スポンサーリンク

金銭感覚の違い!男女差をどう考える?

結婚して、彼との違いが
一番気になるのは、
金銭感覚の違いです。

そんなことから、
ちょっとしたケンカも。

kenka_couple-150x150

ショッピングの帰り、
新しくできたカフェで、
パンケーキ食べよう」と誘ったのに、

「お腹いっぱいにならないから、
おれは牛丼食べて帰る」と言うので、
「もう、ケチなんだから〜!」と文句つけると、

家で、エアコンの設定温度を、すぐ上げようとする、
キミの方がケチ」と言われ、カチンときました。

女友達にも、話を聞いてみると、
男女で感覚に違いがあるそう。

そんな違いを、いろいろな視点から、
見て見ることにしましょう。


スポンサーリンク




男女の金銭感覚の違いとは?


やはり、男女の金銭感覚の違いは、
生まれつきや、習慣によってもあるようです。

男性がものを所有することで、
ステイタスを感じるのに対し、

女性は結婚や出産の、
ライフスタイルをとても気にします。

だから、お金の使い方への考え方が
そもそも違うのです

以下の点について、もう少し詳しく、
ご紹介していきましょう。

  • 男性の金銭感覚とは?

  • 女性の金銭感覚とは?

男性の金銭感覚とは?


男性は、人生の節目で
大きな買い物をして、
オトコを上げて行こうと思います。

だから、
目に見えるモノが好きなんですね、
わかりやすいから。

彼の収納ボックスには、
実にガラクタのような、「お宝」がいっぱい

言わば、戦利品なのでしょう。
クルマも、大切なものの一つです。

目に見える財形貯蓄や
投資などにも、熱心です。

だけど、仲間との交際費はかけるのに、
服装などには、気にかけない。
それは、ステイタスじゃないのかしら?

もう少し、オシャレに気をつかって
ブランド服で決めてほしい、と思います。

また、電気もつけっぱなし、
光熱費の節約に無頓着です。

私が、小まめに節約しているので、
ちょっと、イライラします。

女性の金銭感覚とは?


女性は、何かあった時に、
困らないだけの蓄えをしていないと不安。

だから、ヘソクリが大好きです。
ヘソクリするために、
毎月の生活の、節約に努めます

でも、洋服や化粧品も、
季節や流行を考えるし。

バーゲンセールとなると、
つい、「お買い得感」の血が騒ぎ、
大量買いしてしまう危険性が。

誘惑に負けてしまうと、
買い物の山になってしまうことに。

ダンナに、皮肉の一つ二つを言われ、
言い訳の二つ三つも、返して、
その後、深く反省します

その中で、バーゲンセールの誘惑に
負けないようにするのも、大切。

頑張って、節約していても、
給料前は家計が厳しいのを
繰り返しがちなのですから。

shopping_sale-150x150

それぞれの長所を活かして良い生活を


男女の金銭感覚の違いは、
確かに、イライラにつながります。

男性が計画的な方向を示し、
借金してでも、人生の勝負に出るのと、

女性が、暮らしの豊かさを維持しつつ、
コツコツ貯めていくのと、

長い生活の攻守の中で、
チームワークが大切ですね。

基本的に、お金の使い方というのは、
その人の生き方を反映します。

パートナーと、 同じ目的を持っていれば
金銭感覚の違いがあっても、

互いに足りないところを、
補い合うことになりますね

ローンを利用するにしても、
一緒に頑張れば
返済も少しは気が楽になります。

違うことを前提にして、
人生の目標を語り合うことで、
互いに良い関係を築けそうです。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ