スポンサーリンク

結婚指輪どれを選ぶ?カルティエ ティファニー ブルガリを比較してみよう!

先日、1週間前に結納を終えたばかりの姪が訪ねてきました。結婚式場もきまり、気持ちはウキウキのはず、なんだけど今日はちょっと相談があるようです。

姪「今、結婚指輪のことで悩んでいるの。カルティエ、 ティファニー 、ブルガリのこの3つの中から選ぼうと思っているんだけど、どれが一番いいと思う?それぞれのお店を廻ったんだけど、決められなかった。」

私「うーん、困ったわね。確かにカルティエ、 ティファニー 、ブルガリは、それぞれ素晴らしいブランドだものねえ。」

姪「おばさん、以前にジュエリーショップにつとめていたから、結婚指輪に詳しいでしょ?良かったら教えて!」

姪に相談されて困ってしまいました。私がジュエリーショップに努めていたのはかなり前のことなのです。そこで、当時の同僚で現在はジュエリーショップの店長をしているA子に相談してみることにしました。


スポンサードリンク




カルティエ、 ティファニー 、ブルガリってどんなブランド?

久々にあった店長のA子は、職業柄宝石やブランドにとても詳しく、信頼がおける人です。私の相談にとても明るく答えてくれました。

世の中には色々なブランドがありますが、超一流ブランドのトップ5を世界5大ジュエラーと呼んでいます。世界5大ジュエラーは、ハリー・ウィンストン 、ティファニー 、ブルガリ 、カルティエ 、ヴァンクリーフ&アーペルの5つです。

中でもカルティエ、 ティファニー 、ブルガリは誰もが知っている超一流ブランドで、結婚指輪に選ぶ人もたくさんいます。デザインやダイヤモンドのなどがとても高く、セレブに愛用されています。それぞれのブランドの特徴を説明します。

カルティエ

カルティエはパリ生まれの高級ブランドです。エレガントなデザインは、指を美しくみせてくれます。シンプルな物から複雑なデザインのものまでデザインが豊富なのも人気の秘密です。

カルティエの指輪は、ブランド感を前面に出さずに、見る人が見ればわかる、品質の良さが特徴です。シンプルな指輪は男性にもつけやすいので、カップルで結婚指輪として長く愛用するのにはぴったりです。

カルティエの結婚指輪の予算は、ペアで平均50万円ぐらいとなっていて、他のブランドに比べてお値段が少々高めですが,結婚指輪は一生ものなので、選ぶならカルティエにしたいという人もたくさんいます。

ティファニー

ティファニーはアメリカ生まれのブランドで、シンプルで可愛い商品は若い女性に特に人気があります。少しの狂いもなく正確にカットされたダイヤモンドは「ティファニーカット」とよばれ、ダイヤモンドをより一層輝かせています。

ティファニーの名前が入った白いリボンがかかった青い包装箱は、ティファニーを購入した人のみが手に入れることができます。それは「ブルーボックス」と呼ばれています。

愛をこめて送る「ブルーボックス」は、プロポーズの象徴ともいわれ、世界中の花嫁のあこがれの的です。ティファニーの結婚指輪の予算は、ペアで平均40万円ぐらいです。

ブルガリ

ブルガリはイタリア生まれのブランドです。常に時代の最先端を行くブランドで、独特のフォルムや特徴的な色彩など、大胆で斬新なデザインが魅力です。ファッション性が高いブルガリのデザインに一目ぼれして、即決めた、という人もいます。

宝石の製作はすべてイタリアで行われ、優れたイタリア職人が全工程を手掛けています。どちからというと、オーソドックスなものより、存在感がある結婚指輪が欲しい人におすすめです。

エリザベス・テーラーをはじめ多くの有名人にも愛用されています。結婚指輪の予算としては少々高めで、ペアで50万~70万ぐらいが相場です。

結婚指輪の平均予算はどのくらい?

結婚指輪を購入するときに、一般的にどのくらいの金額のものを購入する人が多いのでしょうか?調査によると、ふたりで26万円ぐらいが平均的な予算です。

二人の年齢が上がるにつれて、指輪の代金も上がっていくのが一般的ですが、実際は20万円前後の商品を選ぶカップルが一番多くなっています。

金額の大小にかかわらず、2人で話し合って予算を決める、ということが、今後の結婚生活を送る上でもとても大事なことです。

まとめ

姪は結局ティファニーの結婚指輪を選びました。金額は二人で60万円程だそうで、予算通りのものが購入できたと言っていました。

指輪を見せてもらったら、正面にブリリアントカットとよばれるダイヤモンドが3つ光っている豪華なものでした。

このダイヤモンド3つというのがお気に入りで、ダンナ様と自分と、そしてこれから生まれてくるベビーを表しているそうです。結婚式はお腹のベビーと一緒に行うそうで、二重におめでたですね。若い二人の門出を心より祝福したいと思います。
祝福したいと思います。


スポンサーリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ