スポンサーリンク

胡蝶蘭をプレゼント♪誕生日にぴったりな4つの理由!

先日、しばらくぶりに実家に行った時のこと。実家のリビングのドアを開けた途端、まっすぐ目に入った胡蝶蘭の鉢植え。

圧倒的な存在感。なんてゴージャス!ここになぜ、胡蝶蘭があるの?いまだかつて、実家に胡蝶蘭など置いてあるのが見たことがないので、思わず母に「どうしたのよ、この胡蝶蘭?」と聞いてしまいました。

「姉さんが送ってきたのよ。」と、母の実姉、つまり私の伯母からのプレゼントだったようで、以前何かのお祝いで母から贈ったもののお返しに胡蝶蘭を、とのことだったんです。

やっぱり、胡蝶蘭をプレゼントされれば特別な感じがして嬉しいですよね。

そういえば、来月の夫の母の誕生日に何をプレゼントに贈ろうか考えていたところでしたが、胡蝶蘭っていいかも!とひらめいたものの、誕生日のプレゼントに胡蝶蘭って贈っていいのかしら?

早速調べてみましたよ。


スポンサーリンク


誕生日プレゼントには胡蝶蘭がおすすめ

誕生日のプレゼントといっても、贈る相手との関係性や年代などシチュエーションによっても、どんなプレゼントにすると喜ばれるのか悩むところです。

実は、大切な人へのお祝いとしてのプレゼントには、胡蝶蘭がおすすめなんです。その背景には、胡蝶蘭をプレゼントに選ぶ人が贈った時に「相手の喜び」を感じているからなんです。

胡蝶蘭が誕生日プレゼントに選ばれる理由には、こんなものがあるんですよ。

見た目が上品で素敵!

凛としていて豪華、優雅な佇まいに、誰もが目を奪われてしまう胡蝶蘭の姿。高級感のある上品なイメージで、プレゼントにぴったりなんです。

また、胡蝶蘭は花粉や香りが少ないんです。強い香りだと人によっては好き嫌いがあるので気を使うこともあるのですが、胡蝶蘭にはほとんど香りがありません。

贈り先での雰囲気を視覚的に美しく変えることはあっても香りで主張しないので、誕生日だけでなく様々なお祝いの場に適していると言われている理由のひとつなんですよ。

縁起の良いイメージの胡蝶蘭

胡蝶蘭の花の形は、まるで蝶のようですよね。そんな胡蝶蘭の姿を形容してのことかは定かではありませんが、胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」なんですよ。

その他にも、「純粋な愛」という花言葉も付いています。ちなみに、白い胡蝶蘭の花言葉は「清純」ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛しています」という意味なんですよ。

また、胡蝶蘭は古代ギリシャより、蘭の花は子孫繁栄の象徴として扱われてきました。現代でも、「繁栄」を意味するものとされています。

それに加えて、室内での管理ならば胡蝶蘭が他の植物よりも丈夫で育てやすいことから、「安定」のイメージもあるんです。安定した繁栄や安定した愛情など、揺るがない幸せをもたらす象徴になっているんですよ。

胡蝶蘭は育てやすい

胡蝶蘭は繊細でお手入れにも気を使うのでは、とのイメージがありますが、本当のところは育てやすく管理が簡単な花と言われているんですよ。

実は、手をかけすぎて過保護にしないことが胡蝶蘭の育て方なんです。観葉植物に馴染みのない人でも、コツを覚えれば花を長く楽しむことができますよ。

室内の直射日光の当たらない場所に置き、水やりは春夏は1週間に1度、秋冬は3週間に1度ほどの頻度で充分なんですよ。

こんなに管理が簡単なのに、花の咲いている期間が1~2ヶ月ほどと長いのは何とも嬉しい限りですよね。

まとめ

胡蝶蘭が誕生日プレゼントにおすすめなのは、贈る相手が喜ぶポイントが揃っているからなんですね。

  • 胡蝶蘭の持つ唯一無二の美しく上品な存在感
  • 胡蝶蘭には縁起の良い意味がある
  • 胡蝶蘭は管理がしやすく花持ちが長い

加えて、実はプレゼントを贈る人にも都合のいいこともあるんです。4つ目のおすすめの理由とは、

  • 胡蝶蘭は時期を問わずプレゼントできることなんです。

胡蝶蘭は、日本各地で一年中生産されている植物なんです。確かに、季節の花というイメージは胡蝶蘭にはありませんよね。

胡蝶蘭の生産者は、温度や湿度などの管理をして花を咲かせるように管理して出荷しているので、プレゼントとして贈りたい時いつでも手に入れることができるんです。

いつの誕生日でも春夏秋冬、胡蝶蘭をプレゼントできるという訳なんです。

そういえば、今回調べて分かったことなんですが、花にも誕生日にちなんだ「誕生花」というものがあるんです。胡蝶蘭は1月17日の誕生花とのこと。

こんな偶然があるのかと思いましたが・・・、私の誕生日なんです。本当なら、夫の母の誕生日だったらドンピシャでよかったんでしょうが・・・。

とは言え、誕生日のプレゼントには胡蝶蘭、っておしゃれで素敵ですよね。早速、贈る手配をしたいと思います♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ