スポンサーリンク

誕生日プレゼント!妻にサプライズで贈るものベスト3!

早番の仕事を終えて友人たち3人と
ファミレスで少し遅めのランチ
食べていた時です。

272338

意を決したような感じで、1人の友が
ぽつりとつぶやきました。

先日、わたし、誕生日だったんだ

一瞬、言われた方はお互いに顔を見合わせると
我に返ったかのように、おめでとうの連呼

実際、この年で何がおめでたいのかわかりませんが、
今こうして健康でいることの幸せを祝います。

抹茶クリームあんみつはケーキセットへと
すべて変更になり、即席の誕生日会
同じ会場で開かれました。


スポンサーリンク


いくつになった、なんて野暮なことは
聞きません。

みんな同じようなもので1歳や2歳の違いは
お構いなし。

この際、自分の時はこんな風に
祝われることもなかった、
というのもなしです。

この世に生を受けて数十年

誕生日なんて自分以外、もう誰も
覚えてくれてなんかいない
のです。

それに(もちろん)他人の誕生日は
忘れちゃっている。

だから言ったもん勝ち
アピールした方がいいし、ずっとずっと嬉しい。

さてさて、ケーキがそろったところで
爆弾発言がありました

ここ何年かは、家族で食事会が続いていたのに
今年は違ったというのです

ご主人がなんとディナー込みで映画に
誘ってくれたそうで、これはもう20数年ぶりの
出来事だったとか

日曜日の朝、突然にチケットを渡され、
さらにはレストランも予約済みの、
まさにサプライズ

なるほど、いつになく輝いて見えたのは
このせいか。

みんなが集まったところで
自慢したくなるのも頷けます

記者会見の済んだ本人は満足顔で
もう羨望の集中砲火を浴びてもびくともしないくらい。

幸福に浸っている人は置いといて、近頃の
この手のびっくりに、他3人は話題を転換しました

覚えてくれていたという事実だけで嬉しいけれど、
相手の喜んだ表情を想像してサプライズを
狙うなんて本当に幸せ

空想の世界を飛び回っていると、
お店の副主任さんが登場

あ、いたいた、と言って近寄ってきました。

「やっぱりここだった。
 相談したいことあるんだけどね

とはじまったのは、なんと奥様への
誕生日プレゼントのこと

30代後半、結婚して10年、マンネリ化が進み、
この頃では会話も沈みがち

何かサプライズを計画して、奥さんとの仲を
活気あるものにしたい、との要望です。

なんだか今日はサプライズづいていて不思議。

頭の中のものを現実に引き出して、
とにかくワクワクするようなこと
絶対考え出してみせると約束しました。

文明の利器を利用して、若い人たちの傾向も
ばっちり調査

以下が、ベスト3です。

第3位 朝食+花束。

少し早起きをして、朝食の準備をするなんて
どうでしょう。

いつもとは違うちょっとだけ豪華な
チップトリーのワイルドブルーベリージャムジャムを
用意して。

きっと感激してくれるはず。
さらに花束を用意してください

332722

小さなかわいいものがいいですね。
きっと感激しちゃいますよ

第2位 エプロンとリップクリーム

まずは新しいエプロンをプレゼント

ジェシースティールの
ピンクマグノリアスホワイトといい、
取り外し可能のリボン付き

ポケットが、一つのどちらかというと
特別な時用のエプロンですが、

お誕生日には最適でテンションが
上がること請け合い。

そのポケットに、シャネルのリップクリーム
忍ばせましょう。

リップクリームなんて普段から使ってますが、
何といってもシャネルです

特別感が違います。

こういう細やかな気遣いが女性にはグッとくるのです

第1位 星を見に行きましょう

コンビニに行こうとか何でも構いません。
何とか誘い出して下さい

本当にコンビニに寄り、コーヒーを買っても
いいかもしれません。

星の綺麗に見える場所まで、ドライブに出かけてもいいし
なんなら近くの公園でも構いません。

とにかく日常から離れること。
二人でゆったりとした時間をすごすことです

そして最後にジュエリーのプレゼント
スワロフスキーの涙をデザインしたネックレス、
ストーンは水晶です。

きらきら光る夜の星とスワロフスキー。
きっと思い出にのこる、誕生日プレゼントに
なると思います。

ちょっと変わった物なら

奥様のお誕生日ですから
奥様に手をかけさせてはいけません

外食という選択肢もありますが、
お化粧をしたり服を選んだり。

これけっこう女性には負担で、
できれば、あまりしたくないという人、
多いです

ということで、夕食はデリバリーにしましょう。

予算やお好みに合わせて、本当に色々
選べる様になりましたからね。

サプライズで奥様を嬉しがらせて下さい。
今日はご飯の支度しなくていいよ、って言って。

お料理苦手係の女性にとってこれが一番うれしい。
もう肩の凝りも腰痛もストレスだって
吹き飛んじゃいます

ああ、ついでにお掃除もしてくれると
ありがたいですね。

さいごに

まだほんの幼いころ、渋谷のプラネタリウムへ行って以来、
星を見るのが好きになりました

ただ光り輝いていただけの星々に、たくさんの
話があることに
興味を覚えたのです。

残念ながら星座そのものへの関心は
それ以上深まることはなく、
天文学の知識はギリシア神話で止まっています

現実の星空よりもプラネタリウムのそれに
魅かれたのでしょう。

真昼間なのに夜空の星を見ているという隔絶した感じ
宇宙へと飛翔していくときの解放感が何ともいえません。

映画館から出てきた時のような感覚に似ていますが、
ストーリーを自分で描けるのでもっと自由です

結婚して何年目だったでしょうか、
配偶者がプラネタリウムに連れて行ってくれました

全く予定していなかったのでサプライズ

今日は誕生日でしょと言われ、
嬉しかった記憶があります

ふかふかのシートに、座るというより横になって
見る豪華さは、小さいときに体験したものより
ずっとレベルアップ

別世界へとタイムトラベルしているようで
始まる前からちょっと興奮です。

真っ暗になると
低く優しいアナウンスが星の世界に
ながれてきます

それに交じって時折子供の声が聞こえるのは
しかたのないこと。

しかし、よく聞いているとどこからか
規則正しい何かが

「真南に見えるのがオリオン座で
 ーーーーすぴー、すぴー

横を見ると配偶者がグーグー寝ているでは
ありませんか

最初は小さく気になるほどではありませんでしたが、
次第に大きくなって周囲にも聞こえるほどに。

「プロテオンとともに冬の大三角を形成し
 ーーーーうんごー

しまいには5メールくらい離れている子供集団にも
聞こえるようになり、ざわざわとなる始末

「この他にもたくさんの一等星が煌き
 ーーーーがうううう」

終わった時にもまだ高いびきで、
しばらくは起きてくれず

まさにこれが本当のサプライズ

帰りの電車の中、二人は他人同士になりました。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ