スポンサーリンク

自転車用のグローブには何が良い?今年はこれにしよう!

そろそろ、寒い冬がやってきます
冬になると、厚手の上着を着て
寒さ対策をします。

足元も、出来るだけ寒さが気にならない様に
厚手の靴下や、防寒用の靴を

用意するのですが、ついつい忘れがちなのが
手の防寒対策です。

168734

特に自転車に乗る時には、必需品なんですが
用意するのは、最後になってしまって居いました。

しかし!!!

今年は、早くから気が付いたので
遅くならないうちに用意します!

という事で、良く乗る自転車用のグローブ
どうすれば良いのかを考えてみました。


スポンサーリンク




必要な要件は?

ただ、漠然と商品を見つけても、後で辛い目を
見る事が多いです。

という事で、自転車のグローブに必要な
要件
を洗い出しました。

glove_solo

  • 暖かい事
  • 動きやすい事
  • 便利に使える事
  • 脱着でき易い事

基本的には、以上の要件で良いですね。
細かく言えば、個人的な好みとして

目立たない事、反射材などが付いている事
等が挙げられます。

それぞれの要件に関して、もう少し
詳しく見て行きましょう。

暖かい事

これは、基本中の基本ですね。
暖かくないと、付けて居る意味が無いに
等しいですね。

確かに、付けて居ると、転倒とかの時に
怪我を防ぐ効果は、ある様に思えますが
それでも、暖かくないといけないです!

そうなると、風を通さないのが一番ですね。
それから、指先の保温性!

出来れば、暖かくなる機能等が有れば
ゆう事ないです。

ということは、素材は分厚くなるのが
必然ですね。

動きやすい事

暖かいのが一番なのですが、グローブ
として使う訳ですので、動きやすくないと
ブレーキを握れません。

よってあまりに分厚い物だと
指の可動域が狭くなって、結局
事故に会ってしまう確率が上がってしまいます

これは、避けないといけないですね。
いくら快適であっても、安全も担保できていないと
グローブとして役に立ちません。

よって、素材は、出来るだけ薄い物が良い訳です。
一つ目の要件とは、両立するのが難しい。

便利に使える事

最近では、スマホなどを使う事が多いです。
その時に、グローブを外してしまっては
折角あったまっている指先が、寒くなってしまいます。

これでは、意味がありません。
出来れば、グローブをしたまま、スマホの
操作が出来るのが良いですね。

その他にも、タッチパネルが
多く使われていますので、出来れば
それらも、グローブをしたままで使いたい!

脱着でき易い事

これは、利便性の問題です。
脱着がしやすい方が、素早い行動が出来ます。

しかも、ストレスに感じる事も
なくなります。

要件に会う物は有るのか?

さて、自転車のグローブに必要な要件
以上の様な物だと、思いましたが
そんな物が有るのか?

暖かくて、薄くて、タッチパネルなども使えて
装着しやすい。

色々と探していたのですが、同僚から
こんなのを勧められました。

この同僚は、サイクリングが趣味
寒い冬にも、サイクリング用の自転車で
山とかに行ってます。

そんな同僚がいう事なので、間違いは
無いと思います。


彼自身は、外気温が氷点下にならなければ
大丈夫
とは言ってました。

と言う訳で、今年の冬用に、このグローブを
買う事としました。

最後に

単なるクロスバイク乗りなのですが・・・
クロスバイクとは、ロードバイクとマウンテンバイクの
中間
と言う感じです。

ロードバイクより、重い感じですが
通勤には、文句ない性能だと思います。

通勤片道30分。

結構な運動になって、良い感じです!
これで、寒さにも負けない装備
手にしましたので

今年の冬は、もう少し自転車に乗る様に
しようかとも考えています。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ