スポンサーリンク

表札やポスト、インターホンの位置はどこがいい?

いとこが引っ越すことになり、一軒家に住むことになった時の話です。新築で表札やポストの位置に悩んだと聞きました。

家も玄関にもこだわりたいといとこは言っていて、表札やポスト選びが大変です。

表札やポスト、インターホンの位置を決めるためにたくさんのメーカーのものをいとこと一緒に調べてみました。


スポンサーリンク


ポストはどこにつける?

建物にポストが付いていない場合ポストの位置が重要になると思います。ポストの位置は着工前に決めることをお勧めします。

道路際に設置する

道路際に設置すると防犯上のメリットがあります。その場所にあると敷地に入ってくる人は、宅急便か不審者ということになるでしょう。

新聞を取りに行くのが大変な人や雨の日や荷物が多い時には不便かもしれません。

そんな時は、玄関のドアをスマートキーにしたり、玄関ポーチに荷物置きの台などを置くと便利になります。

玄関の近くに設置する

壁に穴をあけるまでしないけれど近い場所にしたい、雨の日に郵便物が濡れないように庇の下にポストを設置するなら玄関の近くの方がいいと思います。

ポールやスタンドにボックスを組み込んだもので細長い形のポストはアメリカンスタイルと呼ばれます。

玄関に埋め込む

使い勝手を考えた時に一番楽な設置場所です。

少し前までは、家のどこかに隙間があり、ポストではなくなるということがあります。門柱や外壁などに埋め込むものや差込口の部分だけのものがあるのです。

横に埋め込むものの他に縦型のものやドアホンに表札、照明などと合わせることができます。

ポストの種類

ポストの種類は様々です。ナチュラルなものからモダン、カジュアル、クールなど自分のライフスタイルに合ったものから選ぶことをお勧めします。そしてデザインや機能もきちんと見たいですね。

壁付けタイプ埋め込みタイプがありそれぞれを紹介したいと思います。壁付けタイプは建物の壁や堀、門柱など外構に取り付けることができるのです。

専用のポールに付けたり、スリットフェンスの角柱に付けることもできます。埋め込みタイプは、後ろから取り出すことができ、門柱や堀に埋め込んでつけるのです。

表札の種類

最近よく見られているものは、表札やドアホンにポスト、照明などが一体化した昨日門柱を設置するものです。ポストと表札だけのものもあります。

表札の場所を決める時に郵便や宅配物のことを考えるとポストの近くにつけることをお勧めします。ポストの他に、ドアホンや表札灯と並べている人も多いです。

機能門柱にする場合は、四角柱や袖壁のように幅が広いタイプやポールタイプがあります。

シンプルなデザインがあり、2世帯用に表札やドアホンを2つずつ組み込むことができるものもあるのです。

デザインや書体にこだわる

表札を選ぶにあたって素材やデザイン、書体などにこだわりを持ちたいですよね。素材は、天然木や御影石や大理石などの天然石、金属やガラスなど加工することによって異なるデザインになりますよ。

他には、登記やタイルなど手作りの特注品もあり備前焼や美濃焼などの和風スタイルもおしゃれだと思います。書体もたくさん種類があり、イラストを入れることもできます。

デザインやレイアウトをシミュレーションできるサイトがあるのでデザインを作ってみるとイメージがつきやすいですね。

インターホンの位置

インターホンは道路際が押しやすいです。

訪問する人にとっては、道路の近くにあった方が呼びやすいと言われています。表札とインターホンが一緒になっているものがお勧めです。

また、この2つの他にポストも一緒になったタイプもあります。

まとめ

表札やポスト、インターホンを付ける位置やデザインを見てみるとたくさんの種類があって見ているだけで楽しくなったのです。

デザインをシミュレーションできるサイトもあるのでイメージがつきやすいですね。私は、表札とインターホンの一体型のデザインが好きです。

細くて縦長の方がすっきりしていると思います。シンプルなデザインの方がどんな家にでも合うと思うのでデザインは重要ですね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ