スポンサーリンク

車の名義変更での必要書類! 家族間ではこれを準備!

いま乗っている、お世辞にもきれいだとは
言えません。

走行距離は、既に10万kmを超えています。

下取りに出すのにも、そんなに高値では
買い取ってはくれない代物です。

まだ十分乗れるのですが、このきっかけに
買い換えようと思っているんです。

というのも、この車を就職が決まった息子
譲ろうと考えています。

超初心者の息子のファーストカーには、まだ
中古車で十分、との夫の判断です。

自宅から就職先までは10kmほど、車では
30分の道のりです。

これから新生活に向けて、名義変更など
手続きも着々とこなしていかないと。

さて、家族間での車の名義変更には、何を
用意したら
いいのでしょう?

必要書類について調べてみました♪


スポンサーリンク


名義変更で必要な基本的な書類

同居の家族の場合で考えてみましょう。

同居のの名義の車を、同居の子供
名義に変更する場合です。

譲渡証明書

車の所有者が変更したことを証明する
書類で、決まった形式の書面を使います。

「譲渡人印」の欄に(譲る側)の実印
押印します。

下記からダウンロードができます。

https://annai-center.com/pdf/
jotosyomei.pdf

印鑑証明書

車の譲渡や取得する時には必須の書類です。

市町村役場にて、3ヶ月以内に取得した書を
使用します。
 

  • 親(譲る側) 1通
  • 子供(もらう側) 1通

印鑑登録をしていないと発行できないので
登録手続きを済ませておきます。

委任状

本来申請を行う者は、新しい名義人になります。
今回の例では、子供が出向くようになります。

委任状とは、指定の代理人に申請をして
もらう時に使う書類です。

本人(子供)が陸運局での申請を行う場合には
譲る側(親)の委任状が必要です。

委任状には、印鑑証明書と同じ印鑑(実印
を押印しておきます。

下記からダウンロードができますよ。

https://annai-center.com/pdf/
ininjo.pdf

車検証

車検が切れていないよう注意しましょう。

車検切れだと、譲る側が車検を受けてから
でないと、手続きができません。

当日に陸運支局で記入するもの

申請を行う陸運支局の窓口にあります。
申請窓口の見本に従って記入します。

  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 申請書

未成年の場合には

また、未成年の人が新旧所有者になる場合
親権者の同意書が必要になります。

同意書には、一般的に両親の実印を押印し
以下の書類も添付します。

  • 未成年者の戸籍謄本 1通
  • 両親のどちらかの印鑑証明書 1通

どちらも、発行日から3ヶ月以内のものを
使用します。

別居の家族の場合

同居の家族の場合には、車庫証明書
必要ありませんでした。

通常は、今までの車庫証明を取ってある
場所に保管することになるためです。

しかし、別の住所に暮らす家族に車を譲る
場合には、車庫証明書が必要になります。

車の保管場所が確保できているかどうかを
証明する書類なので、取得する側(子供)
の名義で書類を用意します。

管轄の警察署にて、1ヶ月以内に交付を
受けた書類を使用します。

まとめ

同居の家族間での車の名義変更で用意する
書類をまとめてみると、

  • 自分で準備できる書類
    • 譲渡証明書
    • 委任状
    • 車検証
  • 市町村役場で取得するもの
    • 印鑑証明書 新旧所有者1通ずつ

そして、別居の場合には、一手間あります。

  • 管轄の警察署で車庫証明書を取得

未成年の場合には、

  • 同意書
  • 親権者の印鑑証明書
  • 未成年者の戸籍謄本

整理して考えると、揃える書類も意外に
簡単だったりしますよね。

これで、頭の中もスッキリ!
準備もスムーズにいきそうですね♪


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ