スポンサーリンク

義務教育なのに留年!デメリットは?

最近、
「脱ゆとりに転換する」という
ニュースをよく聞きます。

小・中学校での義務教育内容
「ゆとり教育」だった2002~2010年
失敗だったから止めるという見解だそう。

うちの子供たちが、まさに「ゆとり世代」

円周率3.14が当たり前だったのに、
3で計算するのが「ゆとり世代」。

幸か不幸か、我が家は転勤族で
子供たちの転校先で学習進度が速い学校があり、
仕方なくに行かせていました。

68fafbefaa0099d69e97f81bef44c670_s-300x200

中学なら高校受験もあることだし、塾通いは
当たり前になりつつあるのかなと思います。

だけど小学校から塾、義務教育期間中に塾
というのは抵抗がありました。

けれど、転校した学校の学習進度で、
全く勉強がわからなかったら子供がかわいそうだ。

そのため、我が家は小学校から
塾に行かせたのです。

2012年に元大阪市長の橋下徹氏が、
義務教育期間中の留年を提唱したことがあります。

橋下氏が小中学生の留年検討にいたったきっかけは、
教育評論家の尾木直樹氏が学力の底上げ策として、
小中学校での留年を提案したことです。

今でもビックリした記憶があります。

「脱ゆとり」も決定したようですし、
今回はそのことで考えてみたいと思います。


スポンサードリンク




義務教育とは

義務教育の定義は、
親が子供に「教育を受けさせる義務」であって、
子供たちは無償で9年間教育を受ける権利がある。

そういうことだと思います。

b0de527baa6ebc10de0c1d5a08ff3d18_s-300x225

しかし、橋下氏や尾木氏が提唱するように
ある程度のレベルに達しないと留年させる

そんなこと言ってたら、
ずっと留年し続ける子供が出てくると思います。

だって、の私でも、小学校算数の
図形問題とか解けませんからね!

解けていたら子供を塾通いなんかさせていません。

留年のデメリット

海外では、フランスやアメリカでは
小学校でも留年制度があるそうです。

しかし、それもきちんとしたサポート
海外にはあるからです。

ですが、日本では、小中学校の留年だと
大病以外では黄色い目で見られます。

日本では留年=「勉強できない」
そういう図式がどうしても強いと思います。

子供は残酷ですから、
集団で「バーカ」なんてすぐに言って、
それがいじめに繋がっていくと思います。

60ef86617f4037ed902f7216ecabb982_s-300x200

そのいじめが悪質化して、
いじめに遭った子は不登校、最悪では自殺する。
それも考えられないことではないと思うのです。

そして、それは子供たちの問題で終わらず、
親同士の付き合いにも及んでくると思います。

親子でいじめに遭う
哀しいかな、そういうことも
今の日本にはあるのが現状だと思うのです。

また他にもデメリットはあります

  1. 自分だけどうして進級できないのかと
    コンプレックスを抱くようになる
  2. 苦手意識を持っている教科だから
    余計にやる気を削いでしまう
  3. 将来、実社会に出た際に
    就職面接で留年したことがわかり、
    色々訊かれる可能性がある

ざっとこれだけ考えただけども、
デメリットが多いように思いませんか?

特化した教育

以前、映画監督の北野武氏が、
外科医でも縫合が下手くそな奴がいるから、
 そんな奴にさせないで、和裁の先生にさせればいい」

と笑って発言していたことがあります。

北野武氏は、子供にも得手不得手があるから
その分野で得意なことを受けられる教育」を
提唱していたのです。

469ad78187f1d71f0d5f1ab139e9893b_s-300x200

大学では文系・理系がありますよね。

うちの子供たちは、数学が苦手でしたので
今は文系の大学に進んでいます。

数学がない世界が楽しくて仕方ないらしいです。

それこそ小中学でも生活に必要な計算だけ
できれば、あとは嫌な算数・数学などしないで
得意科目を選択できればいいのではないか。

留年よりそっちのほうが楽しそうだし、
不得意教科に子供たちも悩まないで済む。

そして得意分野で手腕を発揮する
子供たちが出てくるのではないか。

私はそう考えてしまうのです。

まとめ

教育問題というのは、とても難しいですよね。
論じるのは、提議するのは簡単ですが。

どちらにしても、日本においての義務教育期間中の
留年はデメリットが多い気がします

いじめや偏見が強ければ、
まず学校に通えなくなる可能性が高すぎます。

これは日本の人々の意識に根付いている
感覚もあると思います。

それを覆すのはなかなか簡単ではない気がします。

この意識をひっくり返してくれるような
改革を行ってくれる人が出てきたらいいなと思います。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ