スポンサーリンク

行政代執行法とは?費用は誰が出すの?

最近、ニュースで廃墟であるとか
ゴミ屋敷の問題をよく見ます。

そして、それを行政代執行
処理するというニュースも。

204849

ここで、子供から
「ぎょうせいだいしっこうって、なに?」
との質問。

親として、しっかりと答えたい所なのですが
詳しくは分かりません。

なので、

分からない事は、調べてみよう!
 今回は、難しそうだから、
 一緒に調べようか?」

と、一緒に調べる様にしました

最近分からない事は、自分でも
調べ始めたのですが
難しい事は、まだまだ分からないです。


スポンサーリンク


そもそも行政代執行って?

そもそも、行政代執行と言う物は
どんな物なのか?

調べてみると、難しい事を書いていますが
分かり易く言うと、国とか県や市町村などの

地方自治体のいう事を聞かない時に
国や地方自治体が、強制的に行う事
という事のようです。

255866

「言う事を聞かない」と言うのは、
あくまでも、法律で定められた事
守らないといけない事で

守らないといけないのに、それを
行っていない時に、国や地方自治体からの
命令を聞かない事
となります。

つまり、ごみ屋敷を例にとると
ゴミが散乱して、周辺の住人に迷惑を
掛けているような場合ですね。

住民からの苦情などが多くて、しかも
その内容が、あまりにもひどい場合です。

この時に、ごみの撤去を行政から
命令を出されるのです。

ここまで調べて、その言葉の意味は
理解したようですが、新たなる疑問が・・・

「じゃぁ、やりたくない時には
 やらない方が、代わりにやってくれるから
 良いという事?」

という事で、行政代執行をされた時の事を
知らべて見る事としました。

行政代執行の費用は?

じゃぁ、命令があっても、したくないと
しなくても良いのか?

そんなわけはありません。

子供が分かる様に説明しました。
ただ、子供が理解しやすい様に・・・

なので、細かな法律の問題や、言い方は
厳密にいえば違うかもなのですが・・・

ごみ屋敷の場合で、次の様に話をしました。

例えば、
「ごみが散乱しているので、片付けなさい!」
と命令が有った場合

こつこつと自分で片づけて、迷惑が
掛からない程度にすると、自分だけで
出来るわけです。

それが、代わりにしてもらうと、どうなるか?
誰かが同じ事をする訳なので、
お金が掛かります。

そのお金は、さぼった人が、払う事になる。
そして、このお金を払わなかったら、
強制的に、取られてしまうんだよ。

これだけでも、そんでしょ?

しかも、人に頼むにしても、自分で
一生懸命探せば、もっと安くしてもらえる
人を探す事も出来るよね。

だから、命令が来た時には、自分で
何とかする方が良い
と思うよ。

ここまでで、なんとか、分かって
もらったようです。

ただ、新しい疑問もあるようです。

「じゃぁ、なんでもかんでも、迷惑だ!と
 市役所に言えば、解決できるの?」

どんな範囲?

ニュースで聞くのは、公園のテント等の
撤去や、ごみ屋敷の、ごみの撤去が
殆どですが、どんな範囲の事なのか?

何でも良いのか?
という事なのですが、当然、何でも良い訳
ではありません

日本は法治国家で、基本的人権もありますし
個人の財産の保護もちゃんとされます。

なので、法律で定められた範囲の事なのですが
子供には、ちょっと難しい

なので、こんな風に言いました。
あくまでも、子供に分かり易くという事なので・・・

「なんでも」という事ではないよ
皆が、すごく迷惑したり、困ったりする事だけ。

何でもかんでも、できちゃったら
T(子供の名前)が好きで買った物が、羨ましくて
誰か一人が、あれは迷惑だ!と言われて
取られたら嫌でしょ?

これで、一連の質問は無くなって
子供なりに分かったようです。

大人的には、法律の問題等が
大きく関わってくるので

更に詳しく知りたい場合には、
法律の専門家の方に、聞く方が
良いですね

さいごに

子供の質問には、出来るだけ答えてやりたい
思っていますが、難しい事も多いですね。

忙しい時に、難しい事を聞かれると
気持ちに余裕が無いので
雑になってしまいます

その後、絶対に後悔してしまうのですが・・・

ただ、すこしだけ、良い事もあります。
答えてくれない時があるので、
一緒に調べて居る時とかは

私の調べる方法を、じっと見て
その後、真似る様になりました

パソコンをよく使うのですが、
ローマ字変換等も、少しずつ分かって
きています。

その内、色々と情報を探す事が
出来るようになると思います。

そんな時に、正しい情報の集め方なども
是非、知っていてもらいたいですね。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ