スポンサーリンク

金魚の病気!充血した目の原因と対策はコレ♪

以前、部屋の癒しがどうしても欲しくて、
熱帯魚を飼おうかと考えていました。

あの頃、相当疲れていたのでしょうか。

ぶらりと立ち寄った、ペットショップ
水の中をゆらゆらと泳ぐに癒されたんです。

c5db5bf8286ce5c7f014b27322866eea_s-300x200

その時、店員さんに勧められたのが、熱帯魚より
管理がだと言われた金魚なんですね。

その日から、私は我が家に来た金魚たちに、
癒されている毎日です。

しかし、最近になって、1匹の金魚の目が赤く
充血しているように見えるんです。

どうしたんだろう?
何かの病気なのかしら?

気になる金魚の症状から、今後の対処法
調べてみましたよ。

目が充血する原因とは?

金魚の病気で、に症状が出るものには
いくつかあります。

その中でも、金魚の目が充血していれば、
何が原因なのか、とても気になるものです。

目の充血には、いくつか原因があります。
詳しく見ていきましょうね。

酸素が欠乏している

金魚の目が赤く充血したり、さらに酷くなると
目の中に血液が溜まります。

この病気は「低酸素症」といい、その名前の
通り、酸素が欠乏して起こります。

1f3ed4c12f38b1aa448556cb1277e407_s-300x200

実は、金魚は酸素がない状態でも、24時間~
36時間
ほどは生きられる、と言われています。

とは言え、酸素のない状態が続けば、えら
細胞が壊死し、死んでしまいます。

しかし、無酸素の状態でも、生きながらえた
金魚に起こるのが、低酸素症なのです。

この低酸素症は、水中の悪い条件が加わると
さらに悪化してしまいます。

主な要因には、こんなものがあります。

  • PHが低すぎる・急激な低下
  • 酸素供給が不足している
  • 水槽の水流が不足している
  • 急激な温度の上昇

この場合の対処法ですが、水質を確認して
様子を見ましょうね。

水中の酸素を増やすために、エアーレーションの
確認や水流を強化します。

また、酸性に傾いているPHを、時間をかけて
中性(PH7)に戻していきましょう。

細菌に感染している

金魚の体表に、赤く充血したり、赤い斑点
出たりするのが特徴です。

この症状は、「エロモナス・ハイドロフィラ」
という菌に感染することで発症します。

人間が感染すると、食中毒や急性胃腸炎を
引き起こします。

私も以前、偶然テレビでも紹介されたのを
見たことがありますが、「人食いバクテリア
としても有名になりましたね。

川に入った女性が傷口から感染し、両手足を
切断しなければならないほど重症化した、
といったケースも。

この細菌は、淡水には常に存在しているもの
なのです。

しかし、金魚の抵抗力が弱っている
感染しやすくなります。

水質が、エロモナス菌が繁殖しやすい環境に
なっているか確認しましょうね。

  • 水替えの頻度が低い
  • フィルターが汚れている
  • 水温が必要以上に高い
  • が多すぎる

このような環境の水槽は、エロモナス菌
繁殖しやすい状態になります。

水槽は、清潔な状態を保つようにしましょうね。

まとめ

金魚の目の充血には、水槽の水の状態が
大きく関わっているんですね。

いつも清潔に保つのはもちろんですが、酸素量
PH値にも気を配らなければいけませんね。

また、もう一つ考えられる原因もあります。
それは、外傷です。

何らかの拍子に、目をぶつけてしまったり、
他の金魚に攻撃されて、目の充血を引き起こす
場合もあります。

特に出目金は、ド近眼なため水槽などに
激突することが多い、とのことですよ。

e1a966ca24551a16c197d0c02592202d_s-300x198

やはり、外傷であっても、水質が清潔でないと
細菌に感染する恐れがあります。

何はなくとも、水槽の環境は清潔が一番!

私にも思い当たる節があるので、きちんと
管理しないといけないですね・・・。

今回調べてみて、本当によかったです♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ