スポンサーリンク

アロマには期限切れってあるの?最後まで楽しむ方法はコレ♪

自分の頭一つ上ほどの位置にある洗面所の棚に、忘れ去られたアロマオイルが・・・。そういえば、とあるタイ式マッサージ店に置いてあったレモングラスのアロマを思い付きで購入したんだっけ。

このアロマ、爽やかな香りで好きなんです。

既に開封済みで放置していたアロマですが、久しぶりに蓋を開けてみたところ、以前よりも香りが何だか控えめになったような気がします。

やっぱり、開封から2年が経とうとしているんだから、もうさすがに期限切れですよね・・・・。

でも、アロマの期限ってどれぐらいで切れるんでしょう?以前にも、使いきれずに何本か捨ててしまったことがあるのですが、何か他にも使い道ってあるのかしら?

好きな香りのアロマを最後まで使い切るアイデアを調べてみましたよ。


スポンサードリンク




アロマの使用期限切れの目安とは?

アロマオイルは、植物などの成分を水蒸気によって抽出した精油です。油は空気に触れると酸化しやすい物質なので、大体は開封してから1年が使用期限となっています。

ただし、種類によっては2年の使用期限が設けてあることもあります。なかなか決まった使用期限というものがないのも現実なんです。

食品ではありませんが、直接皮膚に触れることが多いので、古いアロマによって影響を受けてしまう可能性もあるんですよ。

アロマの使用期限とは、製造元がアロマをビンに詰めた時に送る消費者へのメッセージです。アロマは、時と共に劣化していきます。

使用期限の刻印がない場合には、アロマとしての通常の使用は開封してから1年を目安にしておくといいですね。

アロマの最終的な寿命の目安とは?

アロマが古くなると、酸化するので見た目や香りが変化します。容器の蓋を開けた時に以前の香りと違うと感じたら、使用期限が切れています。

また、オイルの色が以前よりも濁っているように感じる時も、古くなっています。

特に、柑橘系のアロマは酸化しやすいと言われています。使用期限が切れているアロマは、皮膚に直接付けないようにしましょうね。

というのも、酸化したオイルを肌に付けると、ヒリヒリとした刺激を与えたりかぶれたりと、トラブルになる可能性があります。

でも、使用期限が切れていても、見た目にも臭い的にも特に変化を感じない場合に、そのまま捨ててしまうのは忍びないものですよね。

最終的なアロマの寿命を迎えるまでには、肌に付ける以外でならまだまだ利用することもできるんですよ。

使用期限切れのアロマの使い道

アロマは本来、香りを楽しむだけではなく、民間療法的な使い方をするものもありますよね。殺菌や抗ウイルスの作用のあるアロマも多くあります。

期限が切れていても、その効果を得られるので工夫次第で使い道もたくさんありますよ。

使用期限切れのアロマの使い道1:トイレの芳香剤

トイレの芳香剤として使うことができます。一番簡単な方法は、アロマの容器の蓋を開けて、トイレに置いておくだけです。

使用期限切れのアロマの使い道2:芳香スプレー

部屋にシュッとスプレーして、香りを楽しむルームスプレーもおすすめですよ。

■ 材料

  • アロマ 10~20滴ほど
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水かミネラルウォーター(軟水) 45ml

■ 作り方

  1. ガラスの容器に、無水エタノール・アロマ・水の順番で入れて、よくかき混ぜる。
  2. 市販のスプレー容器(プラスチックでも可)に移し替える。

アロマオイルの原液の場合は、プラスチックの容器を溶かす可能性がありますが、水などで薄まった状態ならガラス製でなくてもいいですよ。

使用期限切れのアロマの使い道3:下駄箱の消臭剤

下駄箱の臭い対策に、新聞紙を手のひらほどに収まる大きさに丸めて、アロマを数滴垂らして下駄箱の中に置きます。下駄箱のリフレッシュに最適ですよ。

使用期限切れのアロマの使い道4:アロマスティック

アロマが瓶の半分ほどの量が残っているなら、簡単にアロマスティックが作れますよ。作り方は、瓶に無水エタノールを足し、つまようじを数本瓶に刺すだけです。

しばらく時間が経つと、瓶に刺したつまようじが濡れて香りが広がりますよ。

使用期限切れのアロマの使い道5:台所用クレンザー

重曹と混ぜれば、掃除用のクレンザーになるんですよ。作り方は簡単、材料を混ぜるだけです。

■ 材料

  • 重曹 大さじ2
  • アロマ 5~10滴

水で濡らしたスポンジにクレンザーを付けて、台所のコンロやシンクを磨くことができますよ。

まとめ

直接肌に付けるには気が引ける期限切れのアロマも、捨てるつもりで考えていたなら惜しみなく使うことができますよね。

好きな香りを最後まで楽しむために、最後の最後まで利用したいですね。私が一番気になったのは、アロマスティックです。

市販でも見たことがあるアレが、自分の好きな香りで簡単に作れるとあれば、すぐにでも作ってみたくてウズウズしています。

早速、ドラッグストアで無水エタノールを買ってこようと思います!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ