整えます。

干すときの注意点

縦方向・横方向に軽く引っぱり、
フリンジ部分を整えて、
干すときは、タオルを巻いたハンガーに掛けます。

日光は、カシミアへのダメージの原因になるため、
室内で陰干しするようにします。
セーターのように、日陰で平干ししてもよいでしょう。

7252b9e088d5e9effa46f28a3d6bab57_s-300x199

まとめ

いかがでしたか。
カシミア100%のマフラーの洗濯方法について、
まとめてみました。

自宅では洗えないと思い込んでいた
カシミア100%のマフラーですが、
簡単に洗濯できることがわかり、驚きました!

今まで、毎回クリーニングに出していましたが、
次からは、自宅で洗濯してみようと思います。

クリーニングとは違い、こまめに洗えるので、
いつでも清潔なマフラーを巻けて、嬉しいですよね。

カシミア100%のマフラーの
洗濯方法について知りたい人は、
ご紹介した洗い方を、参考にしてみてくださいね!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ