スポンサーリンク

習い事の先生が怖い!続けるべき?やめるべき?

私の子供は、幼稚園の年長です。
習い事で、スイミングに通っています。

最近、習い事を教えてくれる先生が、
女の先生から男の先生に替わって、
子供は「先生が怖い」と、言うようになりました。

前までは楽しく習い事に行っていたのに、
親としても、心配です。
何か、いい解決法はないのでしょうか?

878e4971b30ef87acdc6bfe2dcb1fac9_s-300x200

習い事の先生が怖い場合
習い事を続けるべきか?やめるべきか?

習字の先生をしている友人がいるので、
どうするべきか、相談してみました。


スポンサーリンク


習い事の先生が怖い

習い事の先生が怖いというのは、
子供にとっても、よくないことですよね。

続けるかやめるかの判断材料は、
先生の指導方法になります。

先生が熱心で、指導が厳しいのなら、
続けてもいいですし、感情的に怒る先生で
子供が怖がっているなら、やめさせるべきです。

習い事を続けるべきか、やめるべきか、
それぞれのメリットデメリットについて、
友人の話をもとに、まとめてみました。

習い事を続ける場合

習い事を続ける場合、
以下のようなメリットがあります。

  • 逆境を乗り越えて、子供が我慢強くなる
  • 好きな習い事を続けられる

その反面、以下のことが心配です。

  • 先生が怖いことがストレスになり、
    習い事を心から楽しめなくなる

習い事を続ける場合は、
先生をかえることはできないか、
相談してみても、いいかもしれません。

また、子供にとっては怖い先生でも、
厳しいだけで、指導に問題がない場合もあります。

子供のいう話だけを鵜呑みにせず、
一度習い事を見学するなど、
自分の目で確かめてみるのを、オススメします。

その上で、特に問題がないと判断した場合は、
「先生が怖いけれど、もう少し頑張ってみよう」と、
子供に話しても、いいかもしれません。

習い事をやめさせる場合

習い事をやめさせる場合、
以下のようなメリットがあります。

  • 子供が怖い先生から開放される
  • 心機一転、他の習い事を始めてもいい

その反面で、デメリットもあります。

  • 習い事で得た技術が、そこで終わってしまう
  • 「習い事が嫌ならやめればいい」
    という考えに子供がなるかもしれない

子供が「先生が怖い」と怯えていて、
先生の変更ができないようなら、
習い事をやめるのも、ひとつの方法です。

ただし、「嫌なことからは逃げればいい」
という考えを、子供が持つ可能性があるので、
そうではないことを、教えましょう。

やめる時は、
「そろそろ、スイミングやめて○○にしない?」
と、新しい習い事を勧めると、スムーズです。

d50c49b7909b0cdbffb589c36eef3d9a_s-247x300

まとめ

いかがでしたか。
習い事の先生が怖い場合の対処法について、
続けるべきかやめるべきか、ご紹介しました。

子供に「先生が怖い」と言われて、
実際に、レッスン中の様子を見てみましたが、
私は、特に先生が怖いとは、思いませんでした。

悩んだ末、私は、スイミングスクールの
受付に事情を話して、

他の曜日の振替を、
なるべく利用することにしました。

根本的な解決になっていないとは思いますが、
他の先生なら、子供が喜んで習い事に行くので、
相性もあるのかなと、考えています。

子供が習い事の先生が怖いといって、
習い事をどうするか悩んでいる人は、
ご紹介した内容を、参考にして下さいね!


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ