スポンサーリンク

蜂の種類はどの位いる?やっぱり大きいのや黒いのは危険?

先日のこと。洗濯物を取り込もうと思って物干し台に近付いたときのことです。手にとった布団カバーに、何やら黒いものが……。

蜂!蜂です!ひ~!結構でっかい!黒い!刺すのかな?があるのかな?どうしよう~。

このときは幸いにして、こっちが恐怖で固まっている間に、ふっとどっか飛んでってくれました。よかった~ほっとした。

虫が苦手な人なら、あんな蜂、パニくってしまうはずです。怖かったです……。

でも、っていったら、ふつう、大きな巣を作って集団生活、ってイメージがありますが……。

一匹だけフラフラしてるってこと、あるんですかね?黒くて大きい蜂、といったら、どんな種類があるんでしょうか?

調べてみました!


スポンサーリンク


大きい黒い蜂はにはどんな種類がいる?

大きい黒い蜂その1 クロスズメバチ

黒い蜂、というと、まず浮かぶのがクロスズメバチ。身体の大きさは10㎜~15㎜くらい。

よく見ると、身体に白っぽい筋が入ってます。この蜂は地中に巣を作ることが多いです。

攻撃性は低く、毒もそれほど強くはありません。

大きい黒い蜂その2 クロアナバチ

次に浮かぶのが、クロアナバチ。体長25~30mmくらい。黒くて大型です。地面に穴を掘って巣を作ります。

羽根の生えた大きなアリみたいな感じで、集団ではなく単独生活をしていることが多い。毒はありますが、それほど強くなく、攻撃性も低いようです。

大きい黒い蜂その3 スズメバチ

スズバチも黒っぽい蜂。体長15㎜~30㎜くらいで、大型です。で巣を作ります。

家や物置の壁に泥が付いていて、ぽつっと穴が開いていたら、スズバチの巣かもしれません。よく見ると、黄色い模様があります。

攻撃的な蜂ではないので、滅多に刺すことはないそうですが、そのは強力です。

大きい黒い蜂その4 クマバチ

ブーンという大きな羽音が聞こえたら、それはクマバチかもしれません。(クマンバチではありません)

ずんぐりした体格で、身長30㎜くらい。大型です。身体は黒いですが、黄色っぽい毛がはえています。

この蜂にも、それほど強い毒はありませんし、攻撃性も低いです。ただ、針が太いので、刺されるととても痛い!

要注意です。

蜂に刺された危険?

黒っぽい蜂について見てみましたが、単独で行動する蜂もいるんですね。

地面や民家の壁などに巣を作る蜂なら、庭や室内に紛れこんできてもおかしくありません。

滅多に刺さないようですが……。

でも、針は持ってます。自分の身を守る本能はあるはず。蜂を刺激しないことが一番です。巣を見つけても、近づかないこと。

巣の撤去は、駆除の専門業者さんにお願いしましょう。クロアナバチスズバチかどうか、わかりませんよね。

蜂の種類を瞬時に見分けるのは、とても難しいんです。

もし万が一、黒い大きい蜂に刺されてしまったら?単独で行動してる黒い蜂なら
大丈夫♪なんて安易に考えないで、すぐに病院に行きましょう。

例え毒性は低くても、腫れたり、痛くなったりすることはあります。刺さったまま針が折れて、残ってしまうのもよくないようです。

何にしても、早い処置が大事です。

「蜂の種類はどの位いる?やっぱり大きいのや黒いのは危険?」まとめ

「ひや~!!蜂!蜂!」

ひと通り騒いでから、あっ、蜂を刺激しちゃいけないんだ、ということを思い出します。

蜂だってびっくりしますよね。

スズメバチのように、獰猛で攻撃的な蜂もいますが……。

家のまわりで見かける黒い蜂は、こちらから攻撃しなければ、刺される可能性は低いようです。

蜂を見つけたら、慌てず、なるべく動かず、パニックにならないこと。蜂を刺激しないように、ゆっくり、その場を離れましょう。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ