スポンサーリンク

ご近所トラブル!駐車場でもしもの時の対応はコレ!

あの路駐の白い車、多分もう2ヶ月ぐらい前から毎日のように停めてある。我が家の駐車場の真ん前の道路に、少し前までは夜だけ路駐していた車は。今や昼夜を問わず、そこが駐車場だと言わんばかりに我が物顔で路駐しているんです。

ものすごく迷惑、というほどでもないのですが、毎日我が家の駐車場の真ん前にいつも車があるのは、駐車の切り返しの時にほんの少々邪魔になる時もあるんです。

我が家は丁字路の角に立っている家で、うちの向かいは空き地になっています。だから、空き地の前に路駐しても困る人はさほど居ない、というのが現実です。ご近所さんも、今のところは静観している感じなんです。

路駐の車の持ち主もわかったのですが、隣のブロックの息子さんの彼女でした。もちろん、ご近所トラブルになりたくない気持ちはみんな一緒。そのお宅に何か言う人もいませんが、見ていて気持ちのいいものではありませんよね。

しかも、丁字路の停止線から3mほど下がったところに路駐しているのも、駐車違反ではないかと気になっているんです。この手の駐車場のご近所トラブルって、どうやって対応したらいいのでしょう?今後の対策のために調べてみました。


スポンサードリンク




駐車場が原因のご近所トラブルは多い?!

駐車場が絡むご近所トラブルは、とても多いと言われています。何とか解消したくても、ご近所の所以で言い出せなかったり、関係がこじれてしまい住みにくくなってしまったり、となかなか難しい問題です。

駐車場に関係するご近所トラブルには、例えばこんな事案があります。

  • 駐車場に止めた車が隣の車によって傷を付けられた
  • 自分の駐車スペースに他人の車を停められている。
  • 自宅前の道路に路駐されている。
  • 迷惑駐車により自分の車が出せない。
  • 隣の駐車スペースの車が故意に幅寄せして停めてくる。

など、状況はそれぞれ違えど、駐車場や駐車を巡ってご近所トラブルに発展するケースが世の中には多いんですよ。ということは、もしかしたら我が身にも降りかかるかもしれないトラブルとも言えますよね。

特に、毎日顔を合わせるご近所さんとの関係は壊したくない・・・だけど、問題を解決できないのは嫌ですよね。どんな対応をしたらいいのか、見ていきましょうね。

駐車場でのご近所トラブル対処法

駐車場でのトラブルは、先も触れたように様々なケースがあります。もしも、駐車場絡みの思ってもいないご近所トラブルに巻き込まれた時、どんな対応をしたらいいのか紹介していきますね。

車に傷を付けられた時

マンションやアパートの駐車場や月極駐車場などで、隣のスペースに駐車している車のドアがボディに当たったり、戸建ての敷地内の駐車場でご近所の子どもが投げた物が当たり傷になってしまった、などこちらに非がないにもかかわらず車に傷を付けられることもあります。

駐車場で車をぶつけられた時には、その傷を写真に撮っておきましょう。マンションなど集合住宅の場合には、管理会社に連絡をします。しかし、マンションの契約内容に、駐車場について何か決めごとがあるかどうか確認しておく必要があります。

駐車場内のトラブルについては介入しない、という規約を設けている場合もあります。その場合には、警察に届けを出しましょう。第三者が入ることで、直接のやりとりも最小限で済み、相手も傷を付けたことをすんなりと認めることが多いようですよ。

自分の駐車場が使われている時

まずは、月極駐車場の迷惑駐車の場合、警察に通報をすると動いてくれる可能性もあります。月極という契約の上で成り立つものなので、不法に侵入し無断で駐車した、車両放置と見なすからなんです。

写真を撮った後に通報し現場で事情を説明すると、相手の車のナンバーから連絡先を確認できるので、警察から相手方に電話がいきます。月極駐車場では、これでも十分な抑止力となりますよね。

■ マンションの場合は警察は不介入?!

しかし、マンションなど集合住宅の自分の駐車スペースに他人の車が駐車されていたり、本来駐車すべきではない場所に停めた車のせいで自分の車が出せなかったり、というトラブルもありますよね。

じゃあ、すぐに警察に連絡!と思いがちですが、警察は道路交通法に基づき公道の駐車禁止を取り締まっているため、マンションなどの私有地については介入できないこととなっているんです。

だからと言って、怒りに任せて迷惑駐車をレッカー車で運んでもらうのは止めましょう。日本においては、法的措置のない状態では無断で他人の物を動かす権利はありません。まずは写真を撮り、管理会社に連絡します。管理会社が仲介に入り、迷惑駐車の持ち主に注意してくれますよ。

ただし、駐車場のトラブルに関して介入しない管理会社の場合には、自力で迷惑駐車の防止策を考えなくてはいけませんね。他人に駐車されないように、赤いコーンを置いておく、駐車禁止の立て看板を立てる、迷惑駐車の車の窓ガラスに後の残らないテープで貼り紙をするなど、対策をして防止しましょう。

路駐など迷惑駐車をされた時

自宅の前の道路に駐車されて、車の出し入れや通行に支障がでることがありますよね。迷惑駐車に場合には、警察に通報することが最善策です。とは言え、実際に駐車されている時でないと警察も対処できないので、車のある時を見計らって通報しましょう。

公道の場合には道路交通法によって警察は取締をおこないます。駐車禁止区内に路駐してあったり、交差点の停止線より5メートル以内は駐車禁止となっています。また、道路に駐車した時に3.5m以上の余地がない場合も駐車禁止になっています。

もしそのような場所に駐車してある場合には、道路交通法違反になります。こうなると、略式裁判や罰金となり路駐した人も後々大変な思いをします。もちろん、いけないことをしているのですから仕方ないですよね。

とは言え、ご近所付き合いもあるので、いきなり通報するのも後々遺恨が残るかもしれません。まずは貼り紙などで、以後続くようなら警察に相談します、と警告をしておくのも抑止力になりますよ。

まとめ

さて、我が家の迷惑駐車問題はどうしようか?と悩むところです。何だかもう他のご近所さんも、そんなに支障がある訳でもないから・・・・。と温情措置的な対応になっています。ま、我が家も切り返しが多少必要になる程度なので、警察に通報とまでは今のところは考えられません。

夫も、そんなに気にしてはいない様子なので、今後決定的な迷惑行為があれば、他のご近所さんと相談して対応していこうと考えています。やっぱりご近所さんとはトラブルになりたくないですよね。

でも、交差点の停止線から5m以内に駐車してあるのが現状なので、駐車違反になるのは気になります。これは、会った時にでも何かの折に言っておく方が本人のためですよね。小心者の私にはとてもいう勇気はありませんが、夫にでもお願いしておくことにしましょう。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ